クレカ現金化業者の「振込手数料」とは?業者によっては要らないところも

手数料と書かれた木の箱

クレジットカード現金化業者の中には、振込手数料を設定しているケースがあります。

振込手数料は、文字通り銀行への振込みにかかる費用で、振り込まれる金額がかわる原因になってしまいます。

換金率や還元率が高く設定されていても、振込手数料が高すぎると手元に入るお金が少なくなってしまうのです。
換金率が高ければ多少の料金がかかってもそれほど影響は出ませんが、小額の現金化の場合は大きな影響を受けます。

また、振込手数料を明記せず、換金時に手数料を求められるケースもあるため、事前に確認しないと危険なケースもあります。

振込手数料が無料と書かれている業者や、換金率の注意書きに手数料は〇%と表記されている業者を選ぶなど工夫をするのもおすすめです。

振込手数料が設定されている現金化業者は珍しくない

お金が入った袋と帽子がかかった小銭クレジット現金化業者の中には振込手数料を設定していて、振込時にお金がかかってしまう場合があります。

換金時には振込手数料が案内されず、振込まれて差額に驚くようなケースもあるのです。
特に注意が必要なのが振込手数料がサイトのトップページなどに記載されていないケースです。

無店舗型の業者は換金率などをTOPページに書くことが多く、その換金率の高さを競っています。

しかし、別のページに振込み手数料を記載することで見た目の換金率の高さを上積みし、実際に振込まれる金額とのギャップが生まれる場合があるのです。

振込手数料は高くても数百円程度のため、百万円単位など高額な現金化の場合はそれほど影響がない場合もあります。

しかし、1万円などの最低限の金額を現金化した場合は数%の金額の差が発生するため、イメージがずれる原因となりやすいのです。

振込手数料の有無や料金に業界標準がない

クレジットカード現金化業者は数多く、ネットを通じて現金化する無店舗型の業者が主流になっています。

しかし、振込手数料に対する明確な基準はないため、それぞれの業者が独自に設定しているのがポイントです。

大手のクレジットカード現金化業者の場合はイメージ低下を避けるために振込手数料をなしにすることは珍しくないものの、中小の業者の場合は独自に設定をしていることが多いのです。

換金率が突出して高い業者の場合は振込手数料がかからないかチェックするのも方法です。

トップページ以外に手数料が書かれていることも多い

注意したいのは振込み手数料を設定している業者はサイトのトップページ以外に数字を表記していることが多い点です。

サイトの情報を詳細にチェックして初めてわかるケースも珍しくなく、紛らわしく感じる人も多いのです。

現金化の流れや詳細をチェックする慎重さは大切で、見落としがあると思った以上に振込み額が少なかったという原因になります。

業者を比較すると数%高かったのに、振込み額を比較すると損をしたというケースもありえます。

振込み前に問い合わせで手数料を直接聞いてみるのも方法

笑顔でお問い合わせ対応をしているインカムを付けた女性振込手数料はサイトなどをチェックしてもわかり辛く、業者の比較で手間取る原因となることがあります。

現金化を急がないのであれば、実際に問い合わせて振込手数料がかからないか確認するのも方法で、トラブルを避けるために重要になってきます。

振込手数料以外の手数料がかかるか確認するのもおすすめです。
これは振込手数料以外にも各種手数料がかかってしまい、サイトの表記よりも大幅に換金率が下がることが珍しくないからです。

キャンペーンの適用の有無で還元率がずれることもあるため、実際に問い合わせることも大切になります。

相場や利用回数で手数料が変動するため、一度利用した業者でも振込み額がかわるケースもあります。

問い合わせをして初めて手数料がわかるケースは多い

クレジットカード現金化業者の多くは、問い合わせをして初めて本当の換金率や還元率がわかります。

振込み手数料意外にも各種手数料がかかることは珍しくなく、還元率や換金率の表記と大幅に金額がかわる場合もあります。

重要になるのは多くのクレジットカード現金化業者は商品の買取や、自社商品などの購入のキャッシュバックでお金を振り込んでいる点です。

一旦、購入という手順が必要になるため、消費税は利用者負担ということが多いのです。

消費税を差し引いた金額からサイトに表記された換金率が適用され、更に振込み手数料などがかかることも多いのです。

時間がある場合はメールや問い合わせフォームから問い合わせするのがおすすめ

クレジットカード現金化業者の手数料が気になる場合は、メールや問い合わせするのがおすすめです。

急ぐ場合は電話で確認する方が早くなりますが、複数の業者の比較をする場合は正確な手数料や振込み額を比較することが簡単になります。

同じ文面と金額で複数の業者に問い合わせをすれば、複数の問い合わせをする手間が省けます。

少しでも換金率にこだわるのであればおすすめの方法になります。

振込手数料のことだけを聞くと他の手数料を教えてもらえないケースがあるため、実際に振込まれる金額を聞くとギャップが減ります。

振込手数料がかからないと明記している業者も存在する

日当たりの良いところでPCで作業をしている女性クレジットカード現金化業者の中には振込手数料で発生する混乱を避けるため、振り込み金額を目安とした還元率などをトップページに明記している業者も存在します。

運営歴が長い業者や大手の業者などは、評判を重視するためトラブルの種自体を避ける傾向があります。

サイトページが1ページしかなく、そもそも振込み手数料などの隠しようがない構造の業者も存在します。
ただし、企業情報や所在地が確認できるかどうかが優良業者の分かれ目となる場合もあるため、判断の材料として活用するのが基本です。

換金率が高くてもトラブルが起これば精神的なストレスがかかることになるため、口コミのチェックとあわせて確認することも大切なのです。

トラブルを避けるために振込手数料無料と書く業者も存在する

振込手数料はトラブルの元になるため、表記をしないのがマイナスと考えるクレジットカード現金化業者も存在します。

運営歴が長いほど悪い評判が影響を与えるため、長期的な視点に立って振込手数料無料や、銀行への振込額をもとに還元率などを表記する場合があるのです。

誤解を避けるために手数料がかからないことを明記していることも珍しくなく、まずはトップページに表記があるかどうかをチェックすることでトラブルを避けられる場合もあります。

振込手数料無料と書いていない業者を避けるのも方法です。

手数料と合わせて企業情報を確認するのも方法

振込手数料の表記と合わせてチェックしたいのが企業情報です。

しっかりとした運営が行われているのであれば、会社の所在地や営業時間などの記載が充実しています。

中には弁護士事務所や法律事務所と提携していることを打ち出し、クリーンなイメージを打ち出そうとしている業者もあります。

還元率や換金率が高くてもトラブルにあえばマイナスになるため、業者の信頼性で依頼先を選ぶというのは一つの方法です。

設立年月日などから経営の安定性などがわかる場合もあるため、余裕がある場合はチェックしてみるのもおすすめです。

細かく見ると業者の問い合わせ先が携帯電話番号になっているなど、非常に規模が小さい業者も存在するのです。

以上、『クレカ現金化業者の「振込手数料」とは?業者選びは大切』というお話でした。