クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

クレジットカード現金化で「商品」を受け取らないといけない理由と注意点

クレジットカード現金化で「商品」を受け取らないといけない理由と注意点

クレジットカード現金化では商品を必ず受け取らないといけない理由があります。

それは商品を受け取らないと、取引が成立しないため、単純にお金を貸していることと変わらなくなるためです。

商品を受け取り、保存して、受領書などは保存しておくことで、買取方式やキャッシュバック方式をおこなったという証明になります。

受け取らないといけない理由と、注意点などはあるのでしょうか。

グレーな行為ではありますので、しっかり注意しておこないたいものです。

クレジットカード現金化で「商品」を受け取らないといけない理由

クレジットカード現金化で「商品」を受け取らないといけない理由

クレジットカード現金化とはクレジットカードの現金枠を、業者を通して現金化することを主にいいます。

業者を通して現金化するためには、指定された商品を実際に買ってそのまま業者に売る買取方式か、買ったことの特典として現金を得るキャッシュバック方式があります。

両社とも商品が動くことになりますが、買取方式は実際に売りますので高額な価値があるもの、反対にキャッシュバック方式は価値がなく、業者の買う負担や送料の負担にならないようなものが多いです。

それぞれ商品を受け取らないと取引が成立しないため、現金が発生しないことになります。

受け取らないといけない理由とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

買取方式は買った商品を売ることで現金を得ている

クレジットカードの現金枠を実際に現金にするためには、その枠内を現金化する必要があります。

そのために商品買取方式は、実際に利用したいクレジットカードの現金枠で商品を買って、それを売ることで現金になるという流れです。

考えようによっては、現金枠をすべてを現金化することは可能です。

買取方式は実際に商品を受け取り、それを売るということで取引が成立して、お金が動く流れとなります。

ですから、商品は一度購入して受け取る必要があります。

クレジットカード会社に疑いの目を向けられた時、買ったときと売ったときの領収書があれば、商品が動いていることがわかり証明にもなります。

もちろん単にお金が動くだけになると、お金を借りているという扱いになり、クレジットカードの現金化という状態ではなくなってしまいます。

商品を実際に買って、それを売ることでお金を手に入れる方法で取引が成立して、商品買取方式としてのお金の流れになります。

これによって商品の受け取りは必要となります。

もちろん売る前に業者が逃げてしまったり、最初と違うようなお金しかもらえないとなると、違った問題も発生しやすくなることもあります。

キャッシュバック方式は買ったことの特典で現金を得ているため、受取必要

変わってキャッシュバック方式では、商品を買ったことの特典をキャッシュバックとして現金を受け取ります。

買い物ををしていると商品を購入した後、特典としてそれをサポートするような商品がついたりします。

例えば、トレーニングの機械を買ったら、トレーニングマットが特典でついてくるということがあります。

そのトレーニングマットの部分が現金に変わってキャッシュバックされるという具合です。

キャッシュバック方式では、商品を買った事実が必要ですので、最初に送る商品の内容は価値のないものがほとんどです。

しかしながら商品を買って受け取りをして、現金を特典として渡すという流れがキャッシュバック方式になりますので、商品は必ず受け取る必要があります。

ですから商品が動いてないと、キャッシュバック方式は成立しなくなり、単なるお金を貸しているという状態に疑われても仕方ありません。

受け取った商品は保管して、受領書などもとっておくと、後から証明はしやすくなるといえます。

キャッシュバック方式で動く商品は、実際には価値のないものが多いです。

100円均一の物や、空のDVDなど送ることに手間や送料がかからない、業者の負担にならないものになります。

取引をしたことを忘れていて、不必要なものと思って受け取ったあとすぐに捨ててしまわない方が良いです。

クレジットカード現金化のための「商品」を受け取る際の注意点

クレジットカード現金化のための「商品」を受け取る際の注意点

クレジットカードの現金化は商品が実際に動いて受け取ることで取引が成立します。

商品は必ず受け取って、しばらく保存しておくことが安心です。

注意点などはあるのでしょうか。

買ったものは売ること

商品買取方式の、クレジットカード現金化は買った商品を売ることで成立します。

買う商品は業者側から指定されることも多く、指定されたものを守って買って、それを売ることで現金が発生していると思ってよいです。

実際に商品は売ることで現金を得ることになりますので、その商品自体は価値の高いものになります。

ですから、それを見たときに自分も欲しいと思わないことです。

間違って使ってしまったら取引としては成立しなくなるので、罰金としてお金を請求されてしまったり、弁償代としてお金を請求されることもあります。

また一人暮らしならよいですが、家族や恋人などと同居している場合、商品を運送便などで受け取ったあとその人が何も考えないで使ってしまったということがあり得ます。

商品はブランドもののバックや、商品券など使いやすくて価値のあるもののことが多いです。

そのため他の人がみても使いたいものが多く、間違って商品を使わないことです。

商品買取方式は店舗でおこなうこともあり、店舗で商品のやり取りをおこなうことがあります。

その場合手元に商品があるのは瞬時になりますが、業者によっては自宅に発送されたものを再度業者に売りに行くという流れになるものもあります。

ですから、商品が自宅に届く場合は、事前から注意しておいた方が良いです。

いらないものでも商品は保管

キャッシュバック方式では商品を買って売ることで現金を得るのではなく、買った特典として現金を受け取る流れになります。

そのために、キャッシュバック方式では、買取方式とは違って価値のないものを送ってくることが多いです。

なぜなら送料の負担や梱包の手間などを考えたり、その商品そのものに価値があるものにすると、業者にとって商品代で赤字になってしまうからです。

ですからすぐに買えるような必要のないものが届くことがあります。

しかしながら、必要ないからと言ってすぐに捨ててしまうと、商品を買ったという根拠が薄くなってしまいます。

キャッシュバック方式は、商品を買って受け取ったことによる特典で現金を受け取る流れとなりますので、商品が手元にあったほうがよいのです。

そのため、受取を終わってもすぐに捨てるのではなく、ある一定期間商品を捨てないで持っておくこともよいといえます。

受領書ともに商品を持っていると、説明はしやすくなります。

受け取った受領書などは念のため保管

商品買取方式も、キャッシュバック方式も、完全なる違法な行為ではありませんが、グレーと言わざる負えない行為となります。

ですから、急にクレジットの現金枠が動いて、お金が動いていることに気づくと、クレジットカード会社は疑いの目を持つことがあります。

クレジット会社は疑うと、カードの持ち主に確認したり、場合によっては訪問で確かめることもあります。

その時の証明として、商品を受け取った時の受領書や商品をしばらく保管して置いたり、クレジット会社に説明しやすくしておくのは自分の身を守ることためには安心です。

クレジットカードが止められたり、一気に使った現金の請求にあうと不便になりますので、あらかじめ注意を守った方が良くなります。