総量規制とは?クレジットカードのショッピング枠は含まれない!現金化はどうなるの?

総量規制とは?クレジットカードを使うなら覚えておくべき!

ネットショッピングが流行してオンラインでのお金のやり取りが増えてきている事もあって、今ではたくさんの人がクレジットカードを利用する時代になりました。

そんなクレジットカードを利用する際に、必ず知っておいた方がいいルールとして『総量規制』というものがあります。


現在はクレジットカード以外にも銀行のローンだったり、消費者金融のカードローンなどお金を借りることができる場面はたくさんあります。
総量規制はクレジットカード以外にも関係がある事なので、ローンを組んだりキャッシングする場合は総量規制について知っておく事はとても大切です。

今回は総量規制について解説しながら、クレジットカードと総量規制の関係性やクレジットカードを使った総量規制対象外の資金調達方法などもご紹介します。

総量規制とは何?貸金業者から借りられる上限のこと

総量規制とは何?総量規制を一言でいうと、『賃金業者から借りられる総量の上限の規制』です。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

出典:総量規制とは | 貸金業法について

お金を借りた人が借りすぎて返済できない状況になってしまわないように定められたもので、賃金業者は個人の年収の3分の1を超える貸し付けをしてはならないという決まりです。

つまりどんなにお金持ちでも、年収の3分の1以上は賃金業者からお金を借りる事はできないという事です。


これは1社あたりの上限金額の規制ではなく、個人の借入額の合計の規制になります。

例えば、年収300万円の人なら総量規制の上限金額は年収の3分の1なので100万円ですが、1社から50万円の借入をしている場合は、他の業者から借りる場合でも借入できる上限は50万円という事です。

この時の年収というのは会社の給料などはもちろん含まれますし、その他不動産収入だったり年金なども含まれます。

反対にパチンコなどギャンブルで得た利益や宝くじに当たったお金など、一時的な収入は年収とはみなされないので注意が必要です。

ただし、この総量規制は個人に適用される決まりで法人の場合は同様の借入でも対象外となります。

また全てのローンがこの総量規制に当てはまるわけではなく、ローンの種類によって対象になるものと対象外のものとがあります。

総量規制の対象になるのは何?貸金業者からの借り入れ

総量規制の対象になるものは賃金業者からの借入です。

賃金業者とはお金を貸すことを目的としている業者の事で、消費者金融やクレジットカード会社などが該当します。

つまり総量規制の対象となってくるのは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングなどです。

総量規制の対象外なのは何?カーローンや住宅ローンなど

反対に同じ借入でも総量規制の対象外となるものもあります。

まず、カーローン住宅ローンなどは対象外です。その他にも不動産担保、自動車担保などの担保を使った借入も対象外になります。

更にクレジットカードでも、ショッピング枠の利用は総量規制の対象外です。

また銀行の取引は総量規制の対象外ですが、銀行のカードローンに関しては少し特殊です。

元々総量規制の対象外だった事で過去に自己破産者が急増してしまったため、現在は自主的に総量規制を超える貸し付けを制限している銀行がほとんどとなっています。

この他にも高額の医療費のための借入だったり、事業資金としての借入の場合も総量規制の対象外になります。

クレジットカードと総量規制の関係性

クレジットカードと総量規制の関係性前述したようにクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外となり、年収に関係なくカードの上限まで自由に利用する事ができます。


反対にクレジットカードのキャッシング枠は総量規制に関わってくる部分なので、慎重に利用する事が大切です。
では総量規制がクレジットカードにどのように影響してくるかというと、例えば、消費者金融のカードローンを利用して借入をしている人で総量規制ギリギリまで借入をしてしまっているとします。

その状態で新しくクレジットカードを作ろうと思っても、クレジットカードにはキャッシング枠が付いているため審査に通過する事ができず、新しくカードを持つことができません。

また反対に、クレジットカードのキャッシング枠を使って年収の3分の1近い金額を借入している人が消費者金融のカードローンを契約しようとした場合も、同様に利用が困難になります。

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制に含まれる

詳しく解説しますと、実はクレジットカードと一言でいってもキャッシングとショッピングにはそれぞれ違う法律が定められています。

キャッシング枠に関しては賃金業法という、カードローンなどと同じ法律が適用されるため総量規制の対象になり、年収の3分の1以上は借りる事ができなくなっています。

ATMから気軽に現金を引き出せるからといって、無計画に借りてしまうと後々支障が出てしまう事もあるので注意が必要です。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制に含まれない

ショッピング枠は割賦販売法という法律が適用されます。

ショッピングではリボ払いや分割払いなど複数回で支払う場合が多く、個人とお店とクレジット会社の3社が公正に取引を行うために儲けられています。

現金の借入ではないので総量規制には含まれず、キャッシング枠を限度額まで利用していたとしてもリボ払いや分割払いなどでショッピングができます。

クレジットカードのショッピング枠の支払い方法については、以下のページでまとめています。仕組みがよく分からないという方はご覧ください。

一括払い・分割払い・リボ払いの解説>>

総量規制でお金がない時はショッピング枠で資金調達を

総量規制でお金がない時はショッピング枠で資金調達を生活をしていれば色々な事があり、急な出費が重なってしまったり色々な理由から借金が出来てしまったりする事もありますよね。

そういった時でも消費者金融やクレジットカードのキャッシングを使う事で一時的に資金調達をする事は可能です。

ですが、前述の通り総量規制という決まりがあるので、カードローンやクレジットカードのキャッシングでは年収の3分の1以上借りることができません。

もしそれ以上借りたいという場合は別の方法を探す必要があります。そこでおすすめになってくるのが、クレジットカードの現金化です。


クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をお金に変える方法です。

色々な現金化業者がいて方法も様々ですが、多い方法としてはネットで買い物をしてそれを現金化業者に買い取ってもらい現金を振り込んでもらうものなどがあります。

既に持っているクレジットカードを使って総量規制に関係なく資金調達ができるため、キャッシング枠を使い切ってしまった時などには非常に頼りになる方法です。

現金化は違法ではないが注意は必要

クレジットカードで買い物をする事も、買ったものを売る事も違法ではありません。

ただしクレジットカード会社からすると、審査をしてショッピング枠とキャッシング枠を割り当てた意味が薄まってしまうため、あまり好まれる使い方ではなくグレーゾーンという形になっています。

カード会社によっては現金化した事が判明するとカードの利用を停止されてしまう場合もあるので、もし現金化する場合はリスクがある事をふまえた上で行う事が大切です。

現金化業者を選ぶ時に大切なポイントは3つ!

ショッピング枠の現金化はいざという時に非常に便利に資金調達ができます。ですが、現金化業者は色々あって前述の通りリスクもあるので良い現金化業者を選ぶ事が大切です。

良い現金化業者を選ぶポイントは3つあります。

1つ目は換金率です。
換金率が高い業者ほどショッピング枠を効率的に現金に変える事ができるので、とても重要になってきます。

また現金化するにあたって、買い物の際に送料や手数料がかかる場合もあり、それらが自己負担になっている時もあるので事前にしっかり確認するようにしましょう。

2つ目は信頼性です。
現金化はお金の取引になるので、信頼できて安心して安全に取引できる業者を選ぶ事もとても大切です。

現金化業者を選ぶ時はネットの口コミや実際に利用した人の体験談なども参考にして、実績があり評判のいいところを選ぶようにしましょう。

3つ目は現金化のしやすさです。
現金化の方法の一例を上記にあげましたが、その他にも金券を使った方法や実際の商品を購入するものなど現金化の方法は業者によって異なります。

そのため手順がややこしかったり手間がかかったりする場合もあったり、現金化までにかかる時間も様々です。

もし現金化する場合は換金率などだけでなく、実際にどういう流れでどのくらいの早さで現金化できるのかについても注目して調べるようにしましょう。

当サイトでは、クレジットカード現金化業者の優良店ランキングを掲載しています。換金率・スピード・特典などを徹底比較しているので、参考にしてください。

クレジットカード現金化優良店口コミランキング>>

以上、『総量規制とは?クレジットカードのショッピング枠は含まれない!現金化はどうなるの?』というお話でした。

現金化業者って結局どこが良いの?

現金化業者_調査済み画像当サイトでは、クレジットカード現金化業者を徹底調査しています。

現金化業者の数は100社以上存在しており、その中で現在も運営しているであろう業者をまずは55社厳選しました。

更にその中から、実際の換金率・振込スピード・特典(キャンペーン)・リアルな口コミなどを参考にランキングを作成しました。

業者選びでお悩みの方は是非ご覧ください。

現金化業者ランキング

関連記事

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?回復させるには何年かかる?確認方法は?

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード3選!それぞれのメリッ...

ショッピング枠の限度額を増やす方法は?

ショッピング枠の限度額を増やす方法を5つ教えます!注意点も知っておこう

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

クレジットカードのキャッシング枠を使う際のメリットと注意点

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

ショッピング枠の主な支払方法(一括払い・分割払い・リボ払い)の解説

JCBカードの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

JCBカードの申し込みの流れ|気になる審査基準や自分で現金化する方法など

楽天カードの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

楽天カードの特徴(種類・作り方・料金など)|誰もが知ってる楽天カードで現金化は可...

オリコカード-ザ-ポイントの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

オリコカード ザ ポイントの素敵な魅力5つ!現金化をする様々な方法がこちら

アメックスエキスプレスの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

国際色が強いアメリカン・エキスプレスでも現金化できる?対応している業者選びが大切

マスターカードの特徴・種類・作り方・料金・現金化をする際の注意点など

【マスターカードを使って現金化したい方】利用規約上ではNGなので気をつけよう