ヤフオクでショッピング枠を現金化する方法とは?

ヤフオクのキャプチャ

急にお金が必要になった時、頭に思い浮かぶのはクレジットカードを現金化することなのではないでしょうか。

クレジットカードにはショッピング枠がありますが、それはあくまでもショッピングにしか使えません。

もしそれを現金化することが出来たら、少なくとも今のピンチはしのぐことが出来ることが多いですよね。だからそれをしたいと考える方も多いはず。

現金化には、基本は現金化業者を通すものですが、実は自力で現金化していくという方法もあるものなのです。

それが、ヤフオクを使用するという方法。もちろんほかにも方法はいくつかありますが、使い慣れているヤフオクを使って現金化が出来たらいいなと思いますよね?

ここではそんなヤフオクを利用したショッピング枠の現金化の方法についてみていきます。

シンプルなのは買ったものをヤフオクで売る方法

裁判官が持っている木づちをサイバー化したものヤフオクを使ってショッピング枠を現金化するとは言っても、その方法はいくつかあります。中には多少複雑な流れになるものもあるんです。

ただ、複雑なものがあれば当然簡単なものもあるということで、すごくシンプルな方法もあります。

それが、「クレジットカードのショッピング枠を利用して買ったものを、そのままヤフオクですぐに売る」という方法。

これであれば、ショッピング枠を現金に換えることが出来ますよね。

しかも買ったものを売るだけなので、たとえばクレジットカードが止められてしまうということもまずありません。

現金化業者を通すと、そのリスクが多少なりとも生じてきますが、ただ自分で買ったものを売るだけなので、この場合にはそのリスクはまったくない。

やましいところは0になるのです。

換金率の高いものを探す必要がある

この方法は何を売るかによって大きく換金率が変わるという特徴があります。たとえば、ギフト券等は高く売れる可能性が高いものになります。

あるいは出たばかりの家電なども高く売れる可能性は高いです。服であれば、プレミアがついてアガリがでる可能性すらあります。

ただ逆に、新品でも買値の70パーセントくらいしかつかない可能性もあることは確かです。

なので、換金率の高いもの、少なくとも90パーセントくらいの換金率が狙えるものは何なのかを自分なりに調べて行う必要があります。

時間がかかるのがデメリット

また、この方法のデメリットは、時間がかかるという点。まず何を買って、何を売るのかをリサーチするのに時間がかかります。

そして当然、それが売れるまでにも時間がかかります。売れたら今度は振り込みがされるのを待たないといけない。

そうして結局手元にお金が入るのに、1週間程度は時間がかかることが多いんです。長い時には2週間以上も売れないこともあります。

なのでもしこの方法で現金化をしていきたいと思ったら、早め早めで行動しないといけません。切羽詰まってからでは、この方法はまず使えません。

他の方法で現金化した方が無難でしょう。

ダミーのものを自分のアカウントに売る

スマホを見て驚いている女性ヤフオクを使ったクレジットカードの現金化の方法として、自分のアカウントを2つ作るという方法もあります。

本来であればヤフオクのアカウントは一つまでとされています。でも、別に二つ作れないわけではないんです。

そして、アカウントが二つあれば、簡単にショッピング枠を現金化することが可能です。たとえば、一つのアカウントでダミーのものを出品します。

そして、もう一つのアカウントで落札をする。落札出来たらあとはクレジットカード決済で支払いをすればいいだけです。

あとはもう一つのアカウントで登録している口座にお金が振り込まれて、無事に現金化の完了です。

ばれて使えなくなることもある

ただこうして1つのアカウントでダミーの何かを売りに出して、もう1つの自分のアカウントでそれを落札するというのは、公式に認められている方法ではありません。

当たり前ではありますが、それは公式としてはだめだといっていることになるんです。

だからそれをしていることがばれてしまうと、アカウントが使えなくなってしまうことがあります。なので、この方法は頻繁にできる方法ではありません。

こうした現金化は、毎月のように繰り返してしまいがちです。

結局ショッピング分の支払いが来ることは確かなのですから、急な臨時収入でもないと、その分の支払いがきつくなることは確実。なのでどうしても繰り返しがちになるんです。

ただこの方法の場合、繰り返すことは難しいので、できれば1回の金額はなるべく少なめにして、きちんと次の請求で払えるようにしておくことをおすすめします。

ヤフオクで安く買って違うところで高く売るのもあり

コーヒーを飲みながらPCをさわっている人もう一つ、ヤフオクを使って現金化をする方法があります。それが、ヤフオクにてクレジットカードで何かを安く買い、それをフリマアプリ等で売ったりするという方法です。

ヤフオクに売られているものは、時折すごく安く落札出来ることもあります。たとえばジャンク品などであれば、すごく安く買えることも多いのです。

それを安く落札して、きちんと直す。そうすれば、次に売りに出す際にはジャンク品ではなくなります。その結果、落札時よりも高く売れるようになるんです。

最初に見てきた方法は、外で買ったものをヤフオクで売るという方法でしたが、これはその逆なのです。

そしてその逆でも現金化は出来るので、あえてこの方法を選択するというのもアリでしょう。

アガリが出る可能性が高い

この方法のメリットは、アガリが出るという点。安く買ったものを、それよりも高い値段で売るのですから、ただ現金化するだけではなく、アガリが出ることになります。

ショッピング枠の現金化は、基本的には損になります。でもこの方法であればアガリが出ることがあるんですから、それだけでもかなりのメリットになります。

また、たとえアガリがでなくとも、商品選定をきちんとすれば、大きな損になることは少ないです。

商品選定のためには、当然相場を知らないといけません。

本来それは今いくらくらいで買えるものなのかという相場を正確に把握してこそ、その商品を買うことでどのくらいのアガリがでるのか、あるいは結局何パーセントで現金化できるのかが分かっていきます。

なので、ある程度しっかりとその中古市場について勉強しないとなりません。

手数料がかかるという難点も

これは、ここまでに紹介してきたすべての方法のデメリットでもありますが、ヤフオクで何かを売る際には手数料がかかります。

しかもその手数料は決して安くはないんです。プレミアム会員の場合には8.64パーセント、もしプレミアム会員でない場合には10パーセントという手数料がかかるんです。

もし9,000円で買ったものが10,000円で売れたとしても、結局それは手数料で9,000円になり、特にアガリは出ていないということになるんです。

なのでしっかりとアガリを出すためには、最低でも買値より10パーセント以上高く売れないといけないということになります。

もちろん中にはそういうものもありますが、そこまでのレベルになる商品は毎回出ているわけではありません。

ただ現金化自体は別に問題なく出来るので、アガリや換金率をそこまで気にしないのであれば特に問題はないでしょう。

以上、『ヤフオクでショッピング枠を現金化する方法とは?』というお話でした。