クレジットカード現金化に違法性はないがリスクが高い!理由や注意点を解説

クレジットカード現金化は違法ではないがリスクが高い!理由や注意点を解説

クレジットカード現金化は違法ではありません。

しかし、通常行わない方法で現金を手にする方法になるためリスクが高いのも事実です。

  • クレジットカード現金化がなぜ違法ではないのか
  • リスクはどんなものがあるのか
  • クレジットカード現金化以外に現金を手にする方法は?

このような疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

悪質な現金化業者の事例などもあわせて解説していきます。

クレジットカード現金化が違法ではないのはなぜ?

クレジットカード現金化が違法ではないのはなぜ?

クレジットカード現金化は一見お金を借りるような行為に似ており、キャッシング枠を使わないのは違法ではないかという見方もあります。

しかし、違法ではないという見方が一般的です。

まず、現金化業者の現金化の方法には以下の2通りがあります。

  • キャッシュバック式
  • 商品買取式

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

キャッシュバック式:あくまで商品購入のキャッシュバック

ある商品を購入すると、あとでお金がいくらか戻ってくるキャンペーンを聞いたことがあるのではないでしょうか。

こういったキャンペーンをキャッシュバックキャンペーンという名目で行われていることが少なくありません。

そういったことをクレジットカード現金化業者が行っているのです。

あくまで商品を買ってくれた見返りに、キャッシュバックという形で現金を振り込んでくれるという仕組みのため違法でないという見方です。

つまり、キャッシュバックキャンペーンをいつもやっているお店で、クレジット決済をしただけで違法性がないというのが理由になります。

商品買取式:商品を購入する業者と買取業者が違う

クレジットカードで商品を買って、別の買取業者が買い取ってくれるため違法ではないという理由です。

例えば、バッグをクレジットカードで決済して、デザインが気に入らないからとすぐに買取業者へ売ったという行為がこれに当たります。

ネット通販で、あるいは実店舗でクレジットカード決済によって商品を買い、たまたま近くにあった別業者やネットの買取業者が買い取ってお金を渡してくれたり、振り込んでくれるという仕組みです。

あくまで別の業者なので違法性はないというのが理由という考えになります。

クレジットカード現金化業者以外でも同じ手法を行っているところがある

上記で挙げた方法は、クレジットカード現金化業者以外でも行われています。

例えば、キャッシュバックはスマートフォンの購入による手法やキャッシュバックキャンペーンなどがありますし、三店方式はパチンコ店の現金化などで黙認されています。

違法性があれば、これらの手法を取る業者が摘発されるでしょう。

パチンコ店・景品交換所・景品問屋の3つの業者、および、パチンコ遊技者が特殊景品を経由することで、違法性を問われにくい形でパチンコ玉の現金化が行われる。

出典:三店方式 – Wikipedia

クレジットカード現金化業者でこれらのいずれかのルールで現金化を行っている場合も摘発されてはないのです。

他の業界でも行われている方法で摘発されてないため違法性はないのです。

クレジットカード現金化が違法であるという主張

クレジットカード現金化が違法であると言っている弁護士さんもいます。

業者側ではなく、利用者側のお話です。

問題点① 横領・詐欺行為となる

まず、クレジットカードで購入した商品は、代金が完済されるまでクレジット会社に所有権があり、これを転売することは、「横領罪」に該当する可能性があります。

また、現金化のためにクレジットカードで商品を購入する行為は、クレジットカード会社からお金を詐取する行為として、「詐欺罪」に該当する可能性があります。

現金化業者を利用することは、犯罪にもあたる違法な行為となります。

出典:松谷司法書士事務所

グレイゾーンだからこそ、「違法である」、「違法でない」どちらの見解も存在するのが現状です。

ただし、今の時点(2020年8月時点)で業者を通したクレジットカード現金化を行った利用者が逮捕されたという事例はありません。

クレジットカード現金化のリスクが高い理由

クレジットカード現金化のリスクが高い理由

違法性はないものの、クレジットカード現金化はとてもリスクが高いのです。

  • 自己破産できなくなる
  • クレジットカード会社が監視している
  • 詐欺や犯罪に巻き込まれる

このようなリスクがあることを知らないで現金化する人が多いです。

それぞれ解説していきます。

自己破産できなくなるリスク

クレジットカード現金化を利用すると自己破産できなくなります。

その理由は、クレジットカード現金化が不当な債務負担行為とみなされる可能性が高いからです。

自己破産は、裁判所から借金の免除の許可が認められる制度になります。

しかし、以下の様な条件の場合、不当な債務負担行為とみなされて裁判所は破産の許可を出さなくなるのです。

  • 高利で借金をするなど著しく不利益な条件で債務負担(闇金の利用)
  • クレジットカードで買った商品を安く売る行為(クレジットカード現金化)

自己破産をなんとか回避しようとクレジットカード現金化に手を出した結果、自己破産状態になったとします。

しかし、手続きを行おうとしてもクレジットカード現金化をしていると破産が認められなくなってしまうリスクがあるのです。

クレジットカード会社が監視しているリスク

クレジットカード会社は自己判断でクレジットカードの利用停止を行う権利があります。

基本的にクレジットカード現金化をクレジットカード会社は認めておらず、判明し次第利用停止の処分を行うのです。

そして、利用分の一括返済を求めることも可能になります。

クレジットカード会社は日夜各利用者の利用状況を監視しており、クレジットカード現金化と判断した瞬間、その利用者のカード利用を停止し、一括返済を要求するのです。

この監視に引っかかるリスクがあります。

詐欺や犯罪に巻き込まれるリスク

最後が詐欺や犯罪に巻き込まれるリスクです。

これは次の項目で具体例を紹介しますが、犯罪の温床になっているケースがあり、それに巻き込まれるリスクが存在するということを意味しています。

もちろん、純粋に商業活動としてクレジットカード現金化を行っているケースも少なくありません。

しかし、そういったケースだけなら良いものの、そうでないケースもあるのです。

そうでないでないケースに巻き込まれた場合はリスクでしかないのです。

悪質なクレジットカード現金化業者を利用した事例

悪質なクレジットカード現金化業者を利用した事例

悪質なクレジットカード現金化業者が存在します。

そういった業者を利用してしまうと先ほど触れた詐欺や犯罪に巻き込まれてしまうのです。

そんな業者を誤って利用した事例について紹介していきましょう。

クレジットカード情報が盗まれた事例

クレジットカード現金化業者を利用すると、当然クレジットカードの情報を提示する必要があります。

この時、クレジットカード現金化業者がスキミング行為などを行い、クレジットカード情報を盗んだという事例があります。

そして知らず知らずのうちに不正利用が行われ、現金化で利用した以上の金額が請求されるという事例です。

被害者もクレジットカードの不正被害を受けたことが分かり、会社に連絡してもクレジットカード現金化が発覚するリスクもあることから、なかなか連絡できないという面もあります。

お金が正しく振り込まれない

お金が振り込まれないという事例は多くみられます。

商品を買っても買取業者がいないといわれたり、決済だけ済んで現金が受け取れないということがあるのです。

つまり対価となるものが得られず使用したという履歴だけがついてしまいます。

これもクレジットカード会社に連絡しようにもクレジットカード現金化がばれてしまうので、被害を連絡できなかったというジレンマが起きた事例でもあります。

事前に利用するクレジットカード現金化業者をリサーチしておくことが大事ですが、換金率の高さに騙されて下手な業者を利用するとこういったケースに陥ることが多いのです。

換金率が不当に低い事例

クレジットカード現金化業者のホームページに書いている換金率よりも、かなり低い金額で振り込まれるという事例です。

例えば、換金率98%と書かれているのに実際は40%だったというようなことです。

サイトや店舗に表記された換金率とは、大幅にかけ離れた金額が振り込まれるということが少なくありません。

なので、クレジットカード現金化の際は信用できる業者を利用する必要があります。

悪質な現金化業者を利用すると、このようなトラブルに巻き込まれる可能性もありますが、もちろんこのような業者は取り締まられています。

クレジットカード現金化をする前にできること3選

クレジットカード現金化をする前にできること3選

最後にクレジットカード現金化をする前にできることとして、これ以外の方法で現金を手にする方法を3つ紹介していきます。

  • ものを売ること
  • 働くこと
  • お金を借りること

当たり前と思うかもしれませんが、今一度冷静に考えてみましょう。

具体的にどんなものか紹介していきましょう。

ものを売ってお金を手にする

一番確実なのが、手元にあるものを売ることです。

本でもゲームでも、あるいはバッグでもなんでも構いません。

最近はフリマアプリなどを利用すれば、意外なものがお金になることも多くあります。

そういった意味でクレジットカード現金化をする前にどんどん物を売ってお金にしていきましょう。

断捨離にもなります。

すぐお金が欲しい場合は、買取業者へ行けば即日現金を手渡ししてもらえますし、少しでも高く売りたい場合は自分でフリマアプリなどを利用するのが良いです。

日雇いのパートなどを利用して稼ぐ

日本は不況とはいうものの、募集している仕事はゼロではありません。

日雇いのパートも実はたくさんあります。

そのため一日時間が無くなりますが、日雇いのパートをして一日頑張ればある程度のお金を手にすることができます。

こういった方法を使って現金を何とか手にすることが可能なのです。

たしかに働けないというケースもあるかもしれません。

そういった場合は、今回紹介するほかの二つの手段を使って現金を手にすることをおすすめします。

行政や友人や家族から借りる

クレジットカード現金化をするくらいならお金を借りた方がマシです。

友人や家族も事情を話せば、お金を貸してくれるかもしれません。

そんなことはしたくないという場合は、行政に相談するという方法もあります。

事情を説明すれば、非常に低金利でお金を貸してくれますし、家族などの保証人を用意すれば金利ゼロでお金を貸してくれるのです。

クレジットカード現金化を行う前に、借りてみるという手段を取ってみるのも良いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化は最後の手段|リスクが高いことは忘れずに

クレジットカード現金化は最後の手段|リスクが高いことは忘れずに

クレジットカード現金化は違法ではない、そういった見解もあります。

しかし、クレジットカード現金化を行う上でリスクもあり、カードの利用停止や業者による詐欺のような案件にも引っかかってしまう危険性も少なくありません。

そういったリスクのある方法は最終手段にして、身の回りの物を売るといった他の手段を使って現金を手にすると言う方法を行うのがおすすめです。

もちろんこういったリスクを承知した上で、現金化業者を利用するなら問題ありません。

その際は、信頼できるクレジットカード現金化業者を利用するようにしましょう。

       
       
\即日現金が欲しい方へ/
■プライムウォレット
換金率98%|振込時間10分
無料見積りをする