『どんなときも。クレジット』の口コミ評判|換金率や利用の流れ、利用時の注意点など

『どんなときも。クレジット』の口コミ評判|換金率や利用の流れ、利用時の注意点など

銀行の振込手数料が無料のクレジットカード現金化業者「どんなときも。クレジット」

最低でも88%という高い換金率が魅力です。

しかし、「どんなときも。クレジット」の魅力はこれだけじゃありません。

現金化する上で見逃せない特徴がいくつもあります。

そこで今回では、その特徴と気を付けたい点について詳しく解説していきます。

無料お見積りはこちら

\手数料0円/
どんなときもクレジットのバナー▲公式サイトを見る

どんなときも。クレジットの口コミ評判

評価:評価5

友人の結婚式が続いて金欠になったために初めて現金化を体験しました。
本人確認の手続きなどがあると聞いていたので面倒なイメージでしたが、スタッフさんの手際が良くネットで申し込んでから30分後には現金を手にできました。
あっけないほど余裕です。

20代/男性

評価:評価5

息子の習い事や、仕事道具の買い直しのために出費が続いて生活がピンチな時に利用しています。
主婦で年収も100万に満たないですが、それでもすぐ現金を用意してもらえるので助かってます。

30代/女性

評価:評価4

無職で常にお金が無い頃に大変お世話になりました。
どうしても月末は余裕がなくなってしまうので審査なく使えるのは最高です。
ショッピング枠に余裕があれば何度も使えますし、複数のカードをまとめて現金化して換金率を高める裏技も使えて他の業者より使い勝手がいいです。

30代/男性

評価:評価5

プロミスの無人機すらないド田舎でも利用できる数少ない現金化サービスです。
コンビニさえあれば即日で現金が手に入るのは他に知りません。
2度目以降は振り込みスピードも10分程度と爆速で、ストレスゼロですね。

20代/男性

評価:評価4

妻も義父もともに厳しい人でお金で困っていると知られたら生活を一から見直されかねない家庭なので、バレる要素のないどんなときもクレジットは本当にありがたいです。
おかげで生活にゆとりが出ました。

40代/男性

どんなときも。クレジットの基本情報

どんなときも。クレジットのロゴ

店名 どんなときも。クレジット
ホームページ https://donnatokimo-c.com/
所在地 東京都港区南青山2-7-14 3F
還元率 98%
最短振込時間 最短10分
土日祝日対応 可能
営業時間 ウェブ申込:24時間対応
電話:9:00~18:00
15時以降振込可能の銀行 ゆうちょ銀行
楽天銀行(イーバンク)
ジャパンネット銀行
利用可能な主なクレジットカード VISA(ビザ)
MasterCard(マスターカード)
American Express(アメックス)
JCB
ダイナーズクラブ
キャンペーン 特になし
設立 記載なし

最大換金率は98%と業界トップクラスです。

無料お見積りはこちら

どんなときも。クレジットの特徴について

どんなときも。クレジットの特徴とは?

その魅力について1つずつ解説していきましょう。

「どんなときも。クレジット」には魅力的な特徴が4つあります。

どれも現金化する上でメリットになるものです。

手数料が無料

クレジットカード現金化をすると、現金はキャッシュバックという形で利用者の銀行口座に振り込まれます。

振り込みには当然手数料が発生します。

大半の場合、この振り込み手数料分をキャッシュバックから差し引きます。

数百円の手数料ですが、回数が増えてくると重荷になる額です。

「どんなときも。クレジット」はこの振り込み手数料が無料になっています。

初回限定ではなく、ずっと無料です。

また、ATMの利用料も負担してくれます。

小さいことかもしれませんが、一般的に請求される費用がかからないのは助かるでしょう。

現金化していることがカード会社にバレない

「どんなときも。クレジット」は、これまで1度もカード事故を起こさず運営をしてきました。

クレジットカードの現金化に利用する商品や手続き等、カード会社に現金化をしていると気づかせないノウハウがしっかりしています。

もしバレたら最悪の場合、カードの強制解約ともなりかねない現金化ですから、その点を配慮や知識が確かでないと困るでしょう。

「どんなときも。クレジット」なら、安心してクレジットカードの現金化を任せられます。

クレジットカードがあれば誰でも使える

カードローンで借入する場合は厳しい審査に合格する必要があるため、限られた方しか利用できません。

しかし、「どんなときも。クレジット」なら満20歳から満68歳以下の方なら誰でも職業にかかわらず申し込めます。

パート、派遣、請負、フリーランスでも問題なく現金化が可能です。

複数のクレジットカードが利用できる

現金化の中には、複数のクレジットカードを1度にまとめて利用できる業者があります。

ですが、公式サイトに明記されているケースが少ないため、電話で確認する必要があり面倒でした。

「どんなときも。クレジット」は、公式サイトで複数のカードを一緒に利用できることが明記されています。

複数のカードをまとめて利用することで、利用額をアップさせるテクニックを活用できるので、他の業者を利用するより断然換金率を高くできます。

家族のカードもまとめられますから、換金率を一気に上げるチャンスもあります。

どんなときも。クレジットと他の現金化業者の違いについて

どんなときも。クレジットと他の現金化業者の違いについて

「どんなときも。クレジット」が、他の現金化業者と比べてどこが違うのでしょうか。

実は他の業者には無い注目すべき特徴があるんです。

「どんなときも。クレジット」を利用する動機になる部分ですから、その違いをしっかり確認しましょう。

利用金額ごとの換金率が明記されている

多くのクレジットカード現金化業者は、換金率について詳しい説明をしていません。

「98%!!」のように目を引く数値だけ大きく掲載するだけで、利用額がいくらの時の換金率かについては一切説明がありません。

「どんなときも。クレジット」は利用額を6段階に分けて、細かに返金額を明記しています。

こんなことをすれば現金化の際に誤魔化しが効かなくなりますから、他にやっている現金化業者はいないでしょう。

「どんなときも。クレジット」は、かなりユーザーフレンドリーな業者と判断できます。

現金化を利用したことが周囲にバレない

現金化の際に勤務先へ在籍確認の連絡をしないので、現金化で金策していることが同僚にバレる心配がありません。

あるのは本人確認だけですから、申請時に自分の携帯電話番号を記入しておけば自分以外の者に現金化を利用していることが知られずに済みます。

また、利用明細が送られてきません。

家を留守にしている間に、家族に明細を見られてバレる可能性もゼロです。

密かに金策したい方には、これ以上ない手段と言えるでしょう。

会社情報がしっかり記載されている

公式サイトに、事務所の住所と電話番号及び代表者の氏名がしっかり明記されています。

番地だけでなく、建物の階まで記載されているので安心できます。

酷い業者になると市区町村しか記載されていないケースもあるので、かなり信頼できる業者でしょう。

問い合わせ先の電話番号が、フリーダイヤルなのも好印象です。

どんなときも。クレジットの利用の流れ

どんなときも。クレジットの利用の流れ

ここでは申し込みから入金まで、「どんなときも。クレジット」を使った現金化の一連の手順について解説します。

全部で4ステップになっていますが、初めての方でも簡単にできますよ。

ステップ1:申し込み

「どんなときも。クレジット」の公式サイトを開いて「今すぐお申込み」ボタンを押します。

表示される入力フォームに必要事項を記入して「フォームを送信する」ボタンを押しましょう。

ここで入力に間違いがあると後で契約を破棄されますから、送信ボタンを押す前に誤りがないか見直すのを忘れないで下さい。

ステップ2:本人確認の電話に対応する

フォームを送信すると「どんなときも。クレジット」のスタッフから本人確認とサービス内容の確認をする電話がかかってきます。

スタッフの指示に従い適切に対応してください。

また、分からないことがあれば、この際に聞いておきましょう。

ステップ3:商品を購入する

「どんなときも。クレジット」が指定する商品をクレジットカードを使い購入します。

必ずステップ1で申請したクレジットカードを利用してください。

そうしないと手続きが正常に終了しません。

ステップ4:入金を確認する

商品の購入手続きが終わったら、「どんなときも。クレジット」から振り込みの連絡がきます。

連絡を受けたら銀行口座に指定の金額が振り込まれたか確認してください。

コンビニのATM等で確認した場合は、そのまま現金を引き落とせます。

以上が現金を手にするまでの手順です。

実際はこの後にステップ3で購入した商品を受け取る作業が残っています。

家族にはネットで小物を購入したと言っておけば問題ないでしょう。

どんなときも。クレジットの換金率・振込スピードなど

どんなときも。クレジットの換金率・振込スピードなど

クレジットカード現金化をする際に一番気になるのは換金率ですよね。

「どんなときも。クレジット」の換金率は利用するショッピング枠の額(利用額)によって決まります。

各利用額と換金率は次のとおりです。

5万円~10万円未満 88%
10万円~30万円未満 90%
30万円~50万円未満 93%
50台円~80万円未満 95%
80万円~100万円未満 96%
100万円以上 98%

利用額を30万円以上にすると一気に換金率が上がる

利用額が一番低いケースでも88%という高い換金率になっています。

これまでの相場であれば70%台が一般的ですから、かなり高い換金率が設定されていると考えて問題ないでしょう。

その他の特徴は利用額が増えるほど換金率が高くなることです。

少しでもお得に現金化するなら利用額を増やすのが何より重要になります。

利用する場合はショッピング枠をほとんど使っていない時にしましょう。

特にあと少しで利用額が30万円を超える場合には、なんとかして利用額を増やすべきです。

30万円と29万9,999円では換金率に3%もの違いがあります。

金額に換算すると、およそ9,000円です。

これは無視できない金額でしょう。

振り込みスピードは最短10分

「どんなときも。クレジット」は申し込んでから最短10分でキャッシュバックを振り込んでくれます。

業界最速のところでも5分ですから、10分というのは十分に早いスピードです。

営業時間以内であれば即日振り込みを期待して問題ありません。

注意したいのは誤って自分名義ではないカードで申請してしまうことです。

名義が申請者と違うと現金化業者から注意を受けて現金化してもらえません。

家族や友人のカードを預かっている場合などは、申請時に自分のカードで間違いないか確認するのを忘れないでください。

どんなときも。クレジットを利用する際の注意点について

どんなときも。クレジットの会社概要

どんなときも。クレジットの会社概要

詐欺の心配が無く、安心安全に利用できる「どんなときも。クレジット」ですが、いくつか注意すべき点があります。

深刻なことではないですが、知っていれば手間が省けるのでチェックしておきましょう。

決済を済ませてしまうとキャンセルができない

現金化の際に、本人確認を済ませて指定された商品を購入してしまうと、現金化の契約を途中キャンセルできなくなります。

最終判断のチャンスは商品購入の直前です。

購入する前にいったん落ち着いて、本当に必要なことか考えることをおすすめします。

利用できるクレジットカードは5社のみ

現在、日本で主流になっているクレジットは全て利用可能ですが、銀聯(ユニオンペイ)だけは利用できません。

中国発のカードブランド銀聯は、日本国内の店舗でも美容サロンなどを中心に利用できるところが増えてきましたが、「どんなときも。クレジット」では利用できません。

他のカードとまとめる場合でも利用できないので注意してください。

申し込みの際は本人確認書類を求められる

契約時に行われる本人確認には、運転免許証などの身分証明書が必要になります。

申し込む前に、スマホで運転免許証を撮影しておくと手続きがスムーズに進みますよ。

どんなときも。クレジットの総合評価

どんなときも。クレジットのロゴ

「どんなときも。クレジット」は換金率、使いやすさ、安全性、プライバシー、いずれの点においても高く評価できる優良現金化業者です。

特に換金率の細かい設定は利用者目線で使いやすく、誤魔化しのしずらいシステムになっています。

ホームページも大変見やすく表示速度も十分で快適、費用をかけて作っている印象です。

そして、連絡先の電話番号はフリーダイヤルになっています。

電話代を気にせず分からない点を質問できるのは大きいでしょう。

「どんなときも。クレジット」は初めて現金化する方に自信を持っておすすめできる現金化業者です。

無料お見積りはこちら

\手数料0円/
どんなときもクレジットのバナー▲公式サイトを見る

関連記事:あんしんクレジット
関連記事:ゼロスタイル
関連記事:キャッシュライン

       
       
\最短振込時間10分!!/
■どんなときも。クレジット
換金率98%|振込時間10分
無料見積りをする