クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

知恵袋によくある現金化の質問に回答!知恵袋の質問がステマって本当?

知恵袋によくある現金化の質問に回答!知恵袋の質問がステマって本当?

疑問に思っていることに対して質問をし、たくさんのかたからの回答を得られる知恵袋はとても便利なツールです。

その分野は多岐にわたっており、現金化に関心があるかたも多数見受けられます。

ただ、情報を得るために役に立つサービスではありますが、信憑性に関して不安視しているというかたも多いでしょう。

実際のところ、知恵袋に投稿されている現金化についての回答は信用できるものなのか、なぜステマが多いと考えられているのかを確かめていきたいと思います。

知恵袋によくある現金化の質問にお答えします!

知恵袋によくある現金化の質問にお答えします!

知恵袋で現金化に関する質問を確認してみると、現金化行為の安全性や、本当に誰でも行うことができるのかといった、現金化に対して基本的な知識が不足している初心者からの疑問が目立つことがわかります。

また、現金化への悪い印象から勘違いをしているかたも少なくありません。

ホームページで業者をチェックしたり、業者を通さない方法などを調べているものの、実際に行動を移すには至れない初心者は、まず現金化に関して不明な点を1から整理していくことをおすすめします。

現金化行為を罰する法律がないため利用者が逮捕されたことはない

現金化に関しては特に、現金化は違法行為であり発覚したら逮捕されてしまうのではないかという心配がされていて、多くのかたから質問が寄せられており、それに対する回答もさまざまです。

絶対にやめたほうがいいという反応もありますが、実際のところ、現在では現金化そのものを罰する法律はありませんし、現金化を行って逮捕されたかたもこれまで1人もいません。

事件になったのをニュースで見た記憶があるかたもいるでしょうが、逮捕されたのは出資法違反と貸金業法違反で摘発された現金化業者のみです。

その印象があるため、現金化がイコール違法行為であると思い込んでいるかたも少なくありません。

しかし、今でも数多くの現金化業者が適切な許可を得て実店舗を持ち、オンラインでも営業をしています。

このことからも、現金化そのものは法に反していないことがわかるでしょう。

とはいえ、法律には触れないもののグレーゾーンであることには変わりありませんので、その自覚を持って利用することが大切です。

現金化は闇金とは異なりそもそも貸金行為ではない

とにかく現金化業者は怪しい、闇金業者と同じではないかという声も多数聞かれます。

だからこそ安全性が問われがちですが、そもそも現金化は消費者金融業者が行っている貸金行為とは異なり、借金をして現金を手にするわけではありません。

たとえば、業者を介して行われている一般的なクレジットカード現金化は、自身が所持しているカードのショッピング枠を使って買物をし、キャッシュバックサービスを受けたり購入したものを中古品として買い取ってもらうことで現金に換えられます。

元々、自身のクレジットカードで使える分のお金ですし、他所から借り入れたわけではありません。

支払いもクレジットカードの引き落とし口座に、引き落とし指定日までに用意をするだけです。

一方の闇金は、多重債務者やブラックリストに載っている審査に通りにくいかたをメイン対象に、法定金利以上の高金利でお金を貸し付ける業者を指します。

そもそも違法業者ですし、法に則って営業している現金化業者とは全く違う存在です。

業者を介した現金化は審査不要で利用可能

借金があって現金化を行う際に審査が通るか心配、そんな声も少なからずあります。

ですが、そもそも現金化に審査は必要ありませんし、クレジットカードを所持しているかたであればどなたでも手続きを行うことが可能です。

また、業者を利用しなくても、自身で換金率の高い商品を購入、売りに出すなどして簡単に現金化することもできます。

借金をしていてもフリーターでも無職でも問題なし、もちろん、現金化をして信用情報に載るようなこともありません。

ただ、現金化業者の中には未成年との取り引きを行っていないところも少なくないため、その点は事前に確認をしておくことをおすすめします。

また、審査はありませんので収入や職業、家族構成などはチェックされませんが、利用するクレジットカードが本人名義であること確認するために、必ず身分証明書の提示が求められます。

予め免許証などを準備をしておきましょう。

知恵袋の現金化の質問や答えがステマだと言われる理由

知恵袋の現金化の質問や答えがステマだと言われる理由

知恵袋の質問と回答の中には、特定の業者が自作自演したサクラの書き込みであると見られるものや、実際に利用したことがないかたがにわか知識でやり取りをしているケースも少なからずあります。

そしてそれは、現金化に関するものも例外ではありません。

だからこそ、現金化に関する肯定的な回答がステマではないかと見られがちです。

大切なのは、その情報を鵜呑みにせずに自身でも正確性を調べ、納得できるものを参考にすることにあります。

現金化のリスクが書かれておらずに安全性ばかり強調される

現金化初心者がその安全性を不安視しする中、知恵袋内で現金化は違法ではない、利用者にはリスクがないと安全性ばかり強調されれば、余計に怪しく感じることは否めません。

現金化業者が利用を検討しているかたの警戒心を解き、積極的にサービスへと誘導しているように見えますし、ステマだと判断されます。

現金化行為は、確かに違法ではありません。ただ、現金化に詳しいかたであれば、全く問題がないとも言い切れないことを理解しています。

わかった上で慎重に手続きを進めていくことが重要です。

クレジットカード業者は発行したカードの現金化利用を禁止しており、利用規約にもきちんと書かれています。

もし発覚すると利用停止、一括返済、強制退会といった処置を取られる可能性が高くなりますので、違法ではなくても明確に違反行為であることを知っておかなければなりません。

特定の現金化業者がおすすめされている

現金化をする場合にどの業者を利用すればいいのか悩みますし、実際の利用者の声を確認したり、レビューを比較するかたがほとんどです。

知恵袋でも同様に、おすすめの現金化業者はどこかといった質問がされています。

この際にここを使ってみたけれども対応がよかった、換金率が高くて満足したと高評価をし、特定の業者を挙げる回答があれば、多くの場合にステマを疑うことになるでしょう。

実際、現金化業者に限らずにこうした知恵袋の商用目的での利用が問題になり、業者ホームページのURLつき投稿に制限がつけられた経緯もあります。

一般人に成りすましてしまえば投稿者を特定することはできませんし、自作自演による被害がたくさん出てしまったのです。

現金化業者には悪質な営業を行っている業者もあれば、長年の実績がある優良業者もあります。

知恵袋で他者におすすめされるままに利用を決めず、情報を整理して取引先を探すことが大切です。

安易に換金率の高さが謳われている

現金化業者のホームページを見てみると、最高換金率97%以上と限りなく100%に近い数値を掲げているところも少なくありません。

そして、知恵袋の書き込みにもこの業者は宣伝にあった通りに驚くほど高い換金率で取り引きができた、損をしたくないかたにおすすめしたいという声も見られます。

ところが、現金化の仕組みを正確に理解していれば、業者は諸々の手数料で利益を得ていることがわかるため、提示されている最高換金率は大口の取り引きかつ特定の条件下でのみ、相談を重ねた上で達成する可能性がある数値であると知ることができるはずです。

一般利用者が該当することはほぼありません。

平均すると、通常の取り引きによる換金率は70%から80%ほどに留まります。

思った以上に換金率が低かったといった悪い書き込みも少なくありませんが、こちらは本音と見ることができるでしょう。

この業者で90%以上の換金率で現金化できたとあからさまな書き込みがあれば、それは間違いなくステマであると判断できますが、大抵は内容を否定する書き込みも増えていきます。

安易に飛びつかないように気をつけなければなりません。