クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

クレジットカードの現金化は「底辺」のすること?返済の見込みがあれば大丈夫

クレジットカードの現金化は「底辺」のすること?返済の見込みがあれば大丈夫

クレジットカードを現金化するという手段に、あまりいいイメージを持っていないというかたが少なくありません。

しかし、実際のところはよほどお金に困っているいわゆる「底辺」のみが行う手段とは限らないというのが現状です。

昨今では、誰にも知られることなく利用できる体制も整っていることから、手軽に現金を作る方法として浸透しつつあります。

知らないだけで、身近にいるかたがこの方法を活用していても全く不思議ではありません。

クレジットカードの現金化は「底辺」のすること?

クレジットカードの現金化は「底辺」のすること?

少なくとも、クレジットカードを使った現金化はクレジットカードのシステムができた当初からその歴史を共にしています。

インターネットの普及により1990年代からさらに現金化を取り扱う業者が増え、今に至る次第です。

ポイントになるのは、金融業者からの借入とはまったく異なる手段という点になります。

借金に該当せず、あくまでも自身の所持しているクレジットカードから現金を作る方法です。怪しげな業者から借入を行うよりも、安心してお金を用意できるというのが魅力になります。

自身の名義のカードさえあれば利用可能な手軽さ

まず、クレジットカードの現金化は自身の名義で、かつショッピング枠に利用金額が残っていれば誰でもその枠を利用して現金に換えることが可能です。

クレジットカードを使って買物をした商品を再び売ることで現金に換える買取方式、業者を通してキャッシュバックサービスを受けることで現金化するキャッシュバック方式などがあり、いずれもあくまでもクレジットカードで支払いをするという一般的な買物行為で現金を手にできます。

 

消費者金融業者から借入をする場合には、総量規制により年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

また、返済能力があるか審査も必要です。

一方のクレジットカード現金化は借入ではないため、こうした規制の対象外となり、返済のために高い金利がつくこともないというメリットがあります。

ショッピング枠に残っているお金を売買やキャッシュバックの利用で現金に換えるだけですから、借入に抵抗があるかたでも利用しやすく、誰にとっても身近な方法です。

現在の法律では明確に違法性を示すものではない

一方で、クレジットカードの現金化に少なからず悪い印象が持たれているのは、違法行為ではないかと疑われている点が大きくなります。

底辺が現金を作るために利用するというイメージですが、実際のところは合法的に営業を行っている現金化業者が多数あり、利用者側でこれまで現金化行為による逮捕者も出ていません。

現在の法律から見れば現金化を規制するものがないことも安心感に繋がります。ただし、クレジットカード会社側からすれば、明確にカード規約に違反する行為です。

このため、クレジットカード現金化はグレーゾーンという表現がよく用いられています。

法的な観点から見ればお咎めはありませんが、現金化利用が発覚するとカードの利用停止、強制退会といったリスクがあることを理解した上で行う必要があるということは。覚えておかなければなりません。

方法を間違わなければ安全に利用が可能

クレジットカードの現金化は個人でも行えますが、特に気をつけておきたいのが現金化業者を利用する場合の選定方法です。

昨今、需要の高まりもあって数多くの現金化利用者がいます。

今や、気軽にお金を作るために内緒で簡単に申し込みができることもあり、底辺が行うどころか、一般的な学生からサラリーマンまで多くのかた実践している手段です。

そうでなければ、これほど現金化業者は増えません。

ただし、増えたからこそ優良業者から怪しげな業者までピンからキリまで存在しています。

安全に取引をするためにも、トラブルに巻き込まれて法を犯さないためにも、信頼できる業者を慎重に選ぶことが大切です。

これまで摘発されることなく、長年営業してきた実績のある業者で取引をすることをおすすめします。

支払日にしっかりと返済できる見込みがあれば問題はない!

支払日にしっかりと返済できる見込みがあれば問題はない!

クレジットカードの現金化は、現金を作るために支払いにクレジットカードを指定するだけと非常に手軽です。

そして、その手にしたお金は元々自身のクレジットカードのショッピング枠内にあったものです。

つまり、使った分のお金の返済先はあくまでもカード会社であり、返済期日までに引き落とし口座に現金を用意しておかなければならなくなります。

借金とは全く異なる仕組みであることがわかりやすいでしょう。ですが、計画的な利用が求められているという点では、借金と同様です。

簡単に言えば自身のクレジットカードからの現金前借り行為

クレジットカード現金化は、支払い時から実際に引き落としされるまでにタイムラグが発生するという点を利用した手段です。

たとえ指定している引き落とし口座に全くお金がない状態でも、ショッピング枠が限度額さえ超えていなければ、口座にある以上の金額を支払いに充てることができてしまいます。

1万円しか口座になくても、10万円分のショッピング枠が残っていれば10万円使えてしまうのです。

ですが、もちろん後からやってくる引き落とし日までに、クレジットカードで支払った分のお金をカード会社に返済するため、お金を用意しておかなければなりません。

明確に借金をしたわけではありませんが、自身のクレジットカードから前借りをしていることになります。

カード会社への支払い義務を果たすため、必ず引き落とし日までにお金を口座に振り込んでおけるように、よく考えて利用をする必要があるのです。

クレジットカードの支払い期限は1日でも遅れたらダメ

特に気をつけておきたいのが、クレジットカードの支払期限はかなりシビアであるという点です。

基本的に1日でも遅れてしまったら延滞扱いとなってしまい、すぐにカード会社から督促の連絡が入ります。

即時対応をして振り込みが完了すれば大事には至りませんが、返済額にプラスして遅延金が発生してしまうため、くれぐれも使いすぎには注意しておかなければなりません。

当然ですが、調子に乗って現金化のためにショッピング枠を限界まで利用してしまい、返済が困難になる事態は避ける必要があります。

督促に応じなければ裁判沙汰になることもありますし、それでも返済が不可能であれば差押さえにまで発展しかねません。

実際、現金化を多用して債務整理や自己破産に追い込まれたケースは珍しくないため、計画的な利用が何よりも大切になります。

お金をきちんと用意できれば問題なし

逆に言えば、クレジットカード現金化の利用を検討する際に、しっかり返済のことまで考えた上で利用額を決めておけば、どなたでも手軽に現金を手にすることができるということです。

底辺が利用するというイメージこそ先行していますが、クレジットカードを持っている誰もが行える身近な手段ですから、自身が責任を持ってお金をやり繰りできる範囲であれば、問題なく活用していくことができます。

実際、クレジットカード現金化という行為を意識していなくても、カード支払いで購入したものを中古品として売りに出して現金を手にした経験があるかたも少なくないでしょう。

これは、いわゆる買取方式と同じ仕組みです。

くれぐれも支払日に間に合うように、用意できる現金内で現金化し、滞納をしないように注意をしながらいざという時の手段として利用していくことをおすすめします。