クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

【クレカを使用】コンビニで公共料金を支払う方法と注意点を解説!

【クレカを使用】コンビニで公共料金を支払う方法と注意点を解説!

クレジットカードの支払いは、チマチマと現金で支払わずにスマートに支払えますし、ポイントも貯まりますし、非常にお得です。

できれば、ありとあらゆるものをクレジットカード払いしたいところです。

そこで、普段コンビニで現金で支払ってる公共料金もクレジットカードで支払えたら嬉しいですよね。

ところが、コンビニでは公共料金をクレジットカードで支払えないという人もいます。

実は、コンビニで公共料金をクレジットカード払いするには、対応しているコンビニで正しい支払い方法をしなければ、公共料金のコンビニでのクレジットカード払いができないんです。

この記事では、コンビニでのクレジットカード払いについて詳しく解説します。

【クレカを使用】コンビニで公共料金を支払う方法

【クレカを使用】コンビニで公共料金を支払う方法

一昔前は、「コンビニでは公共料金のクレジットカード払いができない」という話を聞きました。

ところが、現代では「ファミリーマート」「セブンイレブン」「ミニストップ」の三店で公共料金のクレジットカード払いが可能となっています。

ファミリーマートで公共料金をクレジットカード払いする方法

ファミリーマートは、公共料金のクレジットカード払いに対応しているコンビニの一つです。

公共料金の支払いに使うコンビニ振替用紙と伴に、クレジットカードを提示すれば支払いが完了します。

ただし、使用するクレジットカードは「ファミマTカード」でなければなりません。

他のクレジットカードは対応していません。

ファミリーマートで公共料金をクレジットカード払いすると、ショッピングポイント(Tポイント)とクレジットカードポイントの二重取りができてお得なのですが、さらにお得にする支払い方法があります。

それは、毎週火曜日と土曜日にファミリーマートが行っている「カードの日」というキャンペーン日に支払うという方法。

カードの日には、公共料金をクレジットカードで支払うとクレジットカードポイントが二倍貯まるのでよりお得です。

セブンイレブンで公共料金をクレジットカードで支払う方法

セブンイレブンも、大きな枠で見ればクレジットカードで公共料金を支払えるコンビニですが、正確には“クレジットカードで電子マネーをチャージして電子マネーのnanacoで支払う”という形式になります。

コンビニ振替用紙と共に、nanacoの電子マネーで支払えば公共料金の支払いは完了です。

支払いはnanacoカードでも支払えますが、nanacoカードとクレジットカードが一帯になった「セブンカードプラス」があると便利です。

これ一枚で、セブンカードプラスのクレジット機能で、nanacoにお金をチャージすれば、200円のチャージごとに1nanacoポイントをもらえます。

ただし、よりお得に使いたい場合は以下のクレジットカードを入手してnanacoカードにチャージするのがおすすめ。

  • タカシマヤセゾンカード
  • リクルートカード

タカシマヤセゾンカードとリクルートカードは年会費が無料であるのに加え、タカシマヤセゾンカードはnanacoポイント還元率が1%という、セゾンカードプラスの倍の還元率となっています。

また、リクルートカードはさらに還元率が高い1.2%となっていて一番お得です。

ミニストップで公共料金をクレジットカードで支払う方法

ミニストップも大きな枠で見れば、クレジットカードで公共料金の支払いができるコンビニです。

つまり、セブンイレブンと同様にクレジットカードで電子マネーにチャージして支払う形式になります。

ミニストップの場合は、コンビニ振替用紙を用意して電子マネー“WAON”で精算すれば、支払い完了です。

ミニストップもセブンイレブンと同様に、クレジットカードと一体型のWAONがあります。

そのカードとは、「イオンカード(WAON一体型)」。

イオンカードで電子マネーのチャージをすれば、0.5%のWAONポイントがもらえます。

イオンカードには、“オートチャージ機能”があるから利用するとより便利に公共料金を支払えます。

WAONの残高が事前に設定した金額以下になると、イオンカードから自動的に事前に設定した金額をチャージしてくれます。

ただし、オートチャージ機能を利用するにはWAON公式サイトから「オートチャージ申請」という利用申請手続きをしておく必要があります。

【クレカを使用】コンビニで公共料金を支払う際の注意点

【クレカを使用】コンビニで公共料金を支払う際の注意点

コンビニでクレジットカードの公共料金を支払うと、電子マネーのチャージなどでポイントが貯まり、一昔前のように現金で支払う場合よりも非常にお得です。

しかし、そんな公共料金のコンビニでのクレジットカード払いにも注意点がいくつかあります。

ローソンなどは非対応

公共料金のコンビニでのクレジットカード払いの注意点の一つとして、ローソンなどは非対応であるという注意点があります。

コンビニでのクレジットカード払いが可能なのは、ファミリーマートとセブンイレブン、ミニストップの三店だけです。

ローソンやサークルKサンクスなど知名度抜群なコンビニであっても公共料金のクレジットカード払いは未だ対応していません。

実は、昔からコンビニが公共料金のクレジットカード払いに対応していないのには深い理由があります。

コンビニは公共料金の支払いを受け付けることで、“収納代行手数料”を受け取れます。

しかし、クレジットカード払いで公共料金の支払いを受け付けると、クレジットカード会社に“決算手数料”を支払わなければなりません。

この決算手数料が収納代行手数料よりも高いから、赤字になってしまうので、コンビニは公共料金のクレジットカード払いを受け付けていませんでした。

しかし、独自のクレジットカードを発行したファミリーマートなどは決算手数料を支払わなくてよくなったために、クレジットカードでの支払いが可能となりました。

クレジットカードが限定される

公共料金のコンビニでのクレジットカード払いをする際には、利用できるクレジットカードが限定されるという注意点もあります。

ファミリーマートの場合は、絶対に「ファミマTカード」で支払う必要があります。

他のクレジットカードでは、公共料金の支払いはできません。

ミニストップはクレジットカードで電子マネーWAONにチャージしてを支払う形式ですが、チャージ可能なカードはイオンカードなど、基本的にイオングループのカードに限定されます。

セブンイレブンも、クレジットカードから電子マネーnanacoにチャージして公共料金を支払う形式ですが、nanacoにチャージできるクレジットカードの種類は沢山あります。

しかし、ポイントが付与されるお得なクレジットカードの数は少なく、還元率が0.5%以上のクレジットカードはセブンカードプラス(還元率0.5%。同じ還元率は他10種類)、タカシマヤセゾンカード(還元率1.0%。※2)、リクルートカード(還元率1.2%)など本の一握りのカードしかありません。

つまり、セブンイレブンも利用できるクレジットカードが限定されるわけです。

※2.「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」「AOYAMA ライフマスターカード」も還元率が1.0%ですが、年会費が1,000円必要でお得さに欠けます。

クレジットカードカードの審査時間に注意

「ファミリTカード」「セブンカードプラス」「イオンカード(WAON一体型)」など、クレジットカードを新しく発行して公共料金をコンビニで支払う場合は、カードの審査時間に注意しましょう。

カードの審査時間は、早くとも申し込みから一週間程度はかかるので、公共料金支払期限のギリギリに利用申し込みをするとカードの発行が間に合わなくなります。