仮想通貨を通してショッピング枠を現金化することは可能か?方法について

仮想通貨を通してショッピング枠を現金化することは可能か?方法について

仮想通貨を使ってショッピング枠を現金化することは可能でした。過去形なのは日本国内で仮想通貨のクレジットカード決済ができなくなってしまい、購入自体が難しくなってしまったからです。

ただし、クレジットカード決済が可能な海外取引所は存在するため、海外の取引所で仮想通貨を購入して売却し、現金化することは可能です。

海外の取引所は日本語のサポート自体を行っていないのが一般的なため、どのように手続きをすればいいのかは自分で調べる必要があります。

海外の取引所を利用するとどうしても手数料がかさんでしまうのもポイントで、手順を知っていなければ余計に出費がかさんでしまうこともあります。

どのように現金化すればいいのか下調べをすることが大切になるのです。

かつては日本の仮想通貨取引所でもクレジットカード決済が可能だった

かつては日本の仮想通貨取引所でもクレジットカード決済が可能だった仮想通貨を通じてクレジットカードを現金化するためには、ショッピング枠を利用して仮想通貨を購入する必要があります。仮想通貨はクレジットカードで購入が可能な時期がありましたが、取引所がクレジットカード取引を停止するようになってしまいました。

クレジットカードで仮想通貨の購入ができなくなったのは、大量の仮想通貨の流出事件があり、取引所の運営方法などについて金融庁から指導が入ったからです。

違法な取引などに使われる可能性もあることからクレジットカードの利用自体が危険とみなされ、自主的な規制が進んだのです。

また、クレジットカードで仮想通貨を購入した場合は1週間売却できないなど制限も多く、使い勝手が悪かったのもポイントになります。

日本国内の取引所でクレジットカード決済はできなくなっている

日本国内の仮想通貨取引所でクレジットカードによる決済はできなくなっていて、ショッピング枠の現金化も使えないことになります。

ただし、クレジットカードの決済ができなくなったのは2018年初頭のことなので、少し古い時期の情報をたどるとクレジットカードによる現金化法が書かれています。

仮想通貨業界の流れは早いため、常に最新の情報を確認しないと実際に決済をしようとしても使えないという事態に陥りかねないのです。仮想通貨取引所は口座開設までに時間がかかることが多いので、より注意が必要です。

仮想通貨は仮想通貨で購入するかお金で購入する必要がある

国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する場合は、お金か仮想通貨を用意する必要があります。

仮想通貨取引所の口座にお金や仮想通貨を入金し、入金したお金や仮想通貨で取引を行う形式なのです。

銀行口座から入金をしても、即座に入金が反映されないケースがあるため注意が必要です。一部ネットバンクなどからクィック入金が可能な他、コンビニなどから入金できるケースもありますが、振り込み手数料の負担がかかる場合もあります。

例外的な方法もあるが効率がとても悪い

例外的にクレジットカードのショッピング枠を仮想通貨に変え、現金化することも可能です。ただし、現金化の効率は非常に悪く、時間もかかることに注意が必要です。

一部仮想通貨取引所では仮想通貨取引所が開いているショッピングモールなどが存在します。

ショッピングモールや各種サービスを利用すると、利用内容に応じて仮想通貨がキャッシュバックされることがあるため、クレジットカードを使った間接的な現金化が可能になります。

どの程度の仮想通貨が貰えるかは利用できるサービスによって異なります。また、仮想通貨の支払いまでに時間がかかるものも多いため内容をしっかりと確認した上で利用する必要があるのです。

海外取引所で仮想通貨をクレジットカード決済すれば現金化も可能

海外取引所で仮想通貨をクレジットカード決済すれば現金化も可能クレジットカードのショッピング枠を国内の取引所を通じ手現金化することは不可能です。

しかし、海外の仮想通貨取引所の中にはクレジットカード決済ができる取引所も存在し、現金化することも可能になっているのです。

注意したいのはクレジットカードで購入した仮想通貨を一度日本の取引所に移して売却するなどの手順が必要になります。海外の取引所は日本円の取引に対応していないため、現金化のために日本の取引所を利用する必要があるのです。

決済は海外通貨を基準に行われるため、余分に手数料がかかることにも注意が必要です。海外取引所から入出金をする場合は手数料もかかってしまいます。

相対的に割高になってしまうことも多いため、ある程度の目減りを覚悟する必要があります。

規制のゆるい海外取引所ならクレジットカード決済が可能

海外の取引所は日本とは規制の基準が異なり、クレジットカード決済が可能なケースも存在します。海外取引所でクレジットカード決済を行い、仮想通貨を購入すれば売却して日本円に替えることができます。

国内取引所で決済ができないからこそ、国外取引所を経由して現金化する人が誕生しているのです。

ただし、全ての海外仮想通貨取引所がクレジットカード決済に対応しているわけではないため、どこでどのような仮想通貨が購入できるかは確認しておく必要があります。

海外取引所は日本語のサポートを行っていない

海外の仮想通貨取引所の中には日本に支店があり、日本語のサポートを行っているケースも存在しました。しかし、規制が厳しくなってしまったことからほとんどの海外取引所は日本市場から撤退してしまい、日本語のサポートが受けられなくなっています。

海外取引所経由でクレジットカードの現金化を目指す場合は日本語のサポート無しで各種契約などの手続きをしなければならないのです。

ある程度の勉強は必須になります。

海外取引所経由の現金化は割高になりやすい

海外取引所経由の現金化で最も気をつけなければならないのが、手数料の負担です。海外取引所の利用は現地通貨などで決済する必要があるため、一般的なクレジットカードを利用すると手数料が加算されます。

海外旅行でクレジットカード決済を行うのと同様に、数%の手数料が加算されてしまうのです。また、仮想通貨は日本の仮想通貨取引所に移し変えなければなりませんが、入出金にも手数料がかかります。

仮想通貨の売買自体に手数料がかかる取引所も多く、かなり目減りしてしまうことも珍しくないのです。

購入から売却までの期間があいてしまえば仮想通貨自体の価値が急変するケースもありえます。

海外取引所で仮想通貨を購入する際のリスクとは

海外取引所で仮想通貨を購入する際のリスクとは海外取引所で仮想通貨をクレジットカードで購入することは可能ですが、海外でくれじっとカードを決済したという情報はクレジットカード会社にも届きます。

注意したいのは不信なクレジットカードの利用があった場合は、クレジットカード会社の判断でカードの決済ができなくなるケースがあるということです。

急な出費にあわせて急いで現金化しようとすると、トラブルに巻き込まれてうまく手続きが進まない場合もあるのです。

確実にお金が必要な場合は注意が必要

クレジットカードの決済情報はクレジットカード会社に伝わるため、日本国外で、しかも大きな金額の決済があるとカード会社が不審に思って止めるケースが多くなります。

海外取引所は様々ありますが、手数料などの安さを目当てに途上国の取引所を利用するなど、余り利用されることがない国で決済をするほどリスクが高くなります。

確認してから決済が行われるケースもあるため、期日までに確実に現金化したい場合は避けた方が良いのです。

ショッピング枠 現金化 ランキング

関連記事

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

ショッピング枠現金化をすると債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)ができない?

ショッピング枠現金化をすると債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)ができない?

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

ショッピング枠現金化の利便性と危険性

ショッピング枠現金化の利便性と危険性