現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

現金化業者の現金化をする方式(買取方式・キャッシュバック方式)の解説

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する際には、安全性重視のために現金化業者を利用する方法が一般的です。

現金化業者がショッピング枠を現金化する際には、買取方式とキャッシュバック方式という2種類の方式が使われていますが、それぞれの特徴を理解しておく必要があります。

なぜなら、クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約に反するので発覚するとクレジットカード利用停止と強制解約が避けられないからです。

効率よく安全に現金化を行うために現金化業者を利用するなら、少なくとも現金化業者の特徴と信頼性を確認してから利用することが望ましいでしょう。

買取方式は店舗型や新規店に多く、老舗の現金化業者ほどキャッシュバック方式への移行が進んでいます。

買取方式の現金化業者は古物商営業許可番号を掲示している

買取方式の現金化業者は古物商営業許可番号を掲示している買取方式を採用している現金化業者は、店舗型に多くネット経由の無店舗型にも新規店を中心に多く存在します。多くの利用者から支持されている最大の理由は、取引の方法がシンプルで誰にでも理解しやすいからです。

買取方式と呼ばれる理由は、現金化業者が利用者に商品を販売してクレジットカード決済を行い、その場ですぐに中古品として商品を買取する所にあります。

特に商品を持ち帰る必要が無く、クレジットカード決済を行うだけですぐに現金化してもらえる点が分かりやすいです。

中古品の買取業務を行うことになるので、現金化業者は古物商営業許可番号をネット店舗であっても掲示しています。特定商取引に関する法律に基づく表記を見て確認しましょう。

現金化業者が販売者と買取者を兼任している

買取方式による現金化は、現金化業者が登場し始めた頃から既に行われていました。

金額に応じた商品を現金化業者が利用者に提示して、納得出来たらクレジットカード決済を行いすぐにその場で現金化業者に中古品として買取してもらいます。

消費税・カード決済手数料・現金化業者の利益とコストを差し引いた金額が現金として手渡しまたは振込される金額です。現金化業者が販売店と買取店を兼任している点に最大の特徴があります。

このため、時間が掛かっても問題なければ一度商品を自宅へ宅配するというやり取りを法人利用者の中には行うケースも少なくありません。

所有権移転問題だけは要注意

現金化業者が買取方式を採用している際には、クレジットカード決済の支払い方法が一括払いに固定されます。

後から締め日前にカード会社へ電話連絡してクレジットカードに設定されている分割払いやリボ払いへの変更を行うことは出来ますが、最初から分割払いやリボ払いを行えません。

なぜなら、クレジットカード決済を行った時点ではカード会社が代金立て替え払いをしているので商品の所有権がカード会社にあるからです。

現金化業者としてはすぐに完済出来る前提で商品買取を行うので、分割払いやリボ払い前提での買取方式による受付は出来ません。一括払いで払える金額迄にしてくださいという建前で営業しているわけです。

キャッシュバック方式なら売買契約の特典を先に受け取れる

キャッシュバック方式なら売買契約の特典を先に受け取れる営業期間が3年以上の現金化業者は、入れ替わりが激しい業界だけに老舗の部類に入ります。かつては買取方式にて営業していた現金化業者も、営業期間が長くなるほどキャッシュバック方式への移行が進んでいる状況です。

なぜなら、買取方式に存在する所有権移転問題を回避するためにキャッシュバック方式が考案されているからです。

キャッシュバック方式ならば、商品購入特典として現金キャッシュバックを行うわけですから、あくまでも商品売買契約が有効に成立していて引き渡しも完了していれば問題なく行えます。

しかも、誰でももれなくキャッシュバックするという条件ならば、景品表示法の例外規定でキャッシュバック率が高額であっても何ら問題ないわけです。

商品を自宅で受け取り完済まで保管すれば所有権移転問題は無し

キャッシュバック方式が所有権移転問題をクリアする理由は、商品売買契約を行いクレジットカード決済が行われた時点ですぐに商品を利用者の自宅は配送します。

利用者は必ず商品を受取る義務が発生して、商品受け取りを条件としてキャッシュバック特典の現金を振り込んでもらえるわけです。商品受け取り拒否をした時点で売買契約が無効となり、キャッシュバックも返還義務が発生します。

届いた商品は転売することなく自宅で保管するので、所有権移転問題は発生しません。

クレジットカード決済さえ確認出来ればすぐに振り込んでもらえる

現金化業者がキャッシュバック方式を採用していると、クレジットカード決済を行ってから現金が振り込まれるまでの時間を大幅に短縮出来ます。

家電量販店で商品購入特典としてすぐにポイント付与してもらえるように、クレジットカード決済を行ったことが確認出来次第すぐに現金振込が可能です。

当日または翌日中に購入商品は発送すれば良いので、現金だけ先に受け取れるという点が最大のメリットとなります。

買取方式とキャッシュバック方式を組み合わせている現金化業者もいる

買取方式とキャッシュバック方式を組み合わせている現金化業者もいる現金化業者の公式サイトを確認すると、一見しただけでは買取方式とキャッシュバック方式のどちらを採用しているのか不明な現金化業者があります。

特徴として即日プランと通常プランという2種類の換金率を提示しているので、なぜ換金率に違いが出るのか不思議に思う人もいるはずです。現金化業者の中には、買取方式とキャッシュバック方式を金額と換金日数により使い分けている業者がいます。

なぜなら、買取方式のシンプルさとキャッシュバック方式の安全性の両方を利用者が選択出来る自由があれば、顧客を多く確保したまま営業を続けられるからです。

近年ではamazonギフト券買取を買取方式の中で採用している現金化業者があり、金額により使い分けしている例もあります。

10万円以内の少額換金なら買取方式が有利となる

現金化したい金額が10万円以内という少額換金ならば、買取方式によるシンプルな取引が向いています。一括払いにて翌月完済出来るからこそ、手軽に利用出来るわけです。

購入する商品も10万円以内ならば不自然なものは少なく、カード利用実績を見ても特別目立つ行動にはなりません。

キャッシュバック方式では商品の発送という手間が必要な分だけ少額換金では換金率が下がりやすいですが、買取方式ならば即座買取により少額換金でも十分な買取率を確保可能です。

手軽に利用できる現金化方式で、仕組みがシンプルなものが好きな人に向いています。

10万円を超える高額換金ならキャッシュバック方式が望ましい

10万円を超える高額換金ならば、キャッシュバック方式を採用している現金化業者を選択すると良いです。なぜなら、キャッシュバック方式ならば最初からクレジットカードに付与されている分割払いとリボ払いによる決済が可能だからです。

10万円を超える金額を翌月一括払いとする人は、現金化業者利用者の中には少ないので最初から長期返済になること前提で現金化を行います。

毎月の返済額に無理が出ない程度に抑えることが出来れば、分割払いにより計画的に返済できるキャッシュバック方式により最初から計画的な利用を行うことが望ましいです。

ショッピング枠 現金化 ランキング

関連記事

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

他人名義のカードを利用して現金化はできる?未成年でもできるのか?

ショッピング枠現金化の利便性と危険性

ショッピング枠現金化の利便性と危険性

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

安全な現金化業者と悪質現金化業者の見分け方

安全な現金化業者と悪質現金化業者の見分け方

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

ショッピング枠の現金化が違法ではない理由

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

クレジットカードを用いた詐欺の種類と対処法

ショッピング枠現金化をすると債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)ができない?

ショッピング枠現金化をすると債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)ができない?