クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

業者を通したクレジットカード現金化が「本人確認不要・電話なし」では出来ない理由

業者を通したクレジットカード現金化が「本人確認不要・電話なし」では出来ない理由

色んな特徴を持っているクレジットカード現金化業者があるので、お金に困っている人が気軽に業者を利用しています。

急な状況にも対応してくれるケースが多く、頼もしさを感じることも少なくありません。

そこでクレジットカード現金化を希望している人によっては、本人確認不要や電話なしで対応してもらえないか考えている人もいます。

しかし、現状は本人確認不要や電話なしで対応している業者は存在していないです。

なぜ本人確認不要や電話なしで、対応することができないのかまとめてみました。

業者を通したクレジットカード現金化が「本人確認不要・電話なし」では出来ない理由

業者を通したクレジットカード現金化が「本人確認不要・電話なし」では出来ない理由2

本人確認不要や電話なしで対応することができれば、更にスピーディーなクレジットカード現金化を実現させやすいです。

しかし実際は、本人確認不要や電話なしで対応しているクレジットカード現金化業者はなく、必ず本人確認や電話で確認している状況です。

このように本人確認不要や電話なしにできない理由として、色んな理由が発生しています。

これらの理由を把握することによって、クレジットカード現金化業者が残念ながら本人確認不要や電話なしにできない理由を把握できます。

古物営業法によって決められている

クレジットカード現金化業者が本人確認及び電話で確認している理由として、古物営業法によって定められているのが関係しています。

クレジットカード現金化は古物営業法に則って現金化を実施しており、一定のお金を指定した口座に振り込むようにしています。

中古品の売買をする際、古物営業法は本人確認しないといけないことが法律で定められています。

もし面倒からといって、本人確認をしなかった場合は、すぐに逮捕されてしまうので、クレジットカード現金化業者としては大きなデメリットです。

そのようなリスクを発生させないようにクレジットカード現金化業者は、必ず電話などを利用して本人確認を実施するようにしています。

もし古物営業法の法律が変わり、本人確認が不要になった時は、本人確認不要や電話なしの状況を作り出せます。

現時点では古物営業法によって、本人確認が義務化されているので残念ながらクレジットカード現金化業者を利用した時、本人確認不要や電話なしはできません。

業者にとって本当に本人なのか再確認

全てのクレジットカード現金化業者が本人確認を実施しているのですが本当に本人なのか確認するため、実施していることがほとんどです。

もし怪しい人物がクレジットカード現金化の申込を実施して現金化してしまった場合、大きな損失を被るのは業者です。

ショッピング枠を利用することで、状況によっては百万以上の現金化を行うことが可能です。

怪しい人物ではなく、ちゃんと本人なのかチェックするために電話ありの本人確認を実施しているクレジットカード現金化業者が目立っています。

そして信頼関係を構築した申込者に対し、クレジットカード現金化をすることで業者と申込者双方が満足できる結果を出せるようになります。

慎重にクレジットカード現金化を行わないと大変なトラブルになる恐れがあるので、電話で本人なのかチェックしています。

また運転免許証やパスポートなどを提出するだけでは、本人なのか分からない場合もあります。

少しでも本人なのか把握するため、電話をして本人なのかチェックしているのも関係しています。

一度本人確認や電話確認が完了したら何度も実施しない

人によっては面倒と感じやすい電話ありの本人確認なのですが何度も実施することは、余程のことがない限りはありません。

何度も本人確認してしまうとクレジットカード現金化の申込をした人が嫌な気持ちになりやすく、安定した顧客を獲得するのが難しくなります。

クレジットカードの初回申込時に本人確認や電話ありをチェックしており、それに合わせて身分証明証を提出することで本人として判断しています。

一度確認できれば、本人として認識できるので、クレジットカード現金化を実施しています。

そして何度もクレジットカード現金化を利用している人に対し、業者はキャンペーンや高い還元率などでお得な状況を作り出しています。

もし初回の本人確認や電話あり確認を断った場合、絶対に現金化することができないので注意です。

もし現金化できてしまった時は、違法な業者になります。

そのような業者を利用してしまうと大切な情報が盗み取られるだけではなく、情報漏洩の可能性も出てくるので気をつけないといけません。