クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社+αを比較

   

法人カードでクレジットカード現金化をするメリットと注意点を解説!

法人カードでクレジットカード現金化をするメリットと注意点を解説!

法人カードを作るためには複数の必要書類を用意する必要があり、苦労して手に入れたクレジットカードを使った現金化を行うと、利用停止リスクがあることは確かです。

それでもなお、法人カードでクレジットカード現金化サービスを利用すると大きなメリットがあるからこそ、多くの法人で現金化Serviceの利用が行われています。

では、法人カードでクレジットカード現金化を行う際には、どのようなメリットと注意点があるのでしょうか。

法人カードで現金化をするメリットを解説!

法人カードで現金化をするメリットを解説!

法人カードでクレジットカード現金化サービスを行うメリットは、ずばり短期的な資金調達をスムーズに行えることだと会社経営者ならば誰もが即答するはずです。

特にベンチャー企業として起業からの年数が少ない場合や、中小企業にとって日々の資金調達が会社の営業にまで直接影響を及ぼすことがあります。

法人カードで現金化を行うと、どのようなメリットがあるのか具体的に知っていれば、使い分けを上手く行えるでしょう。

法人カードで行った決済は全て経費として計上出来る

法人カードを使ったクレジットカード現金化サービスは、法人カードが原則として1回払いのみである点を考慮して仕入れ決済に広く活用されています。

利用明細票がそのまま仕入れ経費として全て計上出来るからこそ、多少現金化時に手数料が掛かったとしても大した問題ではありません。

売上を上げるために必要な営業経費として法人カードを使った決済が行えるからこそ、事業規模に応じて利用限度額も高く設定されています。

個人向けクレジットカードならば数十万円という利用限度額に対して、法人カードならば300万円~500万円という範囲が一般的です。

クレジットカード現金化業者にとっても大口取引となるために、法人カードを使ったクレジットカード現金化時には個人向けよりも高い換金率が提供されています。

個別に融資審査を受ける必要が無いからこそ運転資金として使える

クレジットカード現金化サービスを利用してすぐに現金を手に入れられることは、運転資金を速やかに補充することが出来る手段として有効です。

中小企業を中心として現金決済と手形決済が普及している背景として、消費者向けにクレジットカード決済比率が増えると黒字倒産を起こすリスクが増えます。

売上が上がったとしても実際の入金が翌月末以降という状況では、先に仕入れの支払いが来てしまえば営業面では黒字でも手形の不渡りを出しかねません。

黒字倒産の原因としてクレジットカード決済の入金が遅いという問題があるからこそ、法人カードを使ったクレジットカード現金化は運転資金調達方法として優れています。

実際に銀行から追加融資を受けるためには、融資に必要な書面を提出した上で1週間~数週間待たなければなりません。

法人カードで現金化すれば、最短即日で現金振込を受けられるからこそ運転資金を即座に確保出来るメリットが計り知れません。

クレジットカード現金化なら換金率が固定で資金調達方法として安定している

クレジットカード現金化サービスを利用する際には、一定の手数料が必要となりますが、少なくとも毎回激しく換金率が変動することはありません。

なぜなら、法人カードに対応しているクレジットカード現金化業者は、大口取引を前提としているので毎回ある程度固定の換金率で取引してくれます。

個人客よりも繰り返し取引を行う回数が多くなるからこそ、法人カード専用の特別換金率が提供されていることも珍しくありません。

毎回新たな融資申し込みを受ける際には、個別に融資申し込みをしなければならず、審査の結果として借入が出来ないことがあります。

法人カードを現金化すれば、利用限度額の範囲内で繰り返し利用できるからこそ、常に安定した資金調達方法として審査不要で利用できるメリットが大きいです。

他の融資申し込みを行っていたとしても、最終的に審査が通らなかった場合の保険としてもクレジットカード現金化サービスは使えます。

法人カードで現金化をする際の注意点

法人カードで現金化サービスを利用する際には、個人のクレジットカードで現金化する場合と異なり注意しなければならないポイントがあります。

個人でクレジットカード現金化サービスを利用した経験があるからといって、法人カードも全く同じ基準で使えるとは限らない点に注意が必要です。

では、具体的に法人カードを使ったクレジットカード現金化を行う際には、どのような注意点があるのでしょうか。

法人カードで現金化サービスを利用する際には現物売買履歴が必要

法人カードを使ったクレジットカード現金化サービスは、複数の現金化業者を比較した上で現物売買履歴が必要となります。

なぜなら、法人カードを使った決済では仕入れとして計上することになるので、現物商品を確かに売買して引き渡しが完了している書類が会計上求められるわけです。

このため、実際に商品をやり取りしていない取引をしてしまうと、後から架空取引を疑われてしまうリスクが生まれます。

そこで、法人カードを使った現金化では、伝票を作成して確かに現物売買を行ったという履歴を作る必要があるので書類作成に対応している現金化業者を選びましょう。
法人カードを専門的に取り扱っている現金化業者ならば、納品書作成と送付程度には対応してくれます。

売買履歴をしっかり残さなければならないという点を忘れずに現金化サービスを利用しなければならない点に注意が必要です。

法人カードの多くが一括払いしか利用できない点に注意

個人のクレジットカードには、一括払いだけでなく分割払いやリボルビング払いが設定されていますが、法人カードの多くが一括払いを前提としています。

中には分割払いに対応している法人カードもありますが、分割払い金利については事前に契約内容を正確に把握しておかなければなりません。

なぜなら、銀行からの融資を受ける場合よりも法人カードを使った分割払い金利は、与信力に応じて高い場合と低い場合が顕著に表れるからです。

与信力が高い法人ほど、クレジットカード現金化サービスをそもそも必要としていないために、最初から有担保融資を根抵当により銀行と設定しています。

中小起業やベンチャー企業が銀行からの融資を受けられるか分からない状況だからこそ、法人カードを使った現金化サービスを利用しようとするわけです。

このため、必ず法人カードの引き落とし日を計算した上で一括払いしか出来ないと知りつつ使う必要があります。

返済計画をしっかり立てないと手数料が負担になる

法人カードを使ってクレジットカード現金化サービスを使った資金調達を行うと、返済時に一括払いならば手数料無料というメリットが生まれます。

しかし、現金化サービスを使った際の換金率は80%~85%程度となるので、換金時の手数料は必ず発生するわけです。

いくら法人カードならば一括払いでクレジットカード会社に対しての金利手数料無料だからといって、現金化業者に支払う手数料についても考慮しなければなりません。

返済計画をしっかり立てた上で法人カードを使った現金化を行わなければ、返済が負担になってしまい倒産リスクを引き上げることとなりかねません。

法人カードによる現金化は、運転資金や短期的な資金調達が必要な場合のみ限定的に利用することが望ましく、乱用するものではないという点に注意が必要です。

法人カードならば、豊富な利用限度額設定を活かした使い方をすることにより、取引に必要な現金を常に用意出来る現金化サービスを有効活用出来ます。