クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

未成年者は親の同意なしでクレジットカードを作れない!その理由とは?

未成年者は親の同意なしでクレジットカードを作れない!その理由とは?

消費税の増税がスタートし、テレビでもネットニュースでも多くの話題に上がっているのがキャッシュレスです。

キャッシュレスとはその言葉の通り「現金以外で決済を行うこと」です。

主な支払い方法としては、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードなどがあります。

ポイントが付与されたり、独自の還元を行ったりするサービスもあり、この機会に利用を考えている方もいるのではないでしょうか。

その中でも、使用できる店舗数が多くて便利なのがクレジットカードです。

しかし、クレジットカードを契約するためには、クレジット会社の規定を満たしている必要があります。

今回は、未成年者が利用するためのルールをお伝えします。

未成年者は親の同意なしでクレジットカードを作れない!その理由とは?

未成年者は親の同意なしでクレジットカードを作れない!その理由とは?_2

現金いらずのクレジットカードは、これからのキャッシュレス社会に向けて1枚はもっておくと便利です。

クレジットカードを作れる年齢は18歳以上なので、未成年者でも手に入れることは可能です。

ただし、未成年者の場合は、契約するためには必ず親権者の同意が必要になります。

「支払いはちゃんと自分でするから」「親には迷惑かけないから」と思っていたとしてもダメです。

ではなせ、未成年者が自分ひとりで契約することができないのでしょうか。

その理由は大きく3点ありますので、順に解説していきます。

法律で「親権者の同意が必要」だと決まっているから

まず、未成年者がクレジットカードを申し込むためには、「親権者の同意を得る」という条件をクリアする必要があります。

これは、ある特定のクレジット会社に限ったことではありません。

法律で定められているため、全てのクレジット会社の規約に取り入れられています。

ここで申込者が未成年者であった場合の「契約の流れ」を紹介しておきましょう。

申込書をクレジット会社が確認し、未成年者による契約希望だと把握します。

次に、クレジット会社の担当者から親権者に連絡が入り、「親権者の同意」を確認した上で契約が確定します。

連絡は、書面もしくは電話で行われますが、ほとんどの企業はオペレーターが電話をします。

そのため、勝手に申し込んだとしても親にはすぐ気付かれてしまうでしょう。

また、仮に親権者の署名や捺印を自分で行えば、罪に問われることになるので絶対に止めてください。

社会的に未成年は子供。まだ責任をとれないから

「選挙権だってあるのに、いまだに子ども扱いなんて…」と思っている方もいることでしょう。

しかし、現在の日本の制度では、20歳以上でないと成人とは認められていません。
(2022年4月に成人年齢が18歳に引き下げられる法案が施行予定。現在の法律では未成年です。)

契約者が未成年者であるということは、責任者は親権者であるということです。

仮に未成年者がクレジットカードを使用して、支払いが滞った場合はどうなるでしょうか。

普段は自分のアルバイト代で支払えていたとしても、容赦はありません。

クレジット会社は、すぐさま親権者に請求を行います。

そのため、最終的な責任者である「親権者の同意」が、未成年者の契約には必要なのです。

ちゃんと規約を守れば不自由なく利用できるから

世の中には規約に則り、「親権者の同意」を得てからクレジットカードを利用している未成年者が数多くいます。

それは、この規約が適正に運用されていることを証明しています。

もし「親権者の同意」があまりにも実現不可能な条件だったのであれば、法律も変わったかもしれませんが現状では難しいでしょう。

規約を守って契約すれば、自由にクレジットカードを利用できるため、未成年者の不利益とまでは考えられないからです。

なかには、親権者に内緒で契約したかった方もいるでしょう。

しかし、本当にクレジットカードを利用したいのであれば、親権者を説得する方法を見つけることが一番現実的です。

毎月の利用額や支払い方法について具体的に計画を立てて提案してみましょう。

クレジットカードの利用は法律に従うのが安全

ここまで、未成年者が親の同意なしではクレジットカードを作れない理由についてお伝えしてきました。

どうしても契約したいのであれば、法律に従い「親権者の同意」を得てから利用してください。

18歳以上であれば契約可能なので、興味のあるクレジット会社について調べてみましょう。

ただし、クレジットカードは使えば使うほど請求額が膨れ上がるものです。

自分自身でしっかりとルールを作った上で、計画的に利用することが大切です。