クレジットカード現金化【安全・優良店の口コミ】|業者55社+αを比較

   

Amazonギフト券をまとめ買いできる場所や方法|注意点も解説!

Amazonギフト券をまとめ買いできる場所や方法|注意点も解説!

Amazonを利用している人は多いですよね。

色々な物が買えるので、貰うととても嬉しいギフト券でもあります。

通常価格よりも安く買えることもあるので、そうなると買い物に使うときにお得になります。

自分で買って使う人もいれば、まとめ買いしてプレゼントとして利用する人もいます。

ですが「まとめ買い」には注意も必要ですよ。

そこで、まとめ買いする方法、まとめ買いするときに注意しておきたいことを書いていきます。

便利なギフト券ですが、落とし穴もあるので気をつけておきましょう。

Amazonギフト券をまとめ買いできる場所や方法

Amazonギフト券をまとめ買いできる場所や方法

使ったことがない人でも「Amazonギフト券」という言葉は聞いたことがありますよね。

「Amazonで使える商品券のようなもの」ということは分かっていても、どこで買うのか分からないという人もいます。

買い方はいくつかありますが、以下の3つが最も一般的です。

人によって買いやすい場所は違うので、自分に向いている方法で買うようにしてくださいね。

買う場所におって金額が違うこともあるので、比較してから買うクセをつけておくようにしましょう。

コンビニや家電量販店

Amazonギフト券はコンビニや家電量販店でも販売しています。

コンビニは便利ですし、大手のコンビニであればだいだい販売しているので、在庫があればまとめ買いすることが可能です。

ただしコンビニよりも、家電量販店の方がお得に買えることもありますよ。

家電量販店だと10%オフキャンペーンなどを行っていることもあります。

また、家電量販店は買い物をするとポイントがつくことが多いので、ポイントも考えるとコンビニよりもお得になることがあります。

コンビニや家電量販店はお店自体も多いので、大量にまとめ買いをしたいという人も利用しやすいですよ。

1店舗で足りなければハシゴすればいいので、欲しいだけまとめ買いするようにしましょう。

地域によっては家電量販店まで遠い、1店舗しかないという場所もありますが、コンビニなら全国どこでもあります。

いつキャンペーンがあるのかなとは分からないので、「キャンペーンがあればまとめ買いする」と決めておくのもおすすめです。

Amazonのオンラインショップ

Amazonは色々な商品を販売していますが、Amazonギフト券も商品の1つとしてAmazon内で販売されています。

オンラインショップであればスマートフォンがあれば注文することができますし、もちろんまとめ買いすることも可能。

更に、どんなタイプのギフト券をまとめ買いするのかも自由に選ぶことができます。

Amazonギフト券にはタイプがいくつかありますから、好みのタイプを好きな枚数買うことができるのです。

ギフト向けのグリーディングタイプ、ボックスタイプに、Eメールタイプや印刷タイプなどなど。

オンラインショップであれば自分用として買う人はもちろん、ギフト用にまとめ買いしたい人にも便利です。

しかもAmazon内で購入すると、キャンペーンと併用することでお得に買うこともできますよ。

キャンペーンの内容はそのときによっても違いますが、購入した金額からポイントバックを受けることができるものなどがあります。

うまくキャンペーンを併用できると20%オフで購入することができるケースもありますから、まとめ買いする前にAmazonもチェックしておきましょう。

ギフト券サイトから購入する

ギフト券購入サイトとは、Amazonギフト券などの「ギフト券を購入できるサイト」です。

例えば3000円のAmazonギフト券を持っていても、Amazonを一切使用しないのであれば意味がありませんよね。

買いたい人もいれば売りたい人もいるので、そういったサイトが存在しているのです。

ギフト券購入サイトであれば、通常価格よりも安く買えることが多いですよ。

額面金額より安く購入することができるので、金額的に損をするということがありません。

ただし買い取ったAmazonギフト券を販売しているため、在庫に限りがあります。

在庫がなくなれば買うことはできませんし、ギフト券の額面金額もバラバラ。

まとめ買いもできますが、あくまで販売している中に欲しい額面のギフト券があるときだけ、ということになります。

Amazonギフト券はギフト券の中でも人気があるので、こういったサイトではよく販売されていますよ。

まずはサイトを覗いてみて、どれくらい在庫があるのか確認しておきましょう。

サイトによって金額や在庫数は違うので下調べが大事です。

Amazonギフト券をまとめ買いする際に注意点を解説!

Amazonギフト券をまとめ買いする際に注意点を解説!

Amazonギフト券が安くなっていると、ついまとめ買いしたくなりますよね。

Amazonを定期的に利用するなら買っておいても損はありませんし、その時限定のキャンペーンなどを逃すのはもったいないです。

しかしまとめ買いには注意も必要。

安いからと大量に買うと、後でどうしようもなく後悔することがあります。

まとめ買いしても大丈夫なケースもありますが、大幅に損をしてしまうこともあるので自分は大丈夫かどうか確認しておきましょう。

お金を支払って購入するので慎重になることが大事ですよ。

Amazonギフト券には有効期限がある

Amazonギフト券には有効期限があります。

その期限が過ぎると使うことはできませんし、ただの紙切れになるので注意しておきましょう。

有効期限は大きく分けると2パターンあります。

2017年4月23日までに発行

Eメールタイプ、印刷タイプ、グリーティングカードタイプ、チャージタイプ、封筒タイプの有効期限は1年です。

 

現在は2020年なので上記はもう使えないということですね。

 

しかしシートタイプのみ有効期限が3年あります。

 

購入しても使える期日が迫っているので、よく確認しておきましょう。

2017年4月23日以降の発行

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の場合、有効期限は10年です。

 

一律10年と決まっているので分かりやすいですね。

 

近年発行されたギフト券であえれば10年の期限があるので安心です。

 

しかし10年以内に使わないといけないということは覚えておきましょう。

有効期限の延長は、カスタマーセンターに申請することができます。

しかし申請したからといって延長できるとは限らないので、期限内に使うようにしましょう。

タイプによって売却できないこともある

Amazonギフト券にはいくつもの種類があります。

どのタイプでもAmazonでの買い物に使うことができますが、扱いが違うこともありますよ。

特に注意したいのが、Amazonギフト券を購入した後に売却しようとしている人です。

Amazonギフト券はギフト券買取サイトで気軽に売ることもできますが、タイプに制限があることが多いですよ。

買取サイトで一番売却しやすいのはEメールタイプです。

Eメールタイプであれば、郵送などする必要がないので買取がしやすいというのが理由。

「使わなかったら売却すればいいや」という気持ちで購入する人もいるかもしれませんが、サイトによっては売却できないこともあると知っておきましょう。

大量に買ってしまっても売れないとなると意味がありませんし、無理矢理に欲しくもない物を買う羽目にもなりかねませんよ。

買取サイトが無理なら金券ショップで売ればいいと考える人もいるでしょうが、ほとんどの金券ショップでは扱いがありません。

一般的な商品券とは違うため、扱いにくいと言うのが理由です。

まとめ買いしすぎるとクレジットカード決済できないこともある

Amazonギフト券をまとめ買いするとそれなりの金額になりますよね。

そのためクレジットカード決済を行うことが多くなりますが、クレジットカードを使うときは注意しておきましょう。

場合によってはクレジットカードの利用停止、決済できないなんてこともあります。

これは、Amazonによる不正利用の防止のためです。

ではどんなケースで起こるのか見ていきましょう。

  • Amazonに登録したばかりのアカウントで大量のAmazonギフト券を購入した場合
  • 高額なAmazonギフト券を大量に購入した場合
  • 発行されたばかりのクレジットカードを使用した場合

上記のようなケースはあくまで一例です。

クレジットカードは信用あってこそ使えるものなで、怪しいと思われてしまうと使えないことがあるのです。

Amazonでまとめ買いするときは、誤解されないように最初は少量だけ買うのが無難。

クレジットカード停止になると面倒なので、最初はまとめ買いにするにしても大量に買わないことをおすすめします。