クレカ現金化は錬金術じゃない!稼ぐのが目的ならカードで購入して転売しよう

クレカ現金化は錬金術じゃない!稼ぐのが目的ならカードで購入して転売しよう

あなたはクレジットカードを利用した現金化を行った事はありますでしょうか?

クレジットカードを使用して商品を購入し、現金を得ることによってお金を手にすることができることをクレジットカードの現金化と言います。

クレジットカードの現金化を行うことで、購入する金額に近い現金を手にすることができますので、非常にお金を多く得ることができた気分になります。

しかしながらそんな甘い事はなく、クレジットカードの現金化の行い方を間違えることによって、マイナスになってしまったり自分が損になってしまう可能性があります。

クレジットカードの現金化は錬金術ではありません。

そこで今回は、クレジットカードの現金化がなぜ錬金術ではないのかと言うことや、賢いクレジットカードの現金化の方法について考えていきたと思います。

【勘違いに注意】クレカ現金化は錬金術じゃありません

【勘違いに注意】クレカ現金化は錬金術じゃありません

クレジットカードの現金化は手軽に現金を手にすることが出来るように見えますし、場合によっては高額の現金を簡単に手にすることができるため錬金術に感じるかもしれませんが、そのような事は全くありません。

クレジットカードの現金化の利用方法を一歩でも間違えると大変なことになってしまいます。

クレジットカードを利用して現金を得ることに抵抗感がない方や、現金化を履き違えていると言う方もきっといらっしゃいますので、なぜそのように考えられるかと言うことについて具体例を挙げていきます。

基本的に還元率は100%になる事はない

例えば1万円の商品を購入したとしましょう。

クレジットカードの現金化を行う際は1万円分の商品をクレジットカードで購入したからといって1万円がそのまま現金で返ってくるわけではありません。

クレジットカード現金化を行う業者を利用したと言う具体例を上げた際には還元率が80%前後になる可能性もあります。

そうなるとクレジットカードのショッピング枠を10万円利用することで8万円現金を手にすることができますが、2万円を後日多く支払わなければならないことになります。

見えない現金と言うことで後々大きな利子として降りかかってきてしまうのです。

あくまでクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得ていると言う事象のみで、決して得をしていませんからその物事を履き違えないように注意しなければなりません。

単純にクレジットカードを使用したら現金を作る作り方は絶対的におすすめと言う事はないのです。

現金の感覚がバカになってしまう

こちらも仮にクレジットカードのショッピング枠が100万円あったとしましょう。

先程の会話の通り、100万円分の商品を購入し現金化を行った際には80万円が現金で手元に返ってくる計算となります。

この80万円と言う金額は皆さんにとってどのような金額になりますでしょうか?

月給20万円で働いている会社員の方がいらっしゃれば、4ヶ月分が手元に現金としてあると言うことになります。

しかしながらこの現金はどのような使い道があるのでしょうか?

基本的にこのようなクレジットカードの現金化を行うような方は金銭感覚がバカになっており、1ヵ月ももたずに80万円を使い切ってしまうこともあります。

本来であれば大金であるのにも関わらず、手元に多くの現金を持ってしまうと羽振りが良くなってしまったり、周りの方に大盤振る舞いをしてしまうことが人間の性です。

気づいた頃には手元に全然現金が残っていないと言うことも多々あります。

このようなクレジットカードを使用して現金化を行うと言うことによって、金銭感覚が狂ってしまったり、後々取り返しがつかないことになってしまうことがありますので注意が必要です。

後々の返済に大変苦労する

先程から申し上げている通り、クレジットカードを使用した現金化は錬金術ではありません。

クレジットカードの会社で呼ぶかもしれませんが、基本的にはクレジットカードを使用した翌月にはその使った金額分が請求されます。

1回払いであれば100万円使用した際には100万円の請求が来ますが、これが2回払い以上のクレジットカードの支払いであったり、リボルビング払いを利用していると言う形は長期的に返済を行っていかなければなりません。

その場合は100万円では済まない場合がほとんどです。

またその際に翌月クレジットカードを使用して多くの金額を捻出して返済をしたとしても、長期的な利息は大きく膨らんでしまいます。

クレジットカードの現金化を行って大金を手にしたいと言う方は長期的な予測を立てられることがないため、後々最悪なケースとなって自分に降りかかってきてしまいます。

錬金術と勘違いをしている方が将来的に大きな利息やクレジットカードの支払いの延滞金に悩んでしまう日が来てしまうかもしれません。

稼ぐのが目的ならクレジットカードで商品を購入して転売しよう

稼ぐのが目的ならクレジットカードで商品を購入して転売しよう

もし仮にクレジットカードを使用して購入金額分以上の対価を得たいと言う方は、クレジットカード現金化を行うための考え方を変えなければいけません。

先程から申し上げている通り、単純にクレジットカードを使用して商品を購入し、現金化を行うだけでは絶対に収支はプラスにすることができません。

なので収支をプラスにするためには様々な工夫を行ったり、クレジットカードの考え方を変えなければなりません。

こちらでは、クレジットカードを使用して収支を得たいと言うことに対して考え方の一例をお話ししていきたいと思います。

安く購入して高く売れるものを探す

このことは商売の基本であり、収支を得るための基本的な考え方であると言えます。

最近ではクレジットカードを使用することができるお店が増えてきていますので、そのようなお店を探すことに苦労する事はないでしょう。

リサイクルショップやアンティークショップなどでは価値があるものが安く売られている場合もありますので、そのようなお店でクレジットカードを使用することができる場合には積極的にクレジットカードを使用しましょう。

そのクレジットカードで購入した商品の価値をしっかりとわかっているところで売却することによって、クレジットカードで商品を購入した差額分が収支となって返ってくるのです。

「商品を安く買って高く売る!」と言うことが商売の基本でありますので、そのようなクレジットカードを使用することができるリサイクルショップやアンティークショップなどを見つける事と、クレジットカードで購入した金額分以上の価値がある商品を探すと言うことをぜひ行ってみてください。

ポイント還元が高いクレジットカードを使用する

最近ではクレジットカードで商品を購入すると、その購入した金額に応じて様々なお店やサービスに利用することができるポイントが付与されることがあります。

その付与されるポイントの還元率が高いクレジットカードを選ぶことによって、お金を稼ぐと言うやり方が存在するのです。

基本的には一般的なポイントサービスを提供しているクレジットカードであると、100円で1ポイントの付与され、そのポイントは現金に交換したり金額分の商品と交換することができます。

クレジットカードで購入する商品が売却した際に同等の金額になるようであれば、そのポイント分が収支として計上されますのでそのポイント分を現金化したり、新たな商品を購入して現金化するとお金を稼ぐことが可能になります。

またサービスの組み合わせやイベントなどによって付与されるポイントが高くなり、ポイントサービスを提供している会社によっては20倍近くのポイントを付与してくれる事もあります。

クレジットカードで商品を購入して転売をしてお金を稼ぐのであれば、積極的にそのようなポイント還元率が高いクレジットカード会社を利用すると言うことを考えなければならないでしょう。

今すぐに価値がないものでもクレジットカードで先物投資

最短でクレジットカードで商品を購入し、購入した商品以上の金額を現金で手にして稼ぎたいと思っている方でなければ、長期的な収入を見越してクレジットカードを使用して将来的に価値が高くなりそうなものを購入しておくと言うことも1つの手です。

トレーディングカードなどを例にとって説明をすると、トレーディングカードが新発売されたての際にはそこまで価値がないとされていたカードでも、時代が変わってそのトレーディングカードが絶版された際に大きく価値が上がります。

その価値が大きく上がったタイミングでトレーディングカードを売却することによって、大幅な稼ぎを叩き出すことができます。

なかなか手元に大金を保有していないと言う形になった際に、クレジットカードでトレーディングカードを購入すると言った作戦をとると良いでしょう。

結果的にクレジットカードで商品を購入して転売することによって、稼ぐことができると言う例として挙げられます。先程から申し上げている通り、クレジットカードで現金化を行うことが錬金術ではありません。

使い方や考え方を間違えてしまうと大きな損失を出してしまうことがありますので、ぜひ今回述べたことを参考にしながら自分で試行錯誤を行い、クレジットカードの現金化で現金を稼ぎ出してみてはいかがでしょうか?