クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴と後悔しないための秘訣

クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴と後悔しないための秘訣

クレジットカード現金化は手元に現金が無い場合の調達手段として少しずつ認知され始めており、確かに多くのカード現金化業者が存在しています。

そのスピードと使いやすさから利便性の高いクレジットカード現金化ですが、中には利用してしまって後悔している人も存在しています。

カード現金化の仕組み的にはホワイトですし、消費者金融などから借り入れることを考えたら便利なはずなのに何故後悔する人が出てきてしまのでしょうか。

クレジットカード現金化を利用して、後悔する人と後悔せずに利用するための秘訣について解説していきます。

クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴

クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴

クレジットカード現金化を利用して後悔する人には実はいくつかの共通した特徴を抱えており、この特徴に当てはまらないよう気を付けていれば利用を後悔する可能性を低くしていくことが可能となっていきます。

比較的多くのサイトで業者などの評判も検証可能なのに、何故後悔してしまうのか。

まだクレジットカード現金化を利用したことがない人でも後々になって後悔するハメにならないように、チェックしておきましょう。

比較検討が面倒な人や安易な広告表示を鵜呑みにしてしまう人

クレジットカード現金化において最も重要なポイントといっても過言ではないのが業者間の比較検討することではないでしょうか。

クレジットカード現金化の重要が高まってくるにつれて業者同士の競争も激しくなり、よりお得な内容で現金化できることを謳っています。

しかし中には記載されている広告と実際の換金率が違っているケースや換金率は良いものの莫大な手数料を取るところなど悪質なケースも少なくありません。

現金化をする際には必ずチェックすべき項目なのですが、比較的多くの人が細かい部分までは確認せずに広告の記載表示のみを信じて利用してしまう場合が多いのです。

このように業者間の比較をするのが面倒な人や、安易に広告表示を信じてしまう人は現金化を利用した後で降格する確率が高くなってきてしまいます。

他にも債務を抱えている人

クレジットカード現金化は直ぐに現金が調達できる優れた仕組みですが、カードのショッピング枠を利用するわけですから月末や支払期日には支払いをする必要があります。

支払期日までに支払いができない場合にはカード会社からカード利用停止などの処分が下り、二度とカードが利用できなくなったり発行することも難しくなります。

クレジットカード現金化の場合には一括払いだけでなく、リボ払いや分割払いなど複数の支払い方法があるため支払いに困るケースは少ないのが現状です。

ただそれでもカード利用停止になってしまう人の特徴として他にも債務を抱えているケースが多いのです。

つまり他の債務の返済をカード現金化を利用して返済しようとしている人であり、他の債務返済を優先してしまう事によりカード現金化の支払いができなくなってしまう人です。

このような人は、カード利用停止になってしまうとクレカ現金化が利用できなくなり、元々持っていた債務返済にも滞るようになってしまうなど後悔するケースが非常に多いのです。

公的機関に助けを求めてしまう人

クレジットカード現金化を利用して後悔する人の中で特徴的なのは自己責任が欠如している人が多い事です。

基本的にクレジットカード現金化の仕組みはブラックではありませんが、ホワイトとも完全には言い切れません。

ですのであくまで使用者責任は利用者本人にあるということを理解せねばなりません。

業者間比較を十分に行わずに業者を選んでしまった為に、詐欺に遭ったり予想よりも少ない換金率で換金してしまったりすることがあります。

このようなケースでは、例えば消費者センターや警察に相談したとしてもカード現金化自体がグレーな行為ですので、公的機関は取り合ってくれないのが現状です。

クレジット-カードを利用する場合にはあくまで自己責任が大前提であり、自分の力で現金化業者や利息計算などを行って賢く利用していく必要があるので、何かあれば公的機関に助けを求めようと考えている人は利用は避けた方がいいのです。

クレジットカード現金化をして後悔しないための秘訣

クレジットカード現金化をして後悔しないための秘訣

クレジットカード現金化を利用して後悔しないためにはいくつかの秘訣が存在しています。

秘訣といってもそこまで難しい事をする必要は無く、当たり前のことを当たり前にしておけばクレジットカード現金化で後悔することは避けることができるものなのです。

では実際にどのようにすればクレジットカード現金化で後悔しないで済むのか、その秘訣を解説していきたいと思います。

高すぎる換金率を謳っている業者は敬遠する

クレジットカード現金化において高換金率は非常に重要ですが、あまりにも高い換金率を謳っている業者は避けた方が無難でしょう。

悪質な業者の中には換金率90%などという魅力的な数字が踊っていたりしますが、現実問題として換金率90%では業者はなかなか経営していくことは難しいのが現状です。

このような高い換金率の業者は高い手数料や事務経費などの名目によって、利用者から料金を取る事を目的しているケースが多いのです。

実際にこのような高い換金率を謳っている業者を選んでしまい、後々になって高い手数料や事務経費を差し引かれて結局換金率に換算してみると50%以下だったなどのケースは非常に多いのです。

高換金率などあまりに美味しい広告を謳っている業者は避けることにより、利用した後に後悔することを少なくすることが可能となってくるのです。

優良業者と判断しても複数回利用するのは避ける

実はあまり知られていないメソッドとして同じ業者を複数回避けるという手段が意外と効果的なのです。

何故優良業者なのに複数回利用するのを避けなければならないのかというと、同じ業者から何回も利用してしまうとクレジットカード会社にカード現金化を利用していることがバレてしまうからなのです。

仮にカード会社に現金化業者を利用していることがバレてしまうと、利用規約違反としてクレジットカード自体が利用停止になってしまい現金化を利用することができなくなってしまいます。

カード現金化の場合に同じ業者で決済していたり、同じような日付に決済しているのは明らかに不自然で現金化がバレてしまう原因となってしまうのです。

このようなリスクを避けるためには例え優良な現金化業者でも同じ業者を利用することは避けて、複数の優良業者をストックしておく必要があります。

優良業者を複数ストックするのは難しいですが、カード停止になってしまうと現金化自体ができなくなりますので後悔しないために必要です。

ショッピング枠の上限限度額を確認する

優良業者を見つけたと思ってもクレジットカード現金化を利用できないケースがあり後悔してしまう場合があります。

それはクレジットカードのショッピング枠の上限限度額に達しており現金化を利用できなかったというケースです。

カードの上限限度額に近いと現金化業者でも対応してくれないケースが少なくありません。

このような優良業者を見つけた後に後悔しないためにも、あらかじめショッピング枠の残高をカード会社やコールセンターなどに問い合わせておきましょう。

この限度額の確認を行ってしまえば、優良業者が利用できないだけでなく、万が一利用できたとしても上限限度額を超える決済をしてしまう事でカード会社に現金化利用を悟られてしまう可能性があるのです。

このような失敗をしないためにもカード現金化を利用する前に、クレジットカードの上限限度額を確認しておく必要があります。