クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

スマートキャッシュの口コミ評判・買取率・利用の際の注意点を解説

スマートキャッシュの口コミ評判・買取率・利用の際の注意点を解説

スマートキャッシュは、amazonギフト券買取の専門的なサービスを展開する業者です。

特に、amazonのギフト券の中でも、メールタイプのものを中心に買い取っており、多くの人から利用されるサービスとして台頭しています。

ネット上で簡単にギフト券の買取を依頼することのできるサービスとしても評価が高く、現金化を希望する人から利用されています。

気軽に申請や問い合わせのできる環境も整えられているため、スマートキャッシュでamazonギフト券の買取を行うことがオススメされることにも繋がっています。

公式サイトはこちら

スマートキャッシュの口コミ評判

スマートキャッシュは、非常にスムーズにamazonギフト券の換金ができます。
初めて換金のために使いましたが、30分もしないで口座に現金が振り込まれていたため、とても便利に感じています。
9割近い買取率を誇る部分が、スマートキャッシュを使いたいと思った理由です。少額でも買取率が下がる心配がないので、安心して換金依頼をしています。
ここは特徴的なところなので、これからamazonギフト券を換金したい人にもオススメです。
時間がないとき、そして土日や祝日でも換金対応を行っています。
どうしてもamazonギフト券の現金化をしたいとなっても、スマートキャッシュでは迅速に対応してくれるので、便利だと思います。
事前に、買取金額のシミュレーションのできる部分は、スマートキャッシュの良いところかなと思います。
買取率が提示されていても、まったくその水準に満たないサービスもあるので、シミュレーションでしっかり予測できる部分が嬉しいです。
スマートキャッシュは便利なサービスではあるものの、eメールタイプのものにしか対応していない部分が少しネックかなと思います。
紙タイプのギフト券には対応しない部分は、あらかじめチェックしておく必要がありそうです。

スマートキャッシュの特徴とは?

スマートキャッシュの特徴的な部分としては、amazonギフト券の電子メールタイプのみの買取であるところです。

紙媒体のギフト券の買取は行っておらず、eメールタイプのものの買取を展開しています。

現在では、amazonギフト券の中ではeメール式のものが非常に高い割合でやり取りされています。

そのため、この形式のものの買取に特化することで、スマートキャッシュを利用しやすくすることにも関わっているのではないでしょうか。

また、スマートキャッシュでは、独自の買取率に照らし合わせたシミュレーションを行うことができます。

特に、初めてamazonギフト券の買取をしてもらう人などは、このシミュレーションでおおよその買取金額を見込むことが可能です。

適用される買取率に関しては、3時間おきに更新されるため、リアルタイムで最新の買取見込みの予測が立てられます。

買取金額のシミュレーションの入力もとても簡単であり、すぐにamazonギフト券の買取をしてもらいたい人にとっても嬉しいポイントとして挙げられます。

その時々の買取率に合わせた予測となっていることから、より正確な金額を予測することができる点も評価されています。

スマートキャッシュと他の買取サイトの違いについて

スマートキャッシュを利用する際の他の買取サイトとの違いは、振込までのスピードがまずは挙げられます。

他の業者では、振込を依頼してから30分から1時間程度が平均的なスピードとなっています。

しかし、スマートキャッシュは最短10分で指定口座への振り込みが完了するため、スピーディーに現金を手にすることができます。

平均的なスピードも、30分より早い傾向にあり、迅速な現金化やamazonギフト券の換金を実現することが可能です。

このようなスムーズな現金化は、別の業者ではなかなか実現されることがなく、ユーザーからも評価される部分のひとつとなっています。

また、ネット銀行への対応も充実しており、他の業者との違いとして挙げられています。

ジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行の口座にも対応しているため、多くの人が気軽に利用できる可能性が高いとされています。

これらのネット銀行を振込先として指定しても、振込手数料の発生することがなく、安心して利用できます。

ネットバンキングを利用している人も、昨今は多くなりつつあることから、スマートキャッシュで現金化を行う際の障壁が低くなっています。

ネット銀行と同様に、一般的な銀行での振り込みにももちろん対応しています。

そのため、幅広いタイプの金融機関を振込先として設定でき、amazonギフト券の現金化を円滑に行うことにも繋がっています。

スマートキャッシュの利用の流れ

スマートキャッシュを利用する際には、まずは専用の入力フォームから買取の申し込みを行います。

この際には、利用者の情報を入力し、希望する買取金額の入力からスタートします。

また、振込が完了したことを伝えるためのメールアドレスの入力や、本人確認のための書類の添付もこの際に実施されます。

そして振込先の口座の登録を行うと、買取の申請が完了します。入力自体は非常に簡単であり、短時間で完了します。

本人確認などが完了すると、次に実際に売りたいamazonギフト券の情報を送信します。

ギフトコードを送信し、未使用であるか、そして正確なコード番号であるかを確認して、現金化の手続きに入ります。

特にamazonギフト券に問題がなければ、そのまま現金化の流れとなります。

指定した口座に振り込まれると、登録したメールアドレスに振込完了のお知らせが届き、換金は終了します。

必要に応じて、買取金額の事前シミュレーションをしておくと、明確な買取金額を知ることができるため、実際に買取を依頼する前に活用することもオススメされています。

スマートキャッシュの買取率・振込スピードなど

スマートキャッシュの買取率は、いくつかの条件によって異なってきます。

まずは、初めてスマートキャッシュを利用する人は、91%の率が保証されています。

また、2回目以降は87%の買取率が適用されています。

一般的にはこのように利用回数によって買取率が分かれていますが、まとまった金額を換金したい人向けには、更に高い買取率が適用されます。

まずは、5万円以上の換金を希望する人に対しては、87.5%の率が適用されます。それ以下の金額に比べて、やや高めの割合です。

また、10万円以上の場合には88%の率が適用され、より高い金額での現金化が見込まれています。

このような買取率は随時変動するため、スマートキャッシュを利用する時には確認する必要があります。

現金化の完了するまでのスピードは、スマートキャッシュに関しては最も早くて10分程度とされています。

基本的には30分程度で換金が完了し、スムーズにamazonギフト券の換金が進められます。

多くの人がスマートキャッシュを利用してamazonギフト券の換金を行っている場合でも、1~2時間で換金が終えられる可能性が高く、比較的スムーズに作業が展開されています。

他の業者よりも早く換金が完了すると考えられていることから、この換金スピードは良いところとして捉えられています。

スマートキャッシュを利用する際の注意点について

スマートキャッシュを活用してamazonギフト券を換金する際には、紙タイプのギフト券には対応していないところは注意する必要があります。

eメールタイプのamazonギフト券のみの買取となっており、他のギフト券の買取も展開していません。

そのため、自分が買い取ってもらうギフト券が、スマートキャッシュで対応しているのかどうかは、事前にチェックすることが重要です。

また、ネット銀行以外の金融機関に関しては、稼働時間によってスマートキャッシュでの振込の時間にも違いが出てきます。

自分の所有する銀行の口座の稼働時間がどうかを確認することで納得してスマートキャッシュを利用することができるのではないでしょうか。

特に、モアタイムというサービスに銀行が加盟しているかどうかで、夜間の振り込みが翌日扱いになることも想定されています。

ネット銀行に関しては、このような心配をする必要がないと考えられているものの、一般的な金融機関では、あらかじめ稼働時間を確認することでスムーズに換金ができるでしょう。

スマートキャッシュの総合評価

スマートキャッシュは、非常にスムーズな換金や現金化を進めることができるため、評価も高めです。

また、初めてのサービス利用者には、9割を超える割合出での換金が実現されるため、気軽に利用できるメリットもあるのではないでしょうか。

金額に応じて、少しずつ買取率もアップし、多くのamazonギフト券を現金化したい人にはプラスの作用が期待できます。

その部分も評価が高くなる理由として挙げられ、スマートキャッシュで換金を行うことが特になるとも考えられます。

実際の振り込みに必要な手続きも、シンプルで煩雑なことがない部分も特徴的です。

初めてamazonギフト券の換金をしようとする人にも、安心してオススメできる材料として挙げられます。

様々な面で、プラスの側面がスマートキャッシュにはあると考えられます。

買取業者ランキングはこちら