クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

アクセスチケットでAmazonギフト券買取をしていないのはなぜ?

アクセスチケットでAmazonギフト券買取をしていないのはなぜ?

アクセスチケットは金権買取ショップとして有名で、郵送(宅配)での買取に対応していることが特徴になっています。

首都圏を中心に複数の店舗を運営しているほか、各都道府県の古物扱いの許可をうけているなど信頼性が高いショップとしても知られています。

しかし、アクセスチケットではAmazonギフト券の買取をしておらず、郵送・店舗の持ち込み問わずに買取が行われない状況になっています。

何故買取ができないのかはAmazonギフト券の仕組みから知る必要があるのです。

アクセスチケットでAmazonギフト券買取をしていない理由

アクセスチケットでAmazonギフト券買取をしていない理由

アクセスチケットはAmazonギフト券の買取をしておらず、どのような形式のものでも買取不可になっています。

重要なのはアクセスチケットは買取だけでなく販売を行う金券ショップであり、販売ができないものは取り扱わない点です。

Amazonギフト券はコードの登録をするまで実際に有効かどうかチェックできない仕組みになっていて、一度アカウントに登録すると転売自体もできないようになっています。

そのため、アクセスチケットではギフト券の価値のチェックや保証を行えず、買取だけでなく販売も行えないのです。

Amazonギフト券はコードを登録しないとギフト券が有効かわからない

Amazonギフト券には専用のコードがついていて、ギフトコードを登録するとAmazonアカウントにポイントが反映される仕組みになっています。

仕組み上第三者がコードが有効かどうかチェックできないのが特徴で、アクセスチケットが買取ができない理由にもなっているのです。

第三者がチェックできないようになっているのは、そもそもAmazon自体がギフト券の転売を認めていないためです。

簡単に換金ができる仕組みを作ってしまうと不正行為に利用される場合や、反社会勢力の資金洗浄の温床になってしまう可能性があります。

そのため、第三者がチェックしにくく、転売などもしにくいように設定しているのです。

アクセスチケットはAmazonギフト券を持ち込まれても、ギフト券が有効なものかチェックできる仕組みを持っていません。

また、買取ができたとしても実際に登録するまでは本当に有効かどうかの確認ができず、買取にも販売にもリスクを背負うことになります。

割安で買取できるようにしても不正行為でお金のみを取られる可能性も出てくるため買取自体を行っていないのです。

仮に買取した場合は別な商品を購入して販売するなど工夫が必要になる

仮にAmazonギフト券の買取をOKにした場合、アクセスギフト側の負担が非常に大きくなるのもポイントなります。

Amazonギフト券はAmazonでしか利用することができず、現金に換金することができない仕組みになっています。

そのため、アクセスギフトが現金化しようとするとAmazonで物を購入して転売するという形をとらざるを得なくなりますが、その場合の負担は非常に大きなものになってしまうのです。

金券ショップの運営から大きく外れた業務内容になってしまうため、事業の効率の問題で踏み出すことも難しいのです。

他の金券は使用期限や条件が明確になっている

アクセスチケットは換金性が高く、実用性が高いアイテムを売買することで利益を出す仕組みになっています。

確実に利用できることが使用期限などでわかるのがポイントです。

Amazonギフト券ではわからない額面や期限が簡単にチェックできるため売買のハードル自体も少ないのです。

Amazonギフト券はメールタイプなどもあり、情報が改ざんされる恐れがあります。

カードタイプのものではコードが利用できるかわからないという理由も含まれるため、額面などを鵜呑みにすることもできないのです。

Amazonギフト券は便利な分情報量が少なく取引が難しい面もあるのです。

扱うリスクが大きく、メリットがほとんどないことがAmazonギフト券が売買できない理由になります。

アクセスチケットで買取を依頼するのは諦めた方が良いのです。

アクセスチケット以外で買取してもらうなら買取サイトがオススメ!

アクセスチケット以外で買取してもらうなら買取サイトがオススメ!

アクセスチケットはAmazonギフト券の買取を行っていませんが、Amazonギフト買取の専門サイトは存在します。

Amazonギフト券以外の主要なギフト券の買取を行うなど、幅広い電子ギフト券の買取が可能なサイトも存在します。

これは通常の金券ショップとビジネスモデル自体が異なり、電子ギフト券を収益にかえるノウハウを持った業者があるためです。

買取り可能なギフト券の種類が多いため、ギフト券が余ったときなどに活用しやすくなっています。

需要があれば買取ショップが誕生しておかしくない

Amazonギフト券は非常に便利で世界でも主要な電子ギフト券として流通しています。

安く購入したい、高く売りたいと考える人も多く、売買する業者が生まれるだけの受容があります。

ギフト券がプレゼントされることも珍しくなくなっていて、使い道に困る人がいるのもポイントになります。

普段Amazonを使わない人や、遠隔地で通販の使い勝手が悪い人などは処分して現金にかえた方が使いやすい場合もあるからです。

Amazonギフト買取サイトはそういったニーズにこたえてくれるサイトです。買取のための仲介をするサイトも存在しますが、直接買取をしてくれるサイトもあります。

個人間の売買はトラブルに発展することも多いため、お店で買取ってくれる安心感が人気の理由にもなっています。

ビジネス構造自体が違うため、ギフトコードさえあれば買取をしてくれるサイトがあるのも魅力になっています。

Amazonギフト券買取サイトによって主要な買取ギフトが異なる

Amazonギフト権買取サイトの中には、大手ECサイトのギフト券やポイントの買取を行っているものも存在します。

買取りサイトによって収益構造が違うだけでなく、取り扱うギフト券にも幅があるのです。

Amazonギフト券の専門買取サイトでもメールタイプの買取を主要にするものや、その他のタイプの買取も可能なものなど特性が出てきます。

自分が持っているギフト券等にあわせて利用するサイトを使い分けるのも方法で、素早く現金を確保するための手段になる場合もあります。

営業時間や買取のスピードなどにも違いがあるため複数の買取サイトを比較するのもおすすめです。

換金率を重視する以外にも振込み速度を重視するといった選択肢も存在するからです。

Amazonギフト券買取サイトは違法じゃないの?

Amazonは換金目的のギフト券の購入や転売を禁止しています。

ただし、大手といってもあくまでAmazonは民間の企業であり、利用の規約と購入した側の権利は必ずしも合致しないことがあります。

実際にAmazonギフト券の売買を禁止するための明確な法律はないのです。

ただし、法律に気を使う人のために法律上の問題がないかを確認する買取サイトや、金券ショップと同じく古物買取の許可を取ることで対応しているサイトも存在します。

利用するのに安心感があることは重要な要素になるため、利用者に配慮して情報を積極的に提示しているサイトは多いのです。

不安がある場合は情報提示が多いサイトを利用するなど工夫をするのも方法です。

サイトごとに取引に対するポリシーも異なるため、より安心感があるサイトを選ぶのも方法になります。

買取り金額だけでなく信頼性や手間などでサイトを選ぶ人もいます。

複数のサイトが競争を行っているため、より自分好みなサイトを探すのも大切なポイントです。