クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

【今日中】お金を作る最終手段をご紹介!クレカ現金化が手っ取り早い

【今日中】お金を作る最終手段をご紹介!クレカ現金化が手っ取り早い

「現金が今日中にどうしても必要だけど手元にお金がない」というケースがあります。

現金を今日中に手に入れる方法として真っ先に思い付く方法は“クレジットカード現金化”ではないでしょうか。

ところが、クレジットカード現金化以外にも現金をその日のうちに用意する方法は以外と数多くあるんです。

クレジットカード現金化以外の現金をその日のうちに用意する方法とはどんなものなのか解説します。

そして、やはりクレジットカード現金化が最も手っ取り早い方法であることを証明します。

今日中にお金を作る最終手段を3つご紹介!

今日中にお金を作る最終手段を3つご紹介!

今日中に現金を用意する“最終手段”ですが、最終手段と言うわりには以外と数多くあります。

家族や友人から借りるのもその手段の一つですが、あまりに簡単なのでわざわざ説明するまでもないので今回は省きます。

数多くあるその日のうちにお金を用意する方法として、「消費者金融でキャッシング」「クレジットカードでキャッシング」「給料ファクタリング」をピックアップします。

消費者金融でキャッシング

今日中にお金を用意したいという時の最終手段の一つが、消費者金融でのキャッシングです。

消費者金融でのキャッシングと聞いた人のなかには、「そりゃ消費者金融の機械で引き出すだけなんだから早いだろ。でもそれは審査に合格してとっくに消費者金融のカードを持っている人の話なんじゃないの?自分みたいに消費者金融を利用したことのない人には意味がなさそう」と思う人もいます。

それは勘違いです。

大手消費者金融を中心に、申込~キャッシングまで最短1時間で利用できるところが沢山あります。

このため、消費者金融を利用したことが一度もないという人であっても現金が欲しいというその日のうちに申込から始めて、審査を受けてキャッシングをすることができます。

ちなみに、キャッシング時の金利は年利18%が平均です。

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードにはショッピング枠の他にも、キャッシング枠というものがあります。

このキャッシング枠を利用すれば現金が欲しいその日のうちにお金を簡単に用意することができます。

ただし、これはキャッシング枠の申請を事前にしてクレジットカードにキャッシング枠を付与している人限定の方法となります。

というのも、キャッシング枠を後からクレジットカードに付与することができるのですが、キャッシング枠の利用審査には3営業日程度、平均では1週間程度の時間がかかります。

キャッシング枠をクレジットカードに付与していない人は、現金が欲しいその日のうちにお金を用意できないのです。

そもそも、キャッシング枠のないクレジットカードの審査にギリキリ通過できたような人の場合はキャッシング枠の付与ができない場合もあります。

なぜなら、キャッシング枠を付与する場合はより審査が厳しくなるからであり、ショッピング枠だけのクレジットカード審査にギリキリ通過したような人は審査に合格するのが難しいからです。

なお、クレジットカードのキャッシングも年利18%程度が平均的な金利となります。

給料ファクタリング

現金が欲しいその日のうちにお金を用意する最終手段として、給料ファクタリングもあります。

これは本当に最終手段といえます。

給料ファクタリングとは、このビジネスをしている業者に手数料を払って給料債権を売却してお金を得るという売買取引であり、キャッシングではないので信用履歴に傷があって消費者金融の審査も通過できないようなブラックな人でも現金をその日のうちに用意できる方法となります。

基本的には即日審査であり、利用申込した当日に現金を用意できます。

ただし、給料ファクタリングには3者間ファクタリングという会社にファクタリングを利用することを知らせるファクタリングがあります。

会社に秘密でファクタリングできる2者間ファクタリングより手数料は安いですが、会社からの信用を失う可能性があるので要注意です。

手数料は3者間ファクタリングファクタリングが5~10%、2者間ファクタリングは10~20%程度が平均的な手数料となります。

クレカを持っているならショッピング枠の現金化が手っ取り早い

クレカを持っているならショッピング枠の現金化が手っ取り早い

現金が欲しいというその当日に現金を用意する最終手段として、消費者金融でのキャッシング、クレジットカードでのキャッシング、給料ファクタリングなど色々あります。

しかし、クレジットカードを持っている場合に最も効率的でおすすめな手っ取り早い方法は“クレジットカード現金化”です。

クレジットカード現金化と他の現金調達方法を比較~現金調達スピード~

現金が欲しいその当日に現金を調達する方法として、クレジットカード現金化が最も効率的でおすすめな現金調達方法ですが、その理由を他の現金調達方法と比較して検討してみましょう。

やはり、その日に現金が欲しいということで、現金調達スピードが一番大切な項目となります。

消費者金融ですが、消費者金融は最短1時間程度で現金を調達できます。しかし、あくまで“最短”でしかないのです。

利用申込みをした日の混み具合が大きく審査時間に影響をします。

混み具合によっては利用申込みをした当日中にキャッシングできないことも珍しくない不安定な現金調達方法なのです。

クレジットカードのキャッシングはキャッシング枠を用意しているならばすぐに現金を調達できます。

しかし、キャッシング枠の申込みをしていない場合は最短でも3営業日程度の時間が必要なので現金調達スピードが非常に遅くなります。

給料ファクタリングはクレジットカードを持っているような人ならば基本的には最短即日で審査が通ります。

しかし、ファクタリング業者は基本的に土日は営業をしておらず、土日の場合は現金が調達できないという弱点があります。

これに対して、クレジットカード現金化はスマホで現金化業者に申込みするだけなので、10分~20分もあれば余裕で現金が調達できます。

非常に手っ取り早いです。

クレジットカード現金化と他の現金調達方法を比較~お得度~

現金調達方法がどれだけ手っ取り早くても、あまりにも損するようでは心情的に利用したくないものです。

そこで、それぞれの現金調達方法のお得度を比較してみましょう。

消費者金融のキャッシングやクレジットカードねキャッシングは18%程度の金利となっています。

給料ファクタリングは3者間ファクタリングは手数料が5%~10%と非常にお得ですが、会社にばれてしまいます。

このため、手数料が最大20%程度の2者間ファクタリングを利用者の多くが選択しており、お得度では他の現金調達方法に劣ります。

そしてクレジットカードの現金化ですが、現金化業者によっても変わりますが、最大98%で現金化してくれるところもあります。

※ただし、ホームページに書いてある換金率より低い場合があるので、利用の際に問い合わせることをオススメします。

一番手っ取り早く現金を調達できるクレジットカード現金化は、一番お得な現金調達方法でもあるのです!

クレジットカード現金化は身分証明書類審査不要な場合もあってより効率的

消費者金融や給料ファクタリングによって現金を調達する場合は身分証明書類が必要不可欠で審査もあります。

ところが、現金化業者では身分証明書の提出は行いますが、審査は一切ありません。

そういった面でも手っ取り早い現金調達方法といえます。