クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

クレジットカードの審査に落ちる主な理由と審査に通るための対処法

クレジットカードの審査に落ちる主な理由と審査に通るための対処法

普段は現金派という人でも、いざというときにクレジットカードを持っていないと不便なときがありますよね。

しかしクレジットカードは誰でもすぐに持てるというものでもありません。

そこで、クレジットカードの審査について書いていきます。

審査に落ちる主な理由、落ちたあとの対処方法を紹介していきます。

コツを知っていれば審査に通りやすくもなるので、万が一審査を落ちてしまった人も目を通すようにしてください。

一度審査に落ちても、その後に審査に通ることもできますよ。

クレジットカードの審査に落ちる主な理由とは?

クレジットカードの審査に落ちる主な理由とは?

クレジットカードがあれば、その場で現金をもっていなくても支払いをすることができます。

つまりクレジットカードとは、現金と同じような価値があるのです。

そのため信用問題や収入の面で審査に引っ掛かってしまうというケースが多くなっています。

その他にも審査の記入漏れ、在籍確認ができなかったなどの理由で落ちることもありますが、ほとんどの場合は信用と収入です。

クレジットカードは価値のあるものなのでこればかりは仕方がないですから、具体的にどんな理由で落ちるのか書いていきますね。

返済能力が低いと判断されると審査に落ちやすい

クレジットカードの支払いは後払いです。

その場では現金は必要ありませんから、後で月ごとにまとまった料金を支払うことになります。

いったんクレジット決済カード会社が立て替えるという仕組みですね。

そのため、返済能力が低いと判断されると審査に落ちやすくなります。

簡単にいうと収入の問題です。

学生である、主婦である、パートである、非正規雇用であるなど、収入に問題があると判断されると審査は通りにくくなります。

また、いくら正社員であっても収入自体が少ないという理由で審査に通らないこともあります。

クレジットカード会社によって「いくらから収入が少ないのか」という判断は違いますし、金額も明記されていません。

審査に落ちたからといって必ずしも収入が少ないというわけではありませんが、収入が多い方が審査に通りやすいのは事実です。

返済ができないとなるとクレジットカード会社も困るため、しっかり返済をできる収入がある人しか審査に通らないようになっているのです。

金融事故情報があると審査に落ちやすい

金融事故情報とは、その人の金融に関する事故情報のことです。

簡単にいうと、ブラックリストに載っている、延滞した過去がある、借金があるなどのことですね。

クレジットカードは信用問題です。

支払いができないなどのマイナス情報は金融機関にて情報共有されるようになっていますから、そういった事故情報があれば当然審査に通りにくくなります。

事故情報といっても程度がありますから、中には審査に通る場合もあります。

そういった情報と収入、信用性などを総合的にみて審査しているのです。

ブラックリストに載っていると高い確率で審査に落ちることでしょう。

延滞は3ヶ月以内であれば記載はされませんが、3ヶ月以上の延滞があると事故情報をして情報にのってしまいます。

3ヶ月以内であれば自己情報に載ることはありませんから、事故情報に全く覚えがないのであれば他の理由で審査に落ちていると考えられますよ。

また、借金や自己破産など、金融事故情報があればこちらも審査に落ちると考えておきましょう。

信用が足りないと判断されると審査に落ちやすい

クレジットカードの審査に落ちる人の大半は、収入と信用問題です。

しかし生写真、なおかつ一定の収入があるという場合でも審査に落ちることがあります。

例えば初めてのクレジットカードである、勤続年数が少ない、安定性がないなどです。

今までクレジットカードを使ったことがない場合、きちんと支払いをしてきたという記録がないため審査に通りにくくなることがあります。

勤続年数が短いとこの先仕事を辞める可能性も高くなりますから、年数が短いことで落ちることもあります。

勤続年数はシビアに見られるため、会社を辞める前にクレジットカードの申請をする人も多いですよ。

そして仕事の安定性も大事です。

例えば公務員であれば安定性がありますし倒産することも考えられません。

しかし安定性がなく倒産する可能性がある場合、フリーで活動している場合、芸能などの人気商売などは審査に通りにくくなるのです。

カード申請をしても本人の背景までは分かりませんから、こういった情報から信用を判断し、審査を行っていくのです。

クレジットカードの審査に落ちた際の対処法

クレジットカードの審査に落ちた際の対処法

クレジットカードの審査は、審査を受ける側には詳しく公表されません。

審査落ちしてもその理由は本人に伝えられませんから、その後はどうしたら良いのか分からなくなりますよね。

しかし審査に落ちたからといって、今後クレジットカードが持てないというわけではないのです。

うまく対処すればその後の審査に受かることもありますから、対処方法を知っておきましょう。

クレジットカードを持てるまでに時間がかかる場合もありますが、焦らずにゆっくりと対処してくださいね。

別のクレジットカードに申請をする

まずは別のクレジットカードに申請をする方法です。

学生であれば学生専用のクレジットカードに申し込むこともできますし、収入が少なくても申し込めるカードもあります。

またはどうしても収入が足りないようであれば家族カードを申請するという手もあります。

家族カードは「親」となる人が申し込みをする必要がありますから、相談して必要に応じて申請するようにしましょう。

また家族カードや学生カードではなくても、カード会社を変えれば審査に通ることもあります。

カード会社やカードの種類によって審査の基準も異なりますから、A社で落ちたからといってB社でも落ちるとは限りません。

もちろん落ちる可能性もありますが、1社から審査が落ちたと通知があればもう1社くらいは試してみるようにしましょう。

ただし、面倒だからと同時に数社申し込みをすることは止めておきましょう。

多重申し込みは審査に落ちやすくなるので、通知があったあとに申請していくようにしてください。

何かしらの問題がある場合は時間をおいてから再度申請する

カード審査に落ちたということは何かしらの問題があるということです。

全く身に覚えがなくて審査に落ち、その後他のカード会社ですんなり審査に通ったというケースもありますが、何かしら問題があるときは少し時間をおくようにしましょう。

例えば過去に支払いの延滞を3ヶ月以上してしまった場合、事故情報として残ります。

自己破産も同様に記録されますが、その記録はずっと残っているわけではありません。

記録されている日数は機関にもよります。

3ヶ月以上の延滞であれば契約終了から1~5年、自己破産であれば決定日から5~10年で記録が消えます。

そういったことに覚えがあるのであれば、その期間が経ってから申請するようにしましょう。

金融事故情報はインターネットや郵送で自分でも調べることができますから、記載されているかどうかチェックしてからの方が確実です。

また、カード会社に申し込みをしたという記録は6ヶ月残ります。

「1ヶ月前に申請して他社で落ちている」となると信用性が低くなるため、6ヶ月は空けてから申請することをおすすめします。

キャッシング枠の申し込みをしない

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠とは買い物に使える枠、キャッシング枠とは現金を借入する枠ですよ。

それぞれ限度額が決まっているので申し込み時に自分で設定することもできます。

しかし、キャッシング枠がついていると現金を借りることができるため、そのぶん審査も厳しくなります。

審査に通るかどうか心配な場合、審査に落ちたことがある場合は、キャッシング枠の申し込みはしないようにしておきましょう。

勤続年数がまだ短い、収入が少なめ、正規雇用でなないという人も、最初からゼロ円にして申請すると通りやすくなります。

キャッシング枠は後からでも申し込みをすることができます。

その機能がどうしても必要である場合であっても、まずは審査に通るために申し込みはしないでおきましょう。

カードが発行されてから延滞などもせずしっかり支払いをし、その後にキャッシング枠をつける申請をすると確実です。