クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

Amazonギフト券買取がバレるとまずい理由|バレないようにする方法

Amazonギフト券買取がバレるとまずい理由|バレないようにする方法

今すぐ手持ちの現金を増やしたい方や、所有しているけれど登録しておらず不要なので現金化しておきたいという方を中心に、Amazonギフト券買取に関するサービスが人気を集めています。

一方、非常に換金率が高いことからAmazonギフトギフト券の売買自体を公式側が禁止するなど、その取引自体に厳しい監視の目が注がれているのもまた事実。

それでも、Amazonギフト券を現金化したい方や不要なギフト券を買い取ってもらいたい方はどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、なぜAmazonギフト券買取がバレるとまずいのか?

その理由について詳しく解説すると共に、逆にバレずに買取ができる方法についても詳しくご紹介していきます。

Amazonギフト券買取がバレるとまずい理由

Amazonギフト券買取がバレるとまずい理由

換金率の高さを始め、様々な理由からその買取行為自体が禁止されているAmazonギフト券。

それでも、バレた際のリスクを顧みず現金化を狙ってAmazonギフト券買取サービスを利用するという方が後を絶ちません。

そもそも、なぜAmazonギフト券買取がバレるとまずいのか?

まずはその理由について詳しく理解しておくことで、その後の対策法も自ずと見えてきます。

ここでは、買取がバレることで考えられるそのリスクについて代表的な3つのものを詳しくご紹介していきましょう。

決済したクレジットカードの利用艇処分

Amazonギフト券買取サービスを使って現金化を狙っている方のほぼ全てが、Amazon公式サイトで販売されているAmazonギフト券を購入してそれを買い取ってもらっていると思われますが、この時に多くの方が決済方法として使っているのが、言わずと知れたクレジットカードです。

実はこのクレジットカードには、Amazonギフト券買取の事実がバレることによって決して無視できないレベルのリスクが存在しています。

それが、決済に用いたクレジットカードの利用停止処分というもの。

Amazonギフト券買取を狙って行っている方の中には、その本来の目的としてクレジットカードに設定されたショッピング枠の現金化というものがあります。

今すぐ現金が入手したいけれど利息が高いキャッシングなどはできるだけ使いたくないという方にとって、ショッピング枠の現金化は最も手軽で有効な手段と言え、その上で換金率の高いAmazonギフト券はうってつけの対象といえます。

ところが、そもそもクレジットカードはそこに設定されている約束事となる規約を通じて「換金を目的としたショッピング枠の利用」を堅く禁止しています。

当然ながら、ショッピング枠を使って購入したAmazonギフト券の買取と現金化はこの規約に抵触し、これがクレジットカード会社に万が一バレてしまうと、最悪、クレジットカードにまつわる様々な処分が下されます。

その処分としては

  • 決済に用いたクレジットカードの利用停止
  • 新規クレジットカードの発行申請の拒否

という2つのもので、いずれもAmazonギフト券の現金化を狙っている方にとっては、決して無視できない手痛いリスクといえるでしょう。

携帯電話会社のキャリア決済停止

多くの方がAmazonを通じて利用しているもう1つの決済手段となっているのが、携帯電話会社を通じたキャリア決済という方法。

これは、大手携帯電話会社の毎月の通話料や通信料などの費用と合算してAmazonで購入した商品の費用をまとめて支払える方法のことです。

この方法を使うことでAmazonで様々な商品と共にAmazonギフト券の購入も可能となります。

このように、非常に便利な使い勝手を誇るキャリア決済ですが、万が一、このキャリア決済という方法を用いてAmazonギフト券を購入し、そのギフト券の現金化の事実がバレてしまうと、携帯電話会社を通じたリスクが課せられます。

それが、キャリア決済の利用不可処分です。

文字通り、携帯電話会社を通じた便利なキャリア決済自体が利用不可となってしまい、特にクレジットカードをお持ちでない方にとっては非常に痛手となる罰則といえるでしょう。

一時期、キャリア決済を用いた詐欺の手段が頻発したことによって現在はキャリア決済に対する監視も非常に厳しくなっており、特に連続したギフト券購入など見るからに怪しい取引を行った場合は、現金化を疑われる可能性が高い事に留意しておきましょう。

Amazonアカウントの強制退会

Amazonギフト家買取に回る様々なリスクのうち、ほぼ全ての方にとって最も手痛いリスクとなり得るのが、Amazonアカウントの強制退会処分というもの。

文字通り、Amazonの会員としての資格が剥奪されるという処分であり、特にAmazonの会員資格の剥奪が非常に厳しいことでも有名。

一般的な他の通販サイトなどでは、たとえ会員資格が停止あるいは剥奪された場合でも、再度入会することでサービスを利用することができるようになっています。

Amazonの場合は、氏名だけでなく住所や連絡先など様々な個人情報を多角的に取り扱った上で個人の特定を行っており、一度退会処分が下されたユーザーは、たとえ個人情報を若干変えた上で登録したとしても個人が特定され、再びサービスの利用が停止させられてしまうほど。

実質、一度強制退会処分を受けてしまうと、以後二度とAmazonサービスを利用することができなくなるといっても過言ではありません。

そして、Amazonギフト券買取の事実がバレるとヤバい最大の理由となるのがこの点で、Amazon運営側に買取の事実がバレた時点で、ほぼ確実のこの処分が下されると思っておいて間違いないほど。

Amazonでは、会員登録を行う段階で利用者に対して会員規約への署名と遵守を求めており、会員として登録したと言う事はその規約を了承したと見なされます。

この会員規約には、Amazonギフト券の買取や現金化という行為自体を禁止する一文が設けられており、文字通りAmazonギフト券買取はこの部分に抵触するわけです。

様々な規約違反と比べギフト券にまつわる行為は不正利用と見なされるほどの厳しさとなっており、バレるとヤバい理由として必ず頭の隅に潜ませておきましょう。

Amazonギフト券の買取を行っていることをバレないようにする方法

Amazonギフト券の買取を行っていることをバレないようにする方法

Amazonギフト券の買取を行いそれがバレることによって、多方面から様々なリスクや処分が科されると言う事を詳しくご説明しました。

それでも、Amazonギフト券は非常に換金率が高くその処分伸しやすさも魅力的なギフト券であり、今すぐ現金を入手したい方にとっては現金化を目指す上で決して無視できない存在ともいえるでしょう。

では、Amazonギフト券の買取をできるだけバレないようにする方法はないのでしょうか?

実は、100%ととまではいかないまでも、限りなく低い確率にまで買取の事実をバレさせないようにする方法はいくつか存在しており、これらの方法を徹底的に実践することで、バレる確率を最大限減らすことも十分に可能なのです。

では、その方法とはどういった物なのか?いつくか方法がある中で、特に多くの方が実践しやすくまた効率の良い方法を中心に3つご紹介しましょう。

高額な決済は避け低額決済を心がける

そもそも、Amazonの運営側はその判断の難しさに定評のあるAmazonギフト券の買取をどのような方法で判断・認定しているのでしょうか?

詳細についてはAmazonの運営側にしかその内容を知ることができませんが、おおよその方法として、Amazonギフト家の購入取引に対する不自然な取引をピックアップして徹底的に監視調査する方法が有力視されています。

例えば、Amazonギフト券ばかりを10万円分や5万円分など高額な額面で繰り返し購入しているアカウントがあれば、通常のアカウントの購入取引と比較してみても異様な取引内容と言わざるを得ません。

それ以外にも、ここまで高額な費用ではないとしてもAmazonギフト券ばかりを短期間で繰り返し購入しているアカウントほど買取や現金化を疑われやすく、最終的に監視が行われた上で規約違反の行為と認定されるケースが多く見られます。

この方法を逆手に取ったバレない手段として、Amazonギフト券を購入する際には、5,000円や1万円以下といっできるだけ額面の低い価格で購入し、なおかつ購入毎にギフト券の額面を必ず変えることを徹底しましょう。

こうすることで、Amazonギフト券の現金化の判断とされる額面の高さという条件に引っかからず、なおかつ毎回金額を変えることでギフト券の目的をプレゼントや他人への進呈など他の目的とごまかすことができます。

EメールタイプのAmazonギフト券に限定する

現在、Amazonではその目的や利便性を考慮した4つのタイプのAmazonギフト券を販売しており、それぞれの目的に合わせた形で購入者は自由に選択可能です。

実はこの4種類のAmazonギフト券の種類にも、Amazonギフト券の買取が疑われる確率に違いがあるという事をご存じですか?

この中で最も買取を疑われる可能性を下げることができる商品となっているのが、EメールタイプのAmazonギフト券なんです。

実際に購入した経験がある方ならご存じだと思われますが、Amazonではギフト券の購入に関する決済手段として、クレジットカードとキャリア決済、そして代金引換の3つの方法を採用しています。

ところが、Eメールタイプのギフト券に限ってはクレジットカード決済に限定されているのです。

ここで重要なのが、普段からクレジットカードを使ってAmazonギフト券を購入し買い取ってもらっている方。

クレジットカードでしか購入が認められていないEメールタイプのものだからこそ、クレジットカードで購入してもその決済方法で疑われる心配がありません。

ギフト券の種類によっては、クレジットカードを使い続けることで逆に疑われてしまうタイプの物もあるので、そのリスクを考えると、クレジットカードだけで自由に購入できるEメールタイプが、最もバレるリスクを減らせる方法といえます。

Amazonアカウントの登録情報と同じカードを使う

Amazonギフト券を購入する際に使っているアカウントに登録された住所や氏名、連絡先といった個人情報と全く同じ情報で登録したクレジットカードだけを使う方法もまた、買取や現金化を疑われるリスクを最小限に減らせるおすすめの方法です。

クレジットカード会社には、Amazonで決済が行われるたびに、その決済が行われたAmazonアカウントの情報が購入商品や代金に関する情報と共に送信されています。

この情報を参照した上でカード会社側は不正利用かどうかを判断しています。

もしここで、カード会社に登録している個人情報と違う情報が登録されたAmazonアカウントで換金率の高いAmazonギフト券を連続して購入した場合、カード会社側は不正利用を真っ先に疑いカードの決済停止やAmazon側への情報提供などの行動を開始します。

これによって、そのギフト券の購入自体が監視対象とみなされる上、最悪の場合は決済自体が拒否されたりAmazonでの利用が停止させられるなどの処分を受けるリスクが考えられます。

なので、バレる危険性を下げるためにも、必ず使用するクレジットカードの個人情報とAmazonアカウントの個人情報は同一の内容に統一しておきましょう。

こうするだけでも、バレる可能性を大幅に減らした上で買取や現金化の事実を追求されずに済みます。