クレジットカードを複数持つメリット|複数持つ前に知っておきたいこと

クレジットカードを複数持つメリット|複数持つ前に知っておきたいこと

クレジットカードを作るタイミングはさまざまですが、何かの特典をうけるために作ることになったり、海外旅行に行くことになって作ることにしたなど理由があります。

一枚しかもっていない人もいますが、複数枚持っている人もいて、人によってさまざまです。

ただ人によっては、お店のポイントカードやチャージできるカードなどカードが増えすぎてしまって、お財布がいっぱいになっている人もいます。

クレジットカードは複数枚もつメリットなどはあるのでしょうか。

クレジットカードを複数持つメリット

クレジットカードを複数持つメリット

クレジットカードは一枚だけでなく、複数枚持ってもよいことになっています。

カードで払うことに抵抗がない人は、財布にカードだけいれて置いて、小銭を持つことを控えて荷物を少なくする工夫をしている人もいます。

クレジットカードを複数枚持つメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

カードごとの特典がある

クレジットカードを持つと、カードを作ったことで何かの保険に一緒に入っていることになっていたり、別にお金を払うことがなくてもサービスを受けられることもあります。

また、カードを作るにあたって企業が協力しているものならその企業のサービスを受けることができるようになったり、ポイントをためてそのポイントで割引や買い物ができるような仕組みがあることがあります。

クレジットカードを使うような買い物は動く金額が大きくなることも多いことから、ポイントをためやすく、その恩恵を受けることが大きくなります。

各クレジットカードの特典やサービスは、入会するときの説明書に書いてあったり、作るときにお店の人から説明を受けることもありますので、カード会社のメリットはあらかじめ調べておくとよいです。

知らないでいると後から気づいて損をしていることになったり、ポイントの有効期限が切れてしまっていることもあります。

なくしたり破損したときの代用がすぐできる

クレジットカードを複数枚持つことのメリットは、一枚のカードを紛失したり破損しても、もう片方のカードをすぐに代用できることです。

カードを使わなくても現金がすぐにでるような金額ならよいのですが、出先や海外ですとカードがないこと自体にパニックになってしまって、非常に焦ることになります。

もう一枚あらかじめ用意されていれば、そのカードを使うだけですので、その場は回避できるようになります。

なくしものは落ち着いてさがしていると後から出てくることもありますし、ゆっくり探した後紛失したカードを止めることもできます。

カード自体は作るにあたって、身分証明書の証明や、印鑑や審査などすぐにできるものではありません。

ある程度新しいものを作るには時間がかかることになりますので、うっかりミスが多い人はもう一枚作っておいてもよいのかもしれないです。

クレジット会社に加盟しているお店の選択が増える

現金を持ち合わせていないときにカードをを使うという選択肢がありますが、加盟していない店舗ですと、せっかくクレジットカードを持っていても使えない可能性があります。

こういった場合、加盟している可能性を増やすにはクレジットカードを増やしていくしかありません。

カードで支払いを考えているときは、支払いをスムーズにスマートにしたいときもあり、高級レストランや海外でのショッピング、彼女とのデートなどカードがあるのに使えないということは、少し恥ずかしい思いをします。

現金を持ち合わせていないともっと恥ずかしい思いをしますので、心配性の人はカードを作っておいた方が良いです。

そのお店で持っているクレジットカードを使うことができるかは、お店のレジやホームページなどで確認できることがあります。

カード払いをあらかじめ考えている場合は、行ったお店で使うことができるか、あらかじめ調べておいた方が良いです。

必要ないクレジットカードを持ち歩くこともなくせますし、外出先への荷物を減らすことになります。

クレジットカードを複数持つ前に知っておきたいこと

クレジットカードを複数持つ前に知っておきたいこと

クレジットカードは複数枚持っても構わないカードとなります。

複数枚持つことで、知っておきたいこと理解しておきたいことなどはあるのでしょうか。

いざ持ってしまったあと失敗はしたくないですので、最初によく考えておくのが良いです。

年会費や月会費がかかるかどうか

クレジットカードには、継続して持つための年会費や月会費が別にかかることがあります。

これは、カードによっては最初だけキャンペーンをおこなっていて会費を免除されたり、初年度のみ無料などと謳っていることもありますので、本当にずっとお金がかからないか最初に確認しておくのが良いです。

作るのには無料でも会費は有料というパターンもありますので、だまされたような気分にならないためにも、継続したときの場合を調べて置いた方が良くなります。

月会費は引き落としになることもあり、ずっと引き落とされても気づかないことがあります。

会費自体は微々たるものでも、何回も繰り返し継続しているとお金は割とかかっていることもあります。

カードを作るときにこの点は注意しないといけません。

複数枚持つことになれば、すべて継続に優良なタイプですと複数枚分の会費がかかることになります。

複数枚管理できるかどうか

何か目的があってカードをつくるのではなく、カードを作ったから他の何かの割引ができるなどの特典を受けたいときにカードを作るときがあります。

その場ではカードを作ることに抵抗はないのですが、別の商品を買った後、カードのみはずっと継続されていきます。

そのような状態を何度も繰り返していると、意図していないカードが何枚も増えることになります。

カードが増えた状態でカードで買い物をすると、どのカードで買い物をしているのか、残高がわからなくなって混乱する場合があります。

パスワードも複数持つことになって、カードごとに変えていたら思い出すことができなくなって、便利なはずなのに逆に手間になっていることがあります。

このようにカードを複数枚持つことはその管理が難しくなることがあります。

本当にたくさん持つようになってしまうと、カードなくしたことに気づくことが遅れたり、そもそも何をなくしたか何を持っているかなどもわからなくなってくることもありますし、いざ使いたいときに残高に一円も入っていなかったということも考えられます。

使ってないカードは財布の形を壊しますし、自分が管理できる枚数かどうか踏まえたうえで、新しくカードを作ることが良いです。

一見便利なように感じますが、管理が自分でできないとなると単なる手間な存在になってしまいます。

特典ごとにカードを使い分けることもおすすめ

クレジットカードは何枚持っても構いません。

ただ枚数が増えすぎてしまうとその管理が大変になってしまいます。

どれを破棄してどれを残すかは、ついている特典で決めてもよいかもしれません。

本来のクレジットカードの役割を果たす以外に、カードを持つことでどんな特典をうけることができるかを良く判断することで、本当に必要なもののみを持ってそれ以外は省くことができるようになります。

ただ単に闇雲にカードを持ち合わせても、その意味を果たしてないことも多いです。

自分に合っている特典や実際に使いやすいかどうかなどを考えて、使わないものはなくしていく方向でも使いやすくなります。

カードにうまく付き合っていくと、カードの良い面のみ受けることができます。

       
       
\即日現金が欲しい方へ/
■プライムウォレット
換金率98%|振込時間10分
無料見積りをする