クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の対処方法・確認方法・注意点

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の対処方法・確認方法・注意点

昨今多くの方が所持し、活用しているものといえばクレジットカードですね。

実店舗での支払いやインターネットショッピング、公共料金の支払と幅広いものに使用していることでしょう。

しかし、そんなクレジットカードの暗証番号を忘れてしまったなんて事になってしまうと、とても焦ってしまうものです。

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったとき、対処法や確認方法などを知っておくと安心ですので、注意点なども踏まえて見ていきましょう。

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の対処方法

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の対処方法

まずはクレジットカードの暗証番号を忘れた際、どのように対処したら良いのかについて見ていきます。

レジでの支払いでクレジットカードを使おうと思ったとき、暗証番号がわからずに困ってしまったといった場合とても困ってしまうものですね。

そのようなときに活用できる対処法を知っておけば、レジであたふたせずに済むようになります。

カード会社によっては可能である対処法というものもあるため、それも合わせてチェックしておきましょう。

暗証番号ではなくサインにする

まず最も簡単に行うことができる対処法は、暗証番号ではなくサインにしてもらうという方法です。

一般的にレジでクレジットカードを用いて支払いを行うときというのは、たいてい専用の端末に暗証番号を打ち込むことになります。

しかし、実はこの方法でなければならないということはなく、一言お店の人に「サインでお願いします」というだけで暗証番号での照会からサインへ切り替えてもらうことができるのです。

これで暗証番号を忘れてしまったとしても無事に買い物を済ませることが可能となります。

しかし、この方法を使うにはひとつ注意が必要で、クレジットカードの裏に自身のサインがなければ使うことができないというデメリットがあります。

もともとクレジットカードの裏にはサインを書いておく必要があるため、デメリットといってしまうのは少し言い過ぎな気もしてしまいますが、意外とサインを忘れている方というのは少なくありません。

サイン決済をできるようにするという観点からはもちろん、盗難時など万が一の際に不正利用されないようにするといった点からも、きちんとクレジットカードの裏には自身のサインを書いておくようにしましょう。

スマートフォンを活用して確認するという対処法も

基本的には暗証番号決済ではなくサイン決済に切り替えることで難を逃れることができますが、中にはサインは受け付けていないというお店も残念ながらあります。

そのような場合にはスマートフォンを使った対処法というものもあります。

これは、楽天カードやMUFGカードなど支払いを管理することができるウェブサイトがあるクレジットカード限定になりますが、それらのカードを使用していた場合、サイトにログインすることですぐに調べることができます。

つまりスマートフォンを使って公式サイトを見れば、その場で暗証番号の確認ができるということになるわけです。

例えば、楽天カードの場合にはサイトにログイン後『暗証番号の照会』という文言があるため、その項目を開いてカード裏面のセキュリティコードを入力すれば調べることができるでしょう。

しかしこれらのカードを使っていたとしても、サイトへログインするためのパスワードなどを忘れてしまっていては元も子もありません。

メールアドレスなどがわかればその場でパスワードを再設定することも可能ですが、かなりの手間がかかります。

もしレジでそのようなことになってしまった場合には、時間がかかってお店の人やほかの利用者に迷惑がかかる恐れもあるため、なるべく事前に確認しておくことが必要です。

また、万が一クレジットカードが使えなかったときのために、クレジットカード一枚でなんとかするのではなく、現金や電子マネーなどを用意しておくというのもある意味対処法といえます。

最近では、停電などによって暗証番号云々ではなくクレジットカードが使えない状況に陥ることもあるため、災害時の備えとしても現金を用意しておくのがおすすめです。

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の確認方法と注意点

クレジットカードの暗証番号を忘れた際の確認方法と注意点

クレジットカードの暗証番号がわからなかったときの対処法はなんとなくわかったけれど、いつまでも忘れたままなのは困る、なんとか確認する方法はないかと考えることもあるでしょう。

クレジットカードの暗証番号を確認するにはいくつかの方法があり、カード会社によっても異なるため、自分のカードにあった方法を知っておくことが必要となります。

注意しておきたいポイントなどもあるため、万が一に備えて知識として持っておくと安心です。

カード会社に問い合わせる

まず最もわかりやすい方法が、カード会社に直接問い合わせるという方法です。

問い合わせる方法は主に2つで、カスタマーサポートに電話をするか、ウェブサイトから申し込みをするかということになるでしょう。

ウェブサイトはともかくとして、電話であればその場ですぐに暗証番号を教えてもらえるのではないかと思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし残念ながらセキュリティの関係もあり、電話をしたからといってその場で教えてもらうことはできないのです。

そのため支払いをしたい場所など出先でかけるより、自宅など落ち着いた環境でかけるようにしましょう。

電話やウェブサイトで暗証番号照会申し込みをすると、1週間ないし2週間程度で自宅、あるいはカード作成時に登録した住所に届きます。

再び照会するはめにならないよう、きちんと保管しておきましょう。

セゾンカードなど専門のカウンターが存在するカードであれば、そのカウンターを訪ねることでその場で暗証番号を確認することができる場合があります。

もし近場にカード会社のカウンターがあれば、そちらに出向いて確認したほうが早いということも考えられるため、一度確認してみるのも良いでしょう。

カードがロックされないように注意

クレジットカードで支払いをしようと思ったとき、うっかり暗証番号を忘れてしまうとつい闇雲に打ち込んでしまいたくなってしまうものです。

あの番号だったかな、いやこっちだったかなと、なんとなく頭に浮かぶ数字を手当り次第試してみたくなるでしょう。

しかし、クレジットカードというのは正式に公表されてはいないものの、基本的にすべてのカードにおいて暗証番号の打ち込み回数制限を設けています。

平均して3回程度間違ってしまうとクレジットカードがロックされてしまい、カード会社に問い合わせなければならないという事態に発展してしまうこともあるでしょう。

そうならないために、1、2回程度試してみてダメそうであれば一度入力するのをやめて現金での支払いに切り替えましょう。

ちなみに、サインでの支払いであればクレジットカードがロックされてしまっても決済が可能です。

そのため、万が一ロックがかかってしまったけれども持ち合わせもないというときには、サインを使って支払いをするようにするというちょっとした裏技のようなものもあります。

しかし、サインでの支払いは暗証番号よりもセキュリティが弱いというデメリットがあるため、サインで支払えるからいいやと思わず、きちんとカード会社に連絡するようにしましょう。

改めて自宅を探してみるというのもある意味確認方法

ここまでカード会社に問い合わせるのが一番の確認方法というお話をしてきましたが、改めて自宅を探してみるというのもある意味では確認方法の一つとなります。

というのもクレジットカードが自宅に届いたとき、一緒に暗証番号通知書というものが同封されていたはずです。

それを見ればわざわざクレジットカード会社に連絡をしなくても確認することができるのです。

書類を処分してしまったというのであれば問い合わせるほかありませんが、どこかへ保管しているというのであれば、一度落ち着いて自宅を探してみるのも良いでしょう。