クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

楽天カードの特徴(種類・作り方・料金など)|現金化は本当に可能?

楽天カードのホームページのキャプチャ

クレジットカードはたくさんの種類がありますが、楽天カードはその中でも人気のクレジットカードです。

楽天カードのメリットはいくつかあり、年会費の無料、楽天市場での買物でポイントが貯まる、などが挙げられます。その楽天カードを使って現金化をする方法があります。

それは、クレジットカードのショッピング枠を使ったものです。

クレジットカードの現金化とは換金業者にショッピング枠を使って商品を購入し、それを買い取ってもらう事で現金を手にする事ができます。

ここでは、楽天カードの特徴と現金化するときの注意点などを紹介します。

楽天カードの特徴と種類とは?

街で考え事をしている赤い服を着た女性では、楽天カードは一体どのようなもので、他のクレジットカードと比べるとどのような特徴や種類があるのでしょうか?少しその特徴と種類や料金を見ていきましょう。

楽天カードの特徴は「年会費無料」というものがまずあげられます。他のクレジットカードですと年会費がかかるクレジットカードがあります。

この年会費の無料という事が、今の楽天カードの普及の推進を早めたといっていいかも知れません。

また、楽天カードは他のクレジットカードよりも作る時の審査がやや甘く、正社員や契約社員などでなくても簡単に審査が通るといった事も普及に繋がっています。

他にも楽天カードの特徴としては、ポイント還元率の高さにあります。日常の買い物などでは1%のポイントが貯まります。

1,000円の商品を購入すると10ポイントが楽天ポイントとして貯まっていきます。今は消費税が上がってきているのでとても助かるものです。

また、楽天市場で商品を購入すると、最大12%ものポイントが返ってきます。

最低でも3%はポイントとして還元されるので、楽天カードの特徴としては、お得なポイントの還元率と言えます。

楽天カードの種類

一言で楽天カードと言いますが、その種類はたくさんあります。

いくつか挙げてみますが、楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードなどがあります。

これらの種類は限度額の違いといった一般のクレジットカードの分類と同じようなものになります。楽天ゴールドカードから年会費がかかります。

その他にも楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カードアカデミー、楽天ビジネスカード、といったカードもあります。

楽天マイレージクラブカードは楽天ポイントではなくて、ANAのマイレージを貯めたい人に人気のカードです。この中では楽天ビジネスカードのみが年会費がかかります。

楽天カードの料金

楽天カードは無料ですが、先ほど紹介した楽天カードゴールドカードなどは年会費が掛かってしまいます。

ただ年会費が掛かる分ポイント還元率は普通の楽天カードよりもお得になっています。下がそのカードの種類と年会費になります。

楽天ゴールドカード2,160円
楽天プレミアムカード10,800円
楽天ブラックカード32,400円
楽天ビジネスカード2,160円

楽天ブラックカードなどは年会費が高く手軽に手に入れることは出来ません。楽天カードを作る時は普通のカードでも充分お得に活用することは出来ます。

楽天カードを作る時に必要なものと申し込み方法

黒板の前でこちらに説明をしている女の子では、楽天カードはどうしたら作れるのでしょうか?

楽天カードは先ほども言いましたが、とても手軽に作ることが出来て、今では専業主婦の女性も作ることが出来ます。

ここではその楽天カードの具体的な作り方を紹介していきます。

楽天カードを作る時にはいくつか準備する必要がありますが、それほど大変なものではありません。

準備するものは、楽天会員の登録、引き落とし可能な口座、自分の年収、自分の個人情報などです。この4つがあれば楽天カードはすぐに作ることが出来ます。

先ほど専業主婦でも作れると言いましたが、専業主婦の人には年収がありませんが楽天カードは貯蓄や旦那の年収が分かれば作ることが出来るので、安心してください。

よって楽天会員で、過去にクレジットカードでトラブルなどがなければ誰でも簡単に作ることが出来ます。

楽天カードの申し込み方法

楽天カードを作る時の申し込み方法は、ネットのみの申しみに限られてしまいます。書面や電話などから申し込む事は出来ないので注意して下さい。

それは、楽天会員しか申し込みは出来なく、ネット環境がそろっている人を前提としているので、ネットからの申し込みに限られています。

申し込むときには楽天の公式ホームページから申し込む事が出来ます。

ここでは、細かな申し込みのフォームなどの入力作業などは省略させていただきますが、サイトの支持通り入力していけば問題ないかと思います。

次では、この楽天カードを現金化する方法と注意点などを紹介していきます。

現金化業者の種類と現金化の方法とは?

複数のクレジットカードの中から1枚選んでいる人楽天カードを現金化するにはクレジットカードのショッピング枠を利用すれば可能です。そのためには現金化業者を通す必要があります。

ここでは、その現金化業者の種類や現金化する方法などを紹介していきます。

楽天カードにはクレジットカードのショッピング枠というものがあり、たいていのクレジットカードにもついています。

このショッピング枠を現金化する業者の種類は大きく分け2つに分けられます。

店舗型と無店舗型に分けることが出来て、店舗型だと街の外に現金化業者として店舗を構えているものをいいます。

無店舗型というのはインターネットで現金化業者として運営してしるものをいいます。

どちらも、メリット・デメリットがありますが、店舗型ですと実際に人を返すので安心感などがあります。無店舗型のメリットは店舗型よりも現金の換金率がやや高いです。

店舗型よりも家賃などの経費が掛かっていないので換金率が高く設定してある所が多いです。

楽天カードの現金化の方法

楽天カードを現金化業者で現金化するには、先ほど言った店舗型、無店舗型どちらも使うことができます。

現金化するときには、ショッピング枠で商品を購入して買い取る「買い取り方式」と、現金化業者が指定した商品を購入してキャッシュバックで受け取る「キャッシュバック方式」の2つあります。

楽天カードでも、どちらも利用することが出来ます。今の現金化業者はほとんどがキャッシュバック方式になっています。

オススメの記事

現金化業者の現金化の方式は、その業者によってまちまちです。それぞれのメリット・デメリットをまとめていますので是非参考にしてください。

 

買取方式・キャッシュバック方式の解説>>

楽天カードの現金化するときの注意点とは?

こちらを見て注意を促している女性楽天カードを現金化するときの注意点とは一体どのような事に気を付ければいいのでしょうか。

クレジットカードは現金化することは法律上問題ありませんが、クレジットカード会社の規則では禁止されています。

ですので、現金化が発覚した段階でカードの利用は停止させられてしまいます。楽天カードにはカードの種類によってその限度額が決まっています。

普通の楽天カードですと限度額は、その人の収入や過去のクレジットカードの使用による信頼性などによって変わってきます。

おおよその平均で50万円ほどと言われていますが、現金化をする前は確認しておく方がいいです。

限度額を超えた現金を受け取ろうとしてしまうとクレジットカード会社にばれてしまいます。事前の限度額を知ることはとても重要になります。

その他にもいくつかの注意すべき点があるので少し紹介していきます。

楽天カードの返済状況の確認

普段から楽天カードでキャッシングなどを利用している人などで、返済が延滞している人が現金化業者で多額の現金を受け取ることは難しいかもしれません。

すでに延滞している人の場合では、速やかに返済をしてから現金化することをおすすめします。

楽天カードに事前に連絡する

現金化業者で多額の現金を受け取る時は、楽天カードに事前に「カードを使います」と言っておけば安心です。

楽天カードも不審に思わないので、カードの停止などにはなりません。

楽天カードでは不正利用をロボットで監視しているで、突然多額の金額の利用は監視に引っかかるかもしれません。

そのために前もって連絡しておけば少なくとも、急な利用停止は避けられます。

以上、『楽天カードの特徴(種類・作り方・料金など)|誰もが知ってる楽天カードで現金化は可能?』というお話でした。