クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

店舗型のAmazonギフト券買取業者を利用するメリットとデメリット

店舗型のAmazonギフト券買取業者を利用するメリットとデメリット

Amazonギフト券というのは贈り物にも便利ですし喜ばれます。またもらってうれしいプレゼントの1つでもあります。

ネット通販の最大大手のAmazonですから、欲しいものはまず手に入ります。なのでそのギフト券となれば、非常に便利で使いやすいのですね。

しかしこのAmazonギフト券、ふと気が付くとカード入れにたまってしまっているということありませんか。

そうなんです、便利なプレゼントなので結構贈られることも多く、気が付いたらたまっていること多いのですね。

しまっておくのももったいないですし、現金化も考えてみませんか。でも現金化、実店舗と買取サイトどちらが便利で安全なのでしょうか。

店舗型のAmazonギフト券買取業者を利用するメリットとデメリット

店舗型のAmazonギフト券買取業者を利用するメリットとデメリット_2

Amazonギフト券を現金化しようと思った場合、ほとんどの人はネットの業者を思い浮かべるでしょう。

でも店舗、実店舗でも買取を指定すお店はあるのです。対面式の買取ですね。

ネット業者だときちんと振込してくれるかなあ、と心配な人には店舗での買取がおすすめなのですが、もちろんメリットもデメリットもあります。

店舗型のお店でAmazonギフト券の現金化をするメリットとデメリットを見ていきましょう。

店舗型のお店でAmazonギフト券の買取メリット

最も大きなメリットが、対面式だということです。ネットでは取引相手の顔が見えません。なので今一歩気分が悪い、という人もいないではありませんね。

店舗型のお店での買取なら、相手が目の前にいますので、それこそ目を見て取引することが可能です。

これが最も安心できる点です。そして現金を即手にできるということです。

ネットでの取引の場合、銀行振り込みになりますのである程度の時間を要します。

しかし店頭での買取なら、その場で現金を手に入れることができるのですね。本当に急を要する場合、これが最も重要なメリットになります。

そして一番の問題、詐欺まがいの買取という問題がないということです。ネット業者の場合、残念なことにブラック業者がいないではありません。

振り込みに問題があったりすることが、実際にあるのです。実店舗での取引なら、こういったことはまずありません。

詐欺まがいという問題については、心配することなく取引ができるのは、大きなメリットになります。

ネットでの顔の見えない取引ではなく、実際に取引相手の顔を見てリアルタイムで取引を、という人にはこちらがおすすめになりますね。

店舗型のお店でAmazonギフト券もちろんデメリットも

メリットもあればデメリットもある、というのが世の習いです。店舗型のお店でのAmazonギフト券買取にももちろん、デメリットが存在します。

最も大きなデメリットが、Amazonギフト券買取をしてくれる実店舗の数が少ないということです。

なので近場にお店がない限り、利用はできないことになります。そして実店舗の宿命、営業時間です。

24時間営業のできるネット業者と違って、実店舗の場合営業時間というのもが存在しています。

近場にお店があったとしても、その営業時間内に行くことができなくては、もちろん取引もできません。

Amazonギフト券だけでなく、すべての買取に関してのデメリットともいえるこの2点ですが、特にこの場合買取できるお店の少なさが不便に拍車をかけています。

そして人件費の問題もあり、換金率は良くないのが通常です。

ただこれは、振り込みの手数料などが発生しない実店舗の取引ですので、結果トントンになる場合もあります。

そして最後に、買取条件の厳しさです。買い取れるのはもちろん、カード型のギフト券のみです。そして加えて、購入時のレシートも要求されます。

スクラッチの部分が削れていないというのも、条件の1つになります。

この条件の厳しさは、実店舗での現金化の最大のデメリットと言っていいでしょうね。

メリットとデメリットをよく考えてみると

堅実に早急にお金を手に入れたい、そして近場にAmazonギフト券の取扱店がある、という場合は実店舗での買取はおすすめになります。

しかしおすすめの条件がこれだけついてしまうのですから、それも考慮に入れてみるとあまり現実的とは言えませんね。

よくよく考えてみれば、ネット通販のAmazonのギフト券です。

そのギフト券の現金化も、オンラインのほうが効率的であるというのは、当たり前かもしれませんね。

店舗型のお店でのメリットも捨てがたいですが、デメリットを見てみると利用できる人が限られてしまうというのが現実です。

それが一番のデメリット、と言っていいでしょう。

店舗型より無店舗型の買取サイトをオススメする理由

店舗型より無店舗型の買取サイトをオススメする理由

店舗型の買取のメリットから目を離せない、という人もいるでしょうが、それでもやはり無店舗型オンラインでの現金化がおすすめです。

店舗型に比べてメリットがやはり多いですね。

勿論デメリットもありますが無店舗型のお店での現金化、買取サイトでの取引をおススメする理由を挙げていきましょう。

やはりどう考えても買取サイトでの現金化のメリット、大きいのがわかってもらえるはずです。

大きな代表的なメリット、3つ挙げておきます。

全国各地どこにいてもいつでも利用できる

何といってもこれ、利用しやすいということですね。実店舗の場合、近くに店がなければ利用はできません。

しかし買取サイトの場合、全国のどこにいても買取の手続きは可能です。ネットを利用しての取引の、最大のメリットがここにあります。

近場のお店を探す必要もなく、交通費と時間をかけて出かける必要もありません。

家でネット環境さえあれば、不要なAmazonギフト券を現金化できるのです。

そしてまたネットサイトなら、営業時間というものはありません。

しかも無休というサイトが多いので、仕事で毎日夜中に帰宅という人でも、思いついたらAmazonギフト券の買取をしてもらえるのです。

忙しい人、交通の不便な場所に住んでいる人、出歩くことのできない人にも利用が面倒なくできるのが、買取サイトの最大のメリットなのです。

店舗型の買取よりも換金率がいい

実際のところ、何を現金化するのにも最も気になるのが、換金率ですね。

まあ何でも取引というのは同じことですが、一定の値段で購入してそれを売る時にはそれより高い値段で売って、その差額を収入にするわけです。

Amazonギフト券の買取のように、いわゆる古物営業法にのっとって営業する場合も同じことです。

不要な品を買い取ってそれを販売しますが、その販売額は元の正規の値段よりも低くなります。

そのおかげで、買い取り手がいるのですね。

つまり、買取サイトの買取金額は、正規の値段より低い金額で再販売するのを前提にしています。

なので買い取り金額もまた、それより低くなるのは当然です。これが換金率なのですが、業者によって結構差があります。

とはいえ、買取サイトの場合互いにそれほど大きな差はありません。

しかし実店舗の場合、人件費というものが発生しますし、店舗の維持費なども発生します。

そのためにどうしても、この換金率を低くする必要があるのですね。

店舗も必要のない買取サイトの場合、そういった費用のないところから、換金率は高く設定できるのです。

実店舗での取引よりも、換金率は大きくなるのが特徴です。

優良店さえ選べばブラックも回避

ネットでの取引の最も怖いのが、ブラック業者にあたることです。

それがネックになってどうしても、買取もネットでできないという人、少なくありません。

しかしこれも、定評と実績のある買取サイトを選べば、まず問題なく現金化ができます。

すでにネットでの買取というものは、定着しています。なので業者でも、それなりの歴史のあるところも増えています。

ネットというのは怖いもので、何かあればすぐに口コミやレビューで悪評が広がってしまいます。

それなりに歴史のある業者は、つまりはそういった悪評とは無縁で、安心して使える業者だということですね。

そしてそういった業者の場合、Amazonギフト券の取り扱いにも慣れています。

専門的にAmazonギフト券を買い取りをしているサイトなどなら、スムースに安全に取引できることになります。