ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

ショッピング枠の支払方法は主に3種類あります。一括払い、分割払い、リボ払いの3種類で、分割やリボ払いを選択すると手数料や利息が発生するのが特徴になります。

しかし、一回の支払額を少なくできることから分割払いやリボ払いを選択する人は珍しくなく、上手に支払いをコントロールするポイントにもなっているのです。

ショッピング枠以外にもキャッシング枠を分割やリボ払いにしてお金を確保するなど、賢く利用する人もいます。支払い方法の特徴を知っておけば無理なく無駄なくお金を使うことができるのです。

キャンペーンなどを利用すると更に上手に利用できることもあるため、こまめにクレジットカードの公式情報をチェックするのもおすすめです。

ショッピング枠をうまく使うには支払い方法の違いを知ることが重要に

ショッピング枠をうまく使うには支払い方法の違いを知ることが重要にショッピング枠をうまく使うには支払い方法の違いをしっかりと知ることが大事になります。特徴がわからずに分割払いやリボ払いを選択し、手数料や利息で支払いに苦労する人もいるからです。

また、一括払いを選択した後に支払いに困ってしまい、改めてリボ払いへの変更を申し込む人もいます。リボ払いに対応していないカードは減ってきていますが、機能自体がなければ返済に困ることになりかねないことにも注意が必要です。

クレジットカードの特徴と支払い方法の組み合わせを考えることはカード利用の基本になってくるのです。クレジットカード会社も様々な工夫を行っているからこそ、その時々で使い分けることがお得につながります。

利子や手数料がかからないのが一括払いの特徴

クレジットカードのショッピング枠の支払い方法は、一括払いと分割払い、リボ払いの3種類になります。厳密にはこれにボーナス払いを含めた支払いが加わることもありますが、ボーナス払いは一括払いか分割を選択することになるのがポイントです。

クレジットカードで最も多用されるのは一括払いで、利子や手数料がつかないのが魅力です。決済のタイミングはクレジットカード会社によって違うものの、翌月か翌々月に一括で支払うスタイルになるのです。

カード利用のポイントなどがつくため、最もお得な使い方になっています。

分割払いは手数料がかかるのが特徴

分割払いは名前のとおり分割して支払いをする方式です。大きな金額の買い物は一括で支払うことが難しく、分割するのが一般的になります。回数を決めて頭割りにするため、支払額の予想がつけやすいのが魅力になります。

どの程度まで分割できるかはカード会社と利用するカードによって異なりますが、支払い回数を増やすほど手数料がかかるようになってきます。

手数料を減らしたいのであればなるべく支払い回数を減らすのがおすすめになります。

リボ払いは月ごとに利息が発生するのが特徴

クレジットカードショッピング枠の中でも比較的新しい支払い方法となっているのがリボ払いです。

リボルビング払いの略称で、お金がある時に前倒しで支払うことができるのが特徴になります。支払いを早めれば分割手数料よりも利息が安くなるケースなどもあるのです。

ただし、リボルビング払いにすると年間の金利を月で割った金額が利息が請求されます。

支払いが長引くとそれだけ利息の請求が多くなるため、返済が長引くほど支払額も膨らむ傾向があります。気付かないうちに借金が膨らむこともあるため注意が必要になってきます。

クレジットカードの種類で支払い方法が異なってくる

クレジットカードの種類で支払い方法が異なってくるクレジットカードは種類によって対応する支払い方法が異なってきます。

一括払いがクレジットカード支払いの基本になりますが、自動的にリボ払いになるカードや、自分で自動的にリボ払いにするカードに切り替えることもできるからです。

リボ払い専用のカードは一般的なクレジットカードよりも金利が優遇されていることや、各種キャンペーンなどのポイントが多く貰える傾向があります。ただし、支払額も増える傾向があるため、どのように使うかはしっかりと考えておく必要があります。

クレジットカード会社としてはリボ払いの方法が利息が稼げるケースが多いため、手厚いボーナスを要しいている場合が多いからです。

カードで支払い方法が制限されるケースも誕生している

クレジットカードの中にはリボ払い専用のカードも存在します。

支払いが自動的にリボ払いになるため、月々の返済額を調整しやすいのが魅力です。しかし、一括払い自体ができないため必ず利息が発生するのもポイントで、出費がかさむ原因にもなります。

一括払いを選択しても自動的にリボ払いにされてしまうケースや、リボ払いの支払いを選択しようとするとエラーで決済ができない場合もあります。

カードの特性を知らないとトラブルになりかねないため、事前に支払い方法を確認するのは基本になりつつあるのです。

自分で指定した買い物だけをリボ払いにできるカードも存在するため、比較したいポイントになってきます。

カードの設定で自動リボ払いにできるカードも増えている

クレジットカードの設定を変更することで、支払いを自動リボ払いにできるカードも増えています。クレジットカードのマイページから自動リボ払いに設定を変更するか、電話の問い合わせなどで手続きをすれば買い物ごとにリボ払いを指定する手間が省けるのです。

自動リボ払いの設定や継続でポイントが貰えるキャンペーンを開催するクレジットカード会社も多くなっています。短期の返済が難しい場合はキャンペーンに応募してポイントだけを貰うといった方法も可能なのです。

複数のカードを持っている場合は自動リボのカードを普段使わないようにして、ポイントだけを貰う方法もあります。

リボ払いは返済方法が把握しづらいカードも存在する

リボ払いは返済方法が把握しづらいカードも存在するリボ払いのネックの一つになっているのが、カード会社によって返済方法も異なるケースがある点です。

自分の都合のいいタイミングで前倒しで支払えるカードがある一方で、クレジットカードショッピング枠の残高に応じて、毎月決められた支払額を返済しなければならないケースもあるからです。

月々の返済額が少なければ返済期間も長引き、利息が膨らむ原因になります。

自分で支払額を調整できるかは非常に重要で、金利以外にも良くチェックしたいポイントになっているのです。

最低支払額が数千円程度で、10万円の利用でも返済に数年単位でかかるものも存在します。金利が安すぎるクレジットカードを警戒するのも一つの方法です。

支払い方法の変更が難しいほど金利も安くなる傾向がある?

クレジットカードのショッピング枠支払いは、カード会社に利益が出るから行われているのがポイントです。単純に金利を安くして収益が上がりにくくなることが多く、顧客獲得の割に合わないケースもでてきます。

そのため、支払い方法を絞り込むことで利益を出すビジネスモデルも誕生しているのです。リボ払いは返済が長引くため利益をあげやすいのが特徴で、クレジットカード会社が好んで取り入れる方法の一つになっています。

表面上の金利が格安のクレジットカードは、リボ払いや年会費などの別の要素で収益を増やすことが多くなっています。

支払い方法が制限されるほどカード会社や収益の予測がたてやすいため、低すぎる金利のカードはリボ払いがセットになっていないかチェックした方が良いのです。

ショッピング枠 現金化 ランキング

関連記事

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

仮想通貨を通してショッピング枠を現金化することは可能か?方法について

仮想通貨を通してショッピング枠を現金化することは可能か?方法について

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

ショッピング枠現金化をすると債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)ができない?

ショッピング枠現金化をすると債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)ができない?

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点