クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

クレジットカードのショッピング保険とは?概要・条件・注意点を解説!

クレジットカードのショッピング保険とは?概要・条件・注意点を解説!

クレジットカードを利用する上で、最近話題になっているのがショッピング保険です。

ショッピング保険について、耳にした事はあるがどの様な内容なのか分からないと言った方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方の為にショッピング保険の概要や、どうやってショッピング保険の条件、ショッピング保険に加入する上で注意点やデメリット面などを説明します。

もし、クレジットカードを利用する方で興味のある方がおられたら是非、チェックしてみてください。

クレジットカードのショッピング保険とは?概要や条件など

クレジットカードのショッピング保険とは?概要や条件など

まず、クレジットカードのショッピング保険についてどの様な内容なのか、その概要や加入への条件などを説明します。

ショッピングを行う上でクレジットカードを利用される方が増えているそうです。

クレジットカードは使っているが、ショッピング保管が何なのか不明な方の為に詳しく解説したいと思います。

保険なので、加入しておいて損することは有りませんし、万が一の時の為に役立つ便利なツールになります。

ぜひ、この記事をチェックしてショッピング保険についてしってみてください。

ショッピング保険とは

まず、ショッピング保険について概要を説明します。

ショッピング保険とは、クレジットカードで商品を購入した際に商品が壊れてしまったり、盗まれたりした場合その損害を保証してくれるサービスの事を指します。

クレジットカード会社の保険内容によって、破損の場合で保証してくれる金額が変わるらしいですが、損失額を全て負担してくれるクレジットカードの会社もあるようです。

また、クレジットカードのグレードによって保証内容が変わるケースもあるようです。

ショッピング保険は、加入して付与するタイプのモノもありますが、ほとんどのものがクレジットカードに自動的についているケースが多いです。

事前にお金を払っていなくても、商品を破損したり、した際に申請をすれば金額が返ってくるケースがあるので、商品が壊れて困っている場合は、一度クレジットカードのお客様センターに相談してみることをオススメします。

ショッピング保険はクレジットカードに予め付帯されているケースが多い

先ほど、ショッピング保険に関してクレジットカードにもともと付帯しているケースが多いと説明しましたが、具体的にどの様なケースが多いのかを説明します。

一番多いパターンが、年会費を払ってクレジットカードを契約しているケースです。

年会費を払っている場合は、手厚いサービスを提供してくれる事が多く、指定のお店で商品を購入するとサービスでポイントがついたり、ホテルが安く泊まれたりとサービスが多いケースがあります。

そのサービスの中にショッピング保証が含まれていて、商品保証をしてくれます。

これは、加入しているクレジットカードのランクに比例するケースもあり、ゴールドカードやプラチナカードなどランクが高くなればなるほどその効果が手厚くなると言われています。

もし、クレジットカードを多く利用し、何か保証をつけてほしいのであれば高いランクのカードを契約することをオススメします。

海外での買い物の際はおすすめ

ショッピング保険について一番おすすめしたいのが、海外にいって買い物をすることが多い方です。

海外では、キャッシュレスの場合が多くクレジットカードが使える場所が多いです。

海外の場所にもよりますが、モノを盗まれたり、モノが壊れてしまったりとするケースがあるそうです。

現金支払いをした場合責任は全て購入者がもつこととなるので、それを考慮すると事前にある程度保証してくれるショッピング保険を適用できるクレジットカードを利用することをオススメします。

場合によれば、リボ払いをしていないと保証をしてくれないケースもあるようです。

クレジットカード会社によって適応される条件が設定されているので予めしっかりと内容を呼んでおいて、海外で利用するようにしましょう。

どちらにせよ、沢山現金を持って移動しているところを狙われるケースもあるので、クレジットカードを利用することをオススメします。

クレジットカードのショッピング保険の注意点

クレジットカードのショッピング保険の注意点

クレジットカードに付帯されているショッピング保険について概要を解説しました。

概要の説明の際には、買い物をした際に、クレジットカードを利用していればカードによれば商品を紛失、破損した場合などで保証をしてくれると説明しましたが、もちろんデメリット面もあります。

クレジットカードのショッピング保険について注意すべきポイントやデメリット面などを説明しますので、買い物の際にショッピング保険を活用しようと考えている方は参考にして下さい。

すべてのクレジットカードに付帯しているわけではない

まず、一つ目の注意ポイントですが、ショッピング保険は全てのクレジットカードに適用されているサービスではありません。

先ほどの概要の説明では、ショッピング保険は毎月の支払などを行う生命保険などと違い、事前にお金を支払っていなくても保証して貰えるケースがあると説明しました。

これだけ聞けば、かなり素晴らしいサービスですが、ショッピング保険が適応されているクレジットカードは、無料で作れるクレジットカードなどではなく、年会費などすこしお金を支払って契約しないといけないクレジットカードのケースが多いです。

そのため、よく利用規約を呼んでいない方で、勘違いしてショッピング保険が付いている物だと思い、破損した商品を問い合わせてみて、保険がついていなかったというケースもかなり多いようです。

できれば、事前に規約をよんでショッピング保険が付帯されているのかどうかチェックするようにしてください。

発生したトラブルの内容によって保証する内容も変わる

つづいて、保証内容についてです。

破損などで商品が壊れてしまった場合に保証してくれるのがショッピング保険ですが、その破損内容や、紛失内容によっては保証して貰えないケースもあります。

たとえば、破損のケースで言えば、購入者の責任での原因がかなり高いケースです。つまりわざと商品を壊したりすると保証してもらえません。

故意に商品を壊して、それを申請して、お金を取ろうと考える方もおられるので、そのあたりは商品がどの様に壊れたのかなど徹底してリサーチがかかります。

他には、保管条件が悪く、商品が破損してしまったケースで有ったり、自分の誤った操作で壊してしまったりと、破損の場合によっては保証が効かないケースが多いようです。

この辺りも加入したクレジットカード会社の規約内容に左右されるので、もし不安な方は手厚いショッピング保証を行ってくれるクレジットカードと契約を結ぶようにしましょう。

保証の起源はクレジットカード会社によって決まっている

商品の破損や、紛失によるショッピング保証の適応期間ですが、もちろんある程度適応する保証期間が決まっています。

たとえば、UFJニコスVIASOカードでは、購入日から90日、アメリカンエキスプレスカードで有れば購入日から120日などある程度期間が限定されています。

もし、保証期間を過ぎてしまった場合、商品が壊れてしまっても保証して貰えないケースもあります。

また、商品によってショッピング保険が該当するケースがあったり、保証してくれる値段が決まっていたりと、知らないと勘違いするような内容の規定があったりします。

クレジットカードの会社によってこの内容も違うので、規定書をしっかりとチェックして、予め知っておくようにしましょう。

とくに電化製品は保証機関などが厳しいケースが多いようです。

電化製品は、もともと製品自体に保証が付いている場合もありますが、注意しておきましょう。