クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

ふるさと納税の返礼品を現金化する方法と注意しておきたいこと

ふるさと納税の返礼品を現金化する方法と注意しておきたいこと

ふるさと納税を利用すれば様々な返礼品を受け取ることができるため、近年では所得税や住民税などをふるさと納税を通して納税する人が増えています。

ふるさと納税の返礼品は様々なものがありますが、現金による返礼品の見返りは禁止されていています。

ただし、ふるさと納税の返礼品を現金化してしまえば、事実上は現金の見返りを受けることと同じになります。

そこでこちらでは、ふるさと納税の返礼品を現金化する方法や現金化する際の注意点などを紹介していきます。

ふるさと納税の返礼品を現金化する方法

ふるさと納税の返礼品を現金化する方法

ふるさと納税の返礼品を現金化する方法は様々ありますが、効率的に換金するには現金化を行いやすい返礼品を受け取ることがポイントです。

ふるさと納税の返礼品はお肉や野菜といった食べ物などが多いですが、それらの食品の返礼品では現金化することができません。

現金化を行いやすい返礼品は「商品券や金券」「Amazonギフト」「タブレット端末やPC」などが挙げられます。

これらの返礼品は他の返礼品よりも現金化しやすいので、ふるさと納税の返礼品を現金化したいのであれば、まずはこれらの返礼品を提供している自治体を見つけるといいでしょう。

旅行クーポンなどの「金券や商品券」がオススメ!

現金化しやすい、人気のふるさと納税の返礼品にはJALやJTBが発行している旅行の割引クーポン券などがオススメです。

それらの金券であれば、金券ショップなどで高く買い取ってもらうことができるので、ふるさと納税の返礼品を現金化している人には人気のものとなっています。

ふるさと納税では地元に旅行しに来てもらえるように多くの自治体が旅行の割引クーポンを返礼品にしていることが多く、人気のクーポンであればかなり換金率も高くなっています。

また、レストランなどで使えるクーポンや商品券なども現金化にはオススメで、ふるさと納税は地元のレストランや飲食店で使えるクーポンや商品券などを取り扱っている自治体もあります。

そのため、ふるさと納税の返礼品を現金化する場合には、旅行の割引クーポンやレストランなどの商品券やクーポン券などが手軽でオススメです。

このような金券や商品券であれば、手軽に現金化することができて換金する手間も掛かることがありません。

Amazonギフトを貰えるふるさと納税サイトを利用する!

ふるさと納税のサービスサイトの中には、「Amazonギフト」を還元しているところがあります。

寄付額に応じて3%程度のAmazonギフト券を還元しているキャンペーンがあり、その時にもらえるAmazonギフトを利用すれば現金化することができます。

返礼品を現金化する訳ではありませんがAmazonギフト券は換金率がとても高く、先ほど紹介した金券や商品券よりもかなり効率的です。

またAmazonギフト券を現金化する場合には、Amazonギフト券専門の現金化業者を通すことで簡単に現金にすることができます。

Amazonギフト券専門の現金化業者の換金率は、業者によってバラツキがありますが、高い業者であれば90%以上もあります。

その他にも、金券ショップでもAmazonギフト券を買い取ってもらうことも可能なので、金券や商品券と同じように手軽に現金化することもできます。

タブレット端末やPCなど返礼品を転売する!

ふるさと納税の返礼品にはタブレット端末やPCといった家電などがあり、それらの家電を転売することで返礼品を現金化することができます。

転売するにはフリマサイトやオークションサイトなどを利用すると良く、人気のタブレット端末やPCであればその日のうちに落札させることができます。

また、リサイクルショップなどに持ち込んでも現金化することができますが、フリマサイトやオークションサイトの方が希望の金額で売却できるため、出来ればそれらのサービスサイトを利用する方がいいでしょう。

タブレット端末やPC以外にもふるさと納税の返礼品には様々な家電があるので、現金化しやすそうな家電なども狙い目です。

ふるさと納税の返礼品を現金化する際に注意しておきたいこと

ふるさと納税の返礼品を現金化する際に注意しておきたいこと

ふるさと納税の返礼品を現金化するには上記で紹介したような方法が挙げられますが、その際に注意すべきことがどのようなことがあるのでしょうか?

続いて、ふるさと納税の返礼品を現金化する際に注意しておきたいことを見ていきましょう。

主な注意点には「基本的に返礼品を転売することは禁止」「クレジットカード現金化より効率が悪い」「金券や商品券は少なくなっている」といった3つのことが挙げられます。

これらの注意点を一つ一つ見てみましょう。

基本的に返礼品を転売することは禁止になっている!

ふるさと納税の返礼品を現金化することは基本的に禁止されています。

そのため、返礼品を現金化していることが発覚してしまうと何らかの注意やペナルティを受けてしまう可能性があり、自治体によっては強く抗議しているところもあります。

例えば、ふるさと納税で発行している旅行の割引クーポンなどは、地域名や宿泊施設などが記載されているものが多いので、どの自治体が取り扱っている返礼品なのかがすぐに発覚してしまいます。

フリマサイトやオークションサイトなどで旅行の割引クーポンを出品してしまうと、現金化している事実が分かってしまう場合があります。

そのため、はっきりとした地域名や宿泊施設などが記載されている金券や商品券などを現金化する場合には、出来れば金券ショップなどを利用する方がいいでしょう。

返礼品を現金化したからといって具体的な罰則というものはありませんが、自治体によっては注意喚起しているところもあるので、実際に現金化する前には自治体のホームページなどを確認しておくことをオススメします。

クレジットカードの現金化と比較すると換金率がかなり低い!

現金化の方法には「クレジットカードの現金化」というものがありますが、クレジットカードの現金化と比較してしまうと返礼品の現金化はかなり換金率が低く効率的ではありません。

ふるさと納税はクレジットカードでも支払いでも行えるので、間接的にクレジットカードを現金化することができますが、その方法はあまりオススメしません。

クレジットカードを利用して返礼品を現金化するのであれば、クレジットカードの現金化業者を利用する方が効率的です。

クレジットカードを現金化できることを知らない人の場合には、ふるさと納税を通してクレジットカードを現金化してしまわないように注意する必要があります。

クレジットカードの現金化であれば90%ほどの換金率で現金化することが可能で、その日のうちに即日の現金化することもできます。

そのため、高い換金率でクレジットカードを現金化するのであれば、返礼品ではなく現金化業者を利用するのがオススメです。

高い換金率の金券や商品券などは徐々に少なくなっている!

ふるさと納税の返礼品は過去に高額な返礼品などの問題があり、国が徐々に規制を掛けている状況です。

過去には泉佐野市が100億円というAmazonギフト券を返礼品として取り扱っていましたが、最終的には国から指導されてしまい泉佐野市のふるさと納税事業は行ことができなくなってしまっています。

その影響もあってか、現金化しやすい高い換金率の金券や商品券などの返礼品を扱う自治体などは徐々に少なくなっています。

そのため、以前のように高い換金率の金券や商品券などを返礼品として受け取ることができる機会が少なくなってしまい、今後もその傾向が強く返礼品の現金化自体が年々困難になってしまっています。