クレジットカード現金化【安全・優良店の口コミ】|業者55社+αを比較

   

Amazonギフト券のコード入力でエラーが出る時に考えられる理由と解決法

Amazonギフト券のコード入力でエラーが出る時に考えられる理由と解決法

Amazonギフト券のコード入力でエラーが出る際、どのようにすれば良いでしょうか?

この記事ではエラーがでる理由と解決法を解説していきます。

確認するべき点はそんなに多くありませんので、ぜひ参考にしてください。

Amazonギフト券のコード入力でエラーが出る理由と解決法を解説!

Amazonギフト券を利用する際には、ギフト券に記載してあるコードを入力する必要があります。

しかし、どうしても登録ができず結局利用を諦めてしまった、という人もいるのではないでしょうか。

その通りに入力しているにもかかわらず利用ができない理由は様々にあり、実際には単純な理由が原因ですぐに解決できてしまうものも多いのです。

中には、購入したばかりなのにすでに使用済みだったというケースも少なくありません。

ギフトコードの入力間違い

最も多いエラーの原因が、ギフトコードの入力間違いです。

記載してあるものをそのまま入力するだけなので、ミスしようがないと思っている人もいるかもしれません。

しかし実際には自分が入力したものは正しいと信じすぎてしまうあまり、入力ミスに気が付かないことが多いのです。

実際に入力したことがある人は分かるかもしれませんが、コードは16桁の数字とアルファベットから構成されています。

これがそれぞれ順番に構成されているのであれば間違えることも少ないのかもしれませんが、かなり入り混じっているため冷静に見てみるとミスをする可能性は捨てきれません。

中には、半角で入力しなければならないにもかかわらず、全角で入力していてそれに気が付かないという人も多いです。

解決法

入力をする際に半角になっているかどうかをしっかりと確認し、1つずつしっかり確認するようにしましょう。

 

特に、0(ゼロ)とO(オー)、l(エル)とI(アイ)などの様な似ているものに要注意です。

登録済のギフトコードを入力してしまっている

当然のことですが、ギフトコードを一度入力して利用してしまっているとそのコードは使用済みとなり2度と使うことはできません。

例えばコードを一つしか持っておらず、管理する枚数が少なければそこまで問題ないかもしれないのですが、実際にはギフト券を何枚も所有している人がいます。

そうなると、入力済みのコードとそうでないコードをが混ざり合った結果、自分では使用した記憶がなくてもすでに使用済みであるケースも少なくないのです。

解決法

Amazonアカウントで「残高・利用履歴」を確認しましょう。

 

過去に登録済みのギフトコードがあればそこに記載されていますので確認してみましょう。

ギフト券の有効期限切れ

Amazonギフト券には有効期限があるため、いつでも使えるというわけではありません。

以前はギフト券が発行された日から10年が期限だったのですが、有効化されてから10年に変更されました。

とは言え期限があるのは変わりありませんので、事前に把握しておきましょう。

解決法

実は、期限切れのギフト券は復活させることができます。

 

アカウントページからカスタマーサービスに進み、有効期限が切れたことを伝えると初回に限り1年間復活してもらえます。

 

復活自体は無料なので、有効期限が切れている方はぜひご利用ください。

こちらもオススメ:Amazonギフト券買取おすすめランキング