【マスターカードを使って現金化したい方】利用規約上ではNGなので気をつけよう

マスターカードの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

マスターカードは世界を代表するクレジットカードブランドの一つです。

基本的に自社でのカード発行を行わずに他の企業と提携してクレジットカードサービスを提供しているのが特徴で、VISAなどのほかの国際カードブランドと選択できる場合もあります。

様々な付帯サービスがつくのも特徴ですが、それ以上に提携企業のオリジナリティの方が強くなるためマスターカードならではの特徴は少なくなります。


しかし、マスターカードブランドを選択できる企業は多くその分種類も多くなるのです。

マスターカードを選択する場合はほぼ日本全国のクレジットカード対応のお店で利用できるため、日ごろ不便を感じることは少ないはずです。

現金化に関しても他のクレジットカードブランドと変わらず利用できますが、発行する企業によって審査基準なども変わってくることに注意が必要になります。

マスターカードは主に提携してブランドを展開している

マスターカードは主に提携してブランドを展開しているマスターカードは主に企業との提携でブランドを展開していて、自社カードの発行を行っていないのが特徴です。

カードを発行する場合は提携各社に問い合わせて発行や利用を開始するのが特徴で、マスターカードという企業と接する機会は少ないのです。

国際的なシェアが高いことからアメックスやVISAと並ぶ国際クレジットカードブランドの一つになっていて、日本だけでなく海外でも使いやすいのが特徴です。


使い勝手が良いからこそ国内企業をはじめ様々な企業が提携してクレジットカードを発行しているのです。

マスターカードが提供するサービスも存在しますが、基本的に提携企業の特徴とセットになるためカードごとの付帯サービスや会費は大きく異なってきます。

自分の収入に合わせたマスターカードが欲しい場合はまずはブランド検索で提携企業から探していく必要があるのです。

自社カードがないため提携先企業の特徴が出やすくなる

マスターカードは自社でカードを発行しておらず、提携を通してサービスを提供するカード会社になっています。

提携企業は自社独自の付帯サービスを開発した上でマスターカードを契約の選択肢に加えるのが一般的で、マスターカードの提供自体がない企業も存在します。

ポイント還元率なども提携先企業に依存することになり、同じマスターカードブランドでも人によってメリットとデメリットが大きく変わることになるのです。

年会費などの条件も提携先企業の基準が優先されるため、契約各社によって利益を出すモデル自体が異なることになります。

マスターカードブランドにこだわる場合は公式サイトからカードのランクに合わせた提携先企業と発行カード名をチェックするのがおすすめです。

発行の基準も提携企業に依存するため条件のチェックが難しい

マスターカードは国際ブランドの一つですが、自分のステータスに合わせたカードと音草のバランスをとるのは若干難しい傾向があります。

自社ブランドの独自カードがないため提携企業ごとに打ち出す魅力が異なり、自分に最適なカードを見つけることが難しい面があるからです。

むしろ収入や年齢などの条件から限度額やポイント還元率などのバランスを考え、選択ができるのであればマスターカードを選択するという人が多いのです。

海外の場合は国によってクレジットカードブランドの普及率が変わるものの、日本の場合はマスターカードを含む三大国際ブランドとJCBを加えたブランドが主流で不便と感じることが少ないのもポイントになります。

基本的な種類も多いのが特徴になっている

基本的な種類も多いのが特徴になっているマスターカードの種類は提携先企業の分だけ増えることになりますが、ベースになる種類はある程度決まっています。

主な種類はスタンダード、ゴールド、プラチナ、チタン、ワールド、ワールドエリートになります。

スタンダードは楽天カードなどの有名ブランドカードが含まれていて、年会費が無料のものも珍しくないのが特徴です。

ゴールド、プラチナになると年会費が有料になるほか限度額が上がる、海外旅行時の保険が充実するなど特典が増えます。


チタンはプラチナなどよりもさらにうえのランクになってきます。

ワールド、ワールドエリートはいわゆるブラックカードも含む範囲になり、年収などのステータスが非常に重要になるのが特徴です。

年会費を支払えば入れるわけではなく、招待状を受け取らなければ発行自体ができないなど限られた人のためのカードになっているのです。

一般的に入手可能なのはプラチナカードまで

マスターカードで一般的に入手が可能なのはプラチナカードまでになります。これは有料会員になれば余り年収などが高くなくても発行できるカードがあるからです。

提携先企業によってはかなり審査が厳しくなることがありますが、比較的簡単に発行できるものがあるのもポイントになってきます。

チタン以上になると年収が厳しく問われることが多く、それだけステータス性も高いカードになっていくのです。

上位のカードになっていくと招待制になってしまう

ステータス性が非常に高いマスターカードは、自分から申し込んで発行できないものがあります。

これは年収や年間利用額などの一定条件を満たした場合にのみ招待を受けられるカードがあるためで、クレジットカードの使用履歴なども厳しくチェックされるためです。

収入が多いだけでなくカードの支払額が多いかどうかが問われるため、VIPしかもつことができないステータス性の高さも魅力になっているのです。

現金化は可能だがどのように現金化するかは考える必要がある

現金化は可能だがどのように現金化するかは考える必要があるマスターカードを使った現金化は可能ですが、どのように現金化をするかは良く考える必要があります。

これは現金化目的でショッピング枠を利用すると、ショッピング利用の目的から外れてしまうためです。

誤って購入したものを買い取ってもらった場合など不可抗力の場合は現金化がOKでも、最初から現金化目的で商品を購入して売却することはNGになっています。


規約違反になるとクレジットカードの利用停止や強制解約などの恐れ出てきます。

また、ショッピング枠を利用するためいずれは返さなければならないものであるのもポイントです。

利用を続けることで自分を追い詰めることもありえるため、あくまで一時的な手段として考えることが大切です。

現金化目的の利用は利用規約上NG

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、それぞれ金利が異なっています。

金利が異なるのはそれぞれの利便性が異なることと、貸付を行った場合のリスクが異なっているためです。

キャッシング枠はショッピング枠よりも金利が高いのが一般的なのは、それだけ現金が便利なためです。

ショッピング枠で商品を購入して売却すれば現金化は可能ですが、どうしても目減りするため割に合わないケースも出てきます。

貸付を行うカード会社側としては貸した以上にお金が消費され、返済が滞る確立が高まるのがポイントです。そのため、現金化目的の利用は利用規約で禁止されているのです。

クレジットカードの利用履歴は意外にカード会社に見られています。現金化でカード停止する可能性については下記で詳しく解説しています。

クレジットカード現金化でカード停止の可能性>>

不可抗力が発生することはある

クレジットカードの現金化は禁止されていても、買い物と買った物の売却自体は禁止あれていないのはポイントです。

買い物目的で購入したものが不要になるケースは存在し、売却自体を禁止すればどこからがOKでどこまでがNGなのかという線引きが難しくなります。

実際に利用規約に触れる現金化目的の買い物かカード会社が把握することは難しく、様々なクレジットカード現金化業者が存在する理由にもなっているのです。

ただし、繰り返し現金化を行うと換金率が高い商品が不自然に購入されて目立つ可能性が高くなります。

カード会社に疑われる可能性が高くなるため、可能な限り使わないのが一番なのです。

以上、『【マスターカードを使って現金化したい方】利用規約上ではNGなので気をつけよう』というお話でした。

現金化業者って結局どこが良いの?

現金化業者_調査済み画像当サイトでは、クレジットカード現金化業者を徹底調査しています。

現金化業者の数は100社以上存在しており、その中で現在も運営しているであろう業者をまずは55社厳選しました。

更にその中から、実際の換金率・振込スピード・特典(キャンペーン)・リアルな口コミなどを参考にランキングを作成しました。

業者選びでお悩みの方は是非ご覧ください。

現金化業者ランキング

関連記事

アメックスエキスプレスの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

国際色が強いアメリカン・エキスプレスでも現金化できる?対応している業者選びが大切

総量規制とは?クレジットカードを使うなら覚えておくべき!

総量規制とは?クレジットカードのショッピング枠は含まれない!現金化はどうなるの?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法を5つ教えます!注意点も知っておこう

楽天カードの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

楽天カードの特徴(種類・作り方・料金など)|誰もが知ってる楽天カードで現金化は可...

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選!それぞれのメリッ...

dカードの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

dカードで現金化をするならdカードプリペイドを作ろう!作り方やその方法も教えます

オリコカード-ザ-ポイントの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

オリコカード ザ ポイントの素敵な魅力5つ!現金化をする様々な方法がこちら