「年末年始にお金がない!」クレカ現金化をオススメする理由と注意点

「年末年始にお金がない!」クレカ現金化をオススメする理由と注意点

もうすぐ年末年始なのに、お金がない!ってことになっていませんか?

ボーナスがない会社だったり、既に給料を使い込んでしまったりとお金に関して悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんなときでも助けとなってくれるのがクレカ現金化です。

クレカ現金化であればお金が確保できるので、どうしようもなくて困ってしまったときの手助けとなるかもしれません。

ここでは、そんなクレカ現金化をオススメする理由や年末年始にクレカ現金化する注意点をまとめたいと思います。

年末年始だからこそクレカ現金化をオススメする理由

年末年始だからこそクレカ現金化をオススメする理由

「クレカ現金化は知っているけどなぜ年末年始なの?」や「わざわざ年末年始にクレカ現金化をする理由は何?」って思われる方もいるかもしれません。

お金がないからこそ、他の方法もあるんじゃないか?と考える人もいますよね。

クレカ現金化他の時期も必要なときには検討してみても良いのですが、年末年始こそした方が良い理由があるんです。

「お金がなくって困っている場合には、年末年始に特にクレカ現金化をした方が良い」という理由をまとめたいと思います。

冬のバーゲンやお年玉などの出費に備えられる

クレカ現金化をしたいという人は、やっぱり年末年始お金がないから必要と思われる方がほとんどだと思います。

特に、年末年始って出費がいつもより多くなってしまいますよね。

冬のバーゲンがありますし、たくさん服や靴を買いたいという人もいると思います。

また、ご家族や親戚に小さなお子さんがいるという方は特に年末年始に現金が入り用です。

普段のお買い物であればクレジットカードで事足りることもありますが、お年玉は現金での手渡しとなるためクレジットカードは使えません。

それに神社へのお賽銭も現金です。

年末年始は、それだけ他の支払い方法で賄えない支払いが多くなってしまうため、なるべく現金が必要になってくるというわけですね。

しかも、年末年始の前にはクリスマスでディナーやプレゼントなど、散財してしまってお金がないという人もいるかと思います。

そうなったときにも、クレカ現金化であればまとまった現金を受け取ることができるので、いざというときに安心です。

やはり、お金って手元にあるのとないのでは気持ちもだいぶ変わってくると思います。

だからこそ、クレカ現金化という方法も年末年始のお金がないときに選択肢の一つとして、入れておくのも良いかもしれません。

他の支払い方法がお休みのときにも

年末年始ってお金が必要なんですけど、銀行がお休みというのがネックですよね。

もちろんATMは空いていますが金融機関によっては使えなかったり、ATMによってはみんなが引き出し過ぎて千円札がなくなってしまい、細かい金額が引き出せないという自体になってしまう可能性もあります。

お金が必要ってときにそんなことになってしまっても困りますよね。

また、手っ取り早く現金が欲しいというときにはカードローンやキャッシングがありますが、ここでも年末年始というのがやっかいになってきます。

年末年始だと審査がお休みだったり、時間がかかってしまったり申し込みができなかったりという可能性もあります。

そんな時に、クレカ現金化であれば24時間年中無休で対応してくれる業者もあるので安心です。

年末年始も対応してくれるからこそ、いざというときの助けとなりますよね。

クレカ現金化であれば、忙しいときにもスピーディ

年末年始ってお金もないけど、忙しくて時間もないという人がたくさんだと思います。

カードローンだと、どうしても審査や申し込みに時間がかかってしまいます。

特に、年末年始ですと対応してくれる人も限られているため、通常より時間がかかってしまうということもあるかもしれません。

また、カードローンを申し込みしたくても地元に帰っていて、審査申し込みをしたい金融機関が地元にないという可能性もあります。

そうなってしまえばお金が必要なのに、手に入れる手段がなくてただただ困ってしまって追いつめられるという事態にもなりかねません。

そんなときにクレカ現金化です。

クレカ現金化であれば、業者にもよりますが10分程度~30分程度で振り込みしてくれる業者もあります。

しかも、ネットやメールで対応してもらえるため、田舎に帰っていてもネットさえ繋がれば何とかなるのも魅力ですね。

寒い時期にわざわざやり取りのために遠出しなくて良いのが、クレカ現金化の魅力です。

年末年始にクレカ現金化をする際の注意点

年末年始にクレカ現金化をする際の注意点

「年末年始にクレカ現金化が良いのはわかるけど、何か注意点はあるの?」って思ってしまう人もいるかと思います。

クレカ現金化っていざという時便利だからこそ、いろんな注意点があるんです。

やはり注意点はしっかり知りたいですよね。

クレカ現金化なら大丈夫と思って悠長にしていて、使いたいときに使えなかったらショックも計り知れません。

そのため、ここではクレカ現金化を年末年始に行う際の注意点をまとめてみたいと思います。

営業時間に注意が必要

クレカ現金化の業者の全部が年末年始に対応してくれるわけではありません。

年末年始休業の業者もあります。

そのため、年末年始営業しているかどうかの確認は絶対に必要です。

その確認を怠ったまま、いざ年末年始に入り用になったときにクレカ現金化の業者がお休みで、営業している業者を探し回る必要が出てきては大変ですね。

また、年末年始に営業していても営業時間がいつもと違う業者もあります。

例えば、31日は10時~18時までしか営業していない業者もあります。

やり取りがネットやメールとなってくるため、いざ申し込みしたくてもメールの返信がいつまでたっても来ないという事態にならないためにも、しっかりと申し込み予定の業者の年末年始の営業時間を確認しましょう。

クレジットカードを準備しましょう

クレカ現金化は、クレジットカードがないと申し込みすることができません。

そのため、クレジットカードを持っていないという人は年末年始までにクレジットカードを申し込みする必要があります。

クレジットカードは申し込みして、すぐに自宅に届くものではありません。

審査により時間がかかりますし、2週間~1カ月以上かかることもあります。

だからこそ、早めに申し込んだ方が無難です。

また、クレジットカードの限度額によりクレカ現金化でやり取りできる額が変わってきます。

そのため、今現在クレジットカードの限度額が低くなっている人は、クレジットカードの限度額の引き上げを検討してみるのも良いでしょう。

クレジットカードの限度額の引き上げも審査に時間を要するため、早めにしておくのが無難です。

また、クレジットカードを使い過ぎてしまっている人は特に年末クレカ現金化を検討している場合、クレジットカードの利用可能額がいくらなのかを確認するのが良いでしょう。

ネット環境の良いところかどうか確認しましょう

クレカ現金化のやり方はまずは業者によりますが、クレカ現金化の業者のホームページにある申し込みフォームより、名前や年齢、申込み予定の金額、クレジットカードの種類を入力する必要があります。

ネットでのやり取りを基本とするため、電波の悪いところでのやり取りはオススメできません。

いざ申し込みをしたと思っても、電波の悪さで申し込みが完了していなかったら最悪です。

金融機関に出向いての申し込みと大きく異なるため、注意が必要です。

また、大抵は申し込みの際にパソコンやスマートフォンのメールアドレスを入力し、業者からのメールや電話を待つ必要があります。

そのためメールの受信設定にて、「PCメールの受信」を有効に設定しておきましょう。

ドメイン設定をちゃんとしないと、業者からのメールを受信できずにクレカ現金化ができないというリスクにも繋がります。

せっかく申し込んだのに、その後のやり取りができずに申し込みが完了しないままになってしまったら本末転倒です。

特に、年末年始はこのようなクレカ現金化の申し込みが通常より増える可能性もあり、メールが届かないフォローをどこまでしてもらえるか未知数です。

だからこそ、しっかりと事前にドメイン設定をして確実に業者とやり取りできるよう、下準備をしっかりしましょう。