クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

マイルを現金化する様々な方法・手順|メリットと注意点も併せて解説!

マイルを現金化する様々な方法・手順|メリットと注意点も併せて解説!

手元に現金が必要となった場合に、クレジットカード現金化を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、実は意外な方法で現金を調達することができるのです。

それが飛行機を利用した場合に貯まったマイルを現金化するというもので、このマイル現金化は新しい現金調達方法として注目されているのです。

実際にマイルを現金化することなどできるのかと疑問に思う方もいますので、どのようにしてマイルを現金化するのか、その方法について解説していきます。

マイルを現金化する様々な方法・手順

マイルを現金化する様々な方法・手順

実際にマイルを現金化するには一体どのような方法があるのでしょうか。

マイルを現金化する場合には、クレジットカード現金化とは異なりいくつかの手順が存在しており、クレカ現金化のような手軽さはないので注意しましょう。

ただ一度マイル現金化の方法や手順を把握すれば、後は簡単にマイル現金化を行うことが可能となっています。

ここでは代表的なマイル現金化の方法について解説していきます。

貯まったマイルをギフト券と交換して現金化する

マイル現金化において最もシンプルで簡単な方法というのが、貯まったマイルをギフト券に交換して、そのギフト券をチケットショップなどで売却すれば現金を調達することが可能です。

日本で代表的な航空会社でいえばANAとJALの2つの航空会社が挙げられますが、ANAマイルではiTunesギフトカードやスターバックスカード、JALマイルではAmazonギフト券とマイルを交換することが可能となっています。

どれも金券ショップなどで売却することが可能なギフト券ですが、この中で特に簡単なのがAmazonギフト券であり金券ショップでの換金率も高く、最もお手軽な効率的な現金化だといえるでしょう。

しかもAmazonギフト券の交換は上限が設定されていないので、多くのマイルが貯まっている方は特にお得な現金化方法とされているのです。

マイルをJRキューポからGポイントへと交換する方法

JR九州が発行するクレジットカードにはマイルを貯めるための『JQ SUGOCA ANA』と『JMB JQ SUGOCA』の2種類のカードが存在しています。

このクレジットカードを利用することによりJRキューポという列車予約などに利用できるポイントへと交換することが可能なのです。

マイルからJRキューポへとポイント交換した場合には、10000マイルで10000ポイントとなっているので交換率は100%なのです。

そしてマイルをJRキューポへと交換した後に、さらにGポイントと呼ばれるポイントへと交換する作業が必要となってきます。

このGポイントは現金として自分の銀行口座へと出金して振り込むことが可能となっているのです。

ちなみにGポイントを出金する場合には交換手数料として10%が差し引かれるので、実質的に90%の換金率なっており悪くない数字だと言えます。

このように貯まったマイルをマイル→JRキューポ→Gポイントと中継していく手順を踏むことにより現金化を実現することが可能となってくるのです。

マイルをTポイントへと交換して現金化

さらにシンプルな方法としてはマイルをTポイントへと交換して、Tポイントを現金と交換することにより現金化を実現させることができます。

このTポイントに交換してもらうには10000マイル以上が条件となっている場合も多く、マイルを多く貯めているハードユーザー向けの方法です。

非常にシンプルな方法ですが、Tポイントを現金として出金するにはジャパンネット銀行を利用する必要があります。

Tポイントを現金として出金するためには2週間ほどの時間が掛かってしまうので、即効性はない点に気を付ける必要があります。

また、Tポイントで商品を購入し売却することで現金化する方法もありますが、自分で換金率の高い商品を見定める必要があります。

このようにマイルをTポイントへ交換するのは現金化手段としては汎用性がたかいものといえるでしょう。

マイルを現金化するメリットと注意点

マイルを現金化するメリットと注意点

マイルを現金化する方法や手順について解説してきましたが、実際にマイル現金化にはメリットは存在しているのでしょうか。

またマイル現金化は非常に便利でいざという時に役立つものですが、マイル現金化を利用する注意点などは存在していないのでしょうか。

マイル現金化にはまだまだ知られていないメリットが存在している一方で、注意点も確実にあるものですので確認しておく必要があるのです。

利用していないマイルの有効活用になる

マイル現金化は現金が無いときの非常手段となるだけでなく、マイルを現金化することにより利用していないマイルの有効活用ともなるのです。

普段マイルを貯めている場合でも利用していないと、いざという時に利用できなくなるということを知らない人も少なくありません。

実はマイルには有効期限が設定されており、この有効期限を過ぎてしまうと利用できなくなってしまうのです。

例えば、ANAの場合ではマイルの有効期限は36か月つまり3年とされており、期限を過ぎるとせっかく貯めたマイルが無くなってしまうのです。

でもマイルを貯めても利用手段がないという方も少なくないと思いますが、それならばマイルを現金化することによって使い道を増やすことが可能となってくるのです。

知らず知らずのうちに有効期限が来てしまって、マイルを無くしてしまうぐらいならある程度マイルが貯まった段階で現金化することによりマイルを無駄にすることがなくなるのです。

利用していないマイルを有効活用できるというのがマイル現金化の知られざるメリットと言えるでしょう。

マイルが目減りしてしまう

マイル現金化にはメリットだけではなく注意点も存在しており、最も注目すべきは貯まったマイルが目減りしてしまうということでしょう。

マイル現金化の手段の部分ではJRキューポからGポイントへと交換する方法であったり、Tポイントに交換する方法を紹介しました。

ただどれも100%交換してもらえるわけではなく、10000マイルを現金化しても手数料を差し引かれたりすることにより、現金で受け取る場合には9000円や8500円などになっている場合も少なくありません。

例えマイルをギフト券と交換した場合でも同様であり、ギフトを交換した後に売却したとしても額面通りに受け取れることは無いのです。

つまりマイルを現金化することによりせっかく貯めたマイルが目減りしてしまうリスクが存在しているのです。

現金を手に入れることが出来る代わりにマイルが目減りしてしまうことを受け入れなければなりません。

マイル現金化は非常に手間がかかる

マイル現金化の手順の中でJRキューポからGポイントへと交換して現金化する手段を紹介しましたが、ハッキリいうとかなり面倒な手順です。

まずマイルからJRキューポに交換するのに4日から7日の期間がかかってしまい、さらにJRキューポからGポイントへは7日、Gポイントから銀行出金まで7日とかなり手間がかかる作業となってしまうのです。

さらにマイルをTポイントへ交換して、Tポイントをジャパンネット銀行を利用して出金する手順も紹介しましたが、およそ出金には2週間程度かかってしまうのでこちらも手間が掛かってしまう手段です。

さらにマイルをギフト券へ交換した場合でも、結局ギフト券を売却しなければならなかったり現金化業者を利用する必要があります。

このようにマイル現金化にはかなりの手間がかかってしまうケースが多く、現金化に時間を要してしまうのです。