ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化サービスは、まとまった現金を入手する方法としてはとても手軽に感じる方も少なくないと思いますが、現金化の業務自体に違法性があるのではないかと不安に思っている方も多いと思います。

現に、違法行為と断定されて摘発された現金化業者もありますし、換金率を急遽変更してくるような悪徳業者も存在している事例があります。

ショッピング枠の現金化業者が100%クリーンな業者とは言い切れない部分もありますし、場合によってはお手持ちのクレジットカードが使えなくなってしまうケースなど、利用者に不利益となってしまう場合もあります。

そこで、この記事ではショッピング枠の現金化が違法ではない理由を中心に、ショッピング枠の現金化で用いられる方式や違法性があると思われる部分などの情報を紹介していきます。

違法性のないショッピング枠の現金化の方式

違法性のないショッピング枠の現金化の方式クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化サービスは、業者によって現金化を行う方式が異なっており、多くのショッピング枠の現金化業者は違法性がない取引の方式を採用しています。

また、現金化を申し込む利用者側もショッピング枠の現金化業者ではどのような方法で現金化が行われているのかを知っておくことが望ましいです。

後々で余計なトラブルを避けるためや、利用者自身が損をしないようにするためにも必要な情報だと思います。

それを踏まえまして、ここではクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化業者の多くに該当していて、現金化の方法として採用している方式を紹介し、法律的な違法性に問題がない現金化なのかを紹介していきます。

キャッシュバック方式

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化業者は、現金化業者が用意している商品をクレジットカードで購入し、購入者に対してキャッシュバックする形で申し込み時に登録した銀行口座に現金が振り込まれるキャッシュバック方式が採用されている現金化業者が多くあります。

このキャッシュバック方式は、現金化業者に商品代金を支払って商品を購入するという売買契約を前提としたシステムとなっていて、購入した商品に対してキャッシュバックされて現金が手元に入ります。

このキャッシュバック方式は、大手の携帯ショップでも行われているような手法となっていますので、この方式自体に違法は無いと言えます。

ただし、稀に商品を配送してこない業者もありますので、こういった場合は売買契約の締結が不十分な状態になってしまうために法律違反に引っかかる可能性がありますので注意が必要です。

三店方式

ショッピング枠現金化サービスを提供している業者の中には、業者指定の商品を利用者が購入し、その商品を現金化業者が買い取る形で現金が振り込まれるシステムを採用している業者もあります。

この方式は、三店方式といってパチンコ店などと同じようなシステムとなっていて、商品を購入する業者と購入した商品を買い取る業者は別の会社となっているのが一般的です。

この方式自体は違法性が無い方法となっているのですが、現金化サービスを提供している業者が三店方式のルールをきちんと守っているのかはしっかり確認してみないと分かりませんので注意が必要です。

方式によって違法かどうかに関わってくる可能性はあります。現金化業者の方式については下記のページで細かくまとめていますので、是非ご覧ください。

現金化業者の現金化方式>>

ショッピング枠の現金化業者の特徴

ショッピング枠の現金化業者の特徴クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化業者を利用した場合、違法性がないことを確認するためにはショッピング枠の現金化業者の特徴を理解しておく必要があると思います。

さらに、ショッピング枠の現金化を実際に利用することになった場合、違法性の有無だけではなく、ショッピング枠の現金化業者の特徴や仕組みに関しての知識を事前に把握し、現金化業者に対する知識を高めた状態で現金化サービスを利用するのが望ましいと思います。

また、特徴を理解することで違法性がある取引がどのようなことなのかも理解することができる場合がありますので、ここではクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化業者の特徴や仕組みについて紹介していきます。

商品を取り扱っている

ショッピング枠の現金化業者は、貸金業者が現金を商品にしている業務形態となっているのとは違い、物品などの商品を取り扱っている業者となってきますので、現金化業者と利用者は売買契約を結ぶことになります。

そのような特徴となっていますので、ここでの契約自体には違法とは言えない取引となっています。

また、現金を受け取る取引の場合では、購入した品物を第三者の業者に買取してもらうことで現金を受け取ることになりますので、法律的には問題ない取引となっています。

換金率や手数料

現金化サービスを提供している業者では、一般的に独自の換金率を定めて現金化サービスを提供しています。

この換金率が現金化サービスの大きな特徴となっていて、クレジットカードのショッピング枠を利用した額の約90%前後の換金率が平均的な数値となって、この差額が現金化業者の利益となっています。

また、買取方式を採用している現金化業者の場合は、購入した商品を郵送する必要がありますので、郵送するための手数料が別途で掛かってしまいます。

ショッピング枠の現金化の違法性

ショッピング枠の現金化の違法性クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、実際に運営していても摘発されない業者も存在してしるので、違法性が認めなれないということの証明だとは思うのですが、一般的に現金化業者に対する世間のイメージはグレーゾーンという印象が強く残っていると思います。

そういったイメージを持たれる理由は、クレジットカードを利用した現金化サービスという点が関係していて、現金化業者は摘発されなくても利用者が不利益を被ってしまう可能性があります。

これを踏まえまして、ここではクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化の違法性の有無に関する情報や、利用者自身が不利益を被ってしまう可能性がある事柄についてお伝えしていきます。

違法ではなく規約違反

ショッピング枠の現金化を利用した場合、法律的には違法ではない方式を採用している業者を利用すれば最小限の危険性で済むと思うのですが、現金化をするために用いるクレジットカードのカード会社との間で違反行為とみなされる場合があります。

ほとんどのカード会社は、金券などを転売目的でショッピング枠を使って購入することは禁止されていて、現金化サービスも転売目的と同じ扱いになってしまいますので、現金化サービスの利用が発覚してしまうとクレジットカードの利用を停止されてしまう可能性があります。

業務形態

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、貸金業者ではなく、あくまでも商品を対価として提供している販売業者となっていますので、貸金業法で規制することはできません。

それでは、現金化業者はどの業種に属しているかというと、現金化業者の多くは古物商の認可を取得して営業しています。

また、現金化業者がカード会社の加盟店になっている場合もあります。

従って、違法性がない取引方法で現金化サービスを提供していれば、法的な違反行為とみなされる可能性も少なくなっていますし、ほとんどの現金化業者は摘発されないために法的なルールに関しては慎重な姿勢を示していると思います。

ショッピング枠 現金化 ランキング

関連記事

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

仮想通貨を通してショッピング枠を現金化することは可能か?方法について

仮想通貨を通してショッピング枠を現金化することは可能か?方法について

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

安全な現金化業者と悪質現金化業者の見分け方

安全な現金化業者と悪質現金化業者の見分け方

ショッピング枠現金化の利便性と危険性

ショッピング枠現金化の利便性と危険性

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法