クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

クレジットカードを強制解約されてしまう条件と対策法

クレジットカードを強制解約されてしまう条件と対策法

買物や公共料金の支払いなど、さまざまな利用用途がある生活に欠かせないクレジットカード。

そんなクレジットカードが何らかの理由で突然使えなくなってしまったら、その不便さを想像するのはそう難しくないでしょう。

ですが、クレジットカードは審査を通り手にした後、どんな状況でも所有者の自由に使い続けられるというものではありません。

常にカードの使用状況を確認されていますし、カード会社が契約者として相応しくないと判断すれば、強制解約を実施することがあります。

クレジットカードを強制解約されてしまう条件

クレジットカードを強制解約されてしまう条件

まず、基本的にカード会社の利用規約に則ってクレジットカードを使い、指定されている引き落とし日にしっかりと支払いを行っているかたであれば、突然強制解約させられてしまうということはほぼありません。

カード会社が利用者に対して強制解約、退会を通告するまでにはそこに至るまでのプロセスがあり、カード会社にとって取り引きをやめる正当な理由が存在しています。

特に、クレジットカードの現金化を検討しているかたは、その点を肝に銘じておかなければなりません。

契約者本人によるクレジットカードの不正利用が発覚した場合

クレジットカードは限度額以内であれば、どんなものでも買物に利用することが可能です。

しかし、あくまでもそれはカード会社の利用規約に沿った場合になります。

商品を購入する、サービスを受けるといった、許可されている目的以外でクレジットカードを使ったことが発覚した場合、不正利用を見なされて利用停止、強制解約の処置が取られます。

このケースで、特に気をつけておきたいのがクレジットカード現金化です。

現金化での利用は明確に禁止されていますから、不自然な決済履歴を怪しまれて現金化を行った動きを把握されれば、規約違反をしたという理由で強制退会となります。

いくら誤魔化していたつもりでも、クレジットカードの足跡を辿って発覚という流れになることが少なくありません。

クレジットカードの現金化は法律では取り締まられることはありませんが、くれぐれも注意をしてください。

支払期日までにカード代金を支払えずに通知も無視した場合

クレジットカードによる支払いは一定期間でまとめられ、期日に指定した口座から利用料金が引き落とされます。

支払いに必要な分のお金が用意できなかった場合、たとえ1日の後れでも延滞と見なされ、カードが利用停止となってしまう点には気をつけなければなりません。

とはいえ、速やかに対処を行って支払いを済ませれば、振り込みが確認された後に停止が解除されます。

しかし、度重なる督促に何の対策も行わずに滞納をし続けた場合にはその限りではありません。

悪質な契約違反とされ、最終的に利用した分の料金の一括請求及び、強制解約が通告されます。

延滞後、即日強制解約となるようなことはありません。

少なくとも、この間に何度も手紙や電話などで督促が行われ、解約の判断が下されるまでには3ヶ月ほどの猶予があります。

クレジットカード現金化は気軽に手続きできるのが魅力ですが、検討している場合にはこうしたことにならないように、支払期限までに引き落とし口座に現金を用意できる範囲内で行うことが大切です。

クレジットカード契約者の信用状況が悪くなった場合

クレジットカードを規約を守って利用していたとしても、その他で個人信用情報機関に保有されている履歴に傷がつくような行為を行えば、今後、正当な取り引きを続けることを不安視されて強制解約となるケースもあります。

公共料金や携帯電話の支払いを延滞、滞納をし続けた、他のクレジットカードで現金化利用が発覚して退会させられた、こうした情報はクレジットカード会社や金融業者などで共有されており、ローンの申し込みや新しくクレジットカードを契約する際に行う審査などでも入念にチェックされるものです。

カード会社は審査時だけではなく、定期的に契約者の情報に目を通し、信用状況に変化がなかったかを確認しています。

もし何か気になる動きがあった場合、踏み倒しなどの被害に遭う可能性を考慮して退会させられることもありますので、信用を失うことがないように気をつけなければなりません。

クレジットカードを強制解約されないための対策法

クレジットカードを強制解約されないための対策法

少なくとも、カード会社のほうはよほどのことがない限り、強制解約、退会の判断をしません。

クレジットカードに通常とは異なる動きがあった場合には利用停止で様子見をし、その後、正常な動きに戻れば通常利用ができるように対処を行っています。

それでも強制解約が心配だという場合には、その「よほどのこと」に該当する行為を把握しておき、予め防止に努めておくことが大切です。

誠実な対応を心がけていれば、十分に避けることが可能になります。

現金化に利用したい場合には業者でキャッシュバック方式を選ぶ

クレジットカードの現金化利用がカード会社に発覚すれば、ほぼ確実に強制解約になってしまいますが、疑いのある動きをしなければ簡単にバレてしまうことはありません。

特に気をつけておきたいのが、業者を介さずに個人で行う買取方式による現金化です。

普段は買わないブランド品や家電品などの換金性の高い商品ばかりを大量に購入した場合、それが定期的に繰り返される場合などに怪しまれてしまいます。

もちろん、認めなければそれまでですが、少なくとも監視の目はこれまで以上に厳しくなることが避けられません。

こういった状況に陥らないためにも、現金化業者のキャッシュバック方式による手続きを選ぶのが賢明です。

クレジットカードには不自然にならない商品購入履歴が残るのみですから、そこから足がつく可能性が低くなります。

延滞をしてしまった場合には早めにカード会社にコンタクトを取る

お金を用意できる当てもないのにショッピング枠ギリギリまで買物をしてしまった、支払いが間々ならない額の現金化をしてしまった、そうした失敗で引き落とし日までに間に合わずに延滞をしそうだとわかった段階で、必ずカード会社に連絡をしてください。

無断で延滞をすることで支払いの意思がないものと判断されますし、カード会社から契約者への印象もかなり悪くなってしまいます。

滞納することになったものの、何とか支払いをする気持ちがあると理解をしてもらえれば、多くのカード会社で柔軟な対応をしてもらえます。

利用者からの連絡が遅れても、延滞後に来たカード会社からの通知にすぐに応じるだけでも心証が全く違うでしょう。

返済日を引き伸ばしてもらえたり、一括が無理であれば分割に変更してもらえますので、いざという時には早め早めを意識して、返済の意思があることを示してください。

支払いができさえすれば、強制解約には至りません。

クレジットカードの利用以外でも信用を落とさないように心がける

サービスを受けたり商品を購入した場合、正当な対価を支払わなければなりません。

期限が設けられていれば、必ずその期限を守る必要があります。

生活をしていれば、買物をする以外にも公共料金やインターネット料金、住宅や車のローンなど支払うべきものがたくさんありますから、払い忘れがないようにしっかりと金銭管理を行うことが大切です。

クレジットカードを所持している場合、カード会社は契約者のこうしたお金まわりの状況を常に確認しています。

クレジットカードを延滞なく支払っていくだけではなく、さまざまな面でトラブルを起こさないように、滞りなく支払いを続けられるように気をつけていかなければなりません。

万が一、強制解約となってしまったらブラックリストにも載ることになりますし、ますます信用に傷がついてしまいます。

普段から信用を損なわないように、決まりを守って支払いをしていきましょう。