クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

JCBカードのお申し込みの流れ|審査の基準や自分で現金化する方法

JCBカードのホームページのキャプチャ

JCBは日本発で唯一の国際カードブランドなので、知名度が高く利用している人も多いです。

これからクレジットカードを作ろうと考えている人にとっては、国内の会社であるという安心感も手伝い、Visaと並んで候補になっているのではないでしょうか。

しかし安全性という面では間違いのないJCBも入手後の現金化を視野に入れているのなら、申し込み前に注意しなくてはいけない点があります。

クレジットカードは会社ごとに持っている特徴があり、使用目的によってブランドを決めるのが正しい選び方です。

JCBカードを作って現金化を考えているなら、そこにあるメリットとデメリットを理解してから申し込みをした方が間違いありません。

普段使いをするには便利で信頼感のあるブランドなので、JCBカードが持つ特徴を知り賢く使いこなしましょう。

JCBカードの種類と特徴

JCBカードの種類と特徴を掲載している画像JCBカードは日本発のクレジットカードですが、国際的なブランドとして知名度が高く、実際に多くの国で使用可能になっています。

一方で各企業と提携しているためカードの種類が膨大で、これから作ろうと思うとどれを選べばいいのか決めるのが難しい面があります。

ポイントの付与率もパートナー加盟店によって異なるので、普段よく利用しているお店の種類も踏まえて考えた方が損をしません。

誰でも申請可能な一般的なカードから、プレミアムなカードまで複数のタイプがあり、カードのグレードは審査の通りやすさにも影響してきます。

またJCBカードは種類により審査にかかる時間も変わってきますが、すぐにカードが欲しいという状況であれば、オンラインから申し込んだ方が早いです。

人気の高いJCBカード4種

  • JCB一般カード
  • JCB CARD W
  • JCBゴールド
  • JCBプラチナ

少しでも審査の期間を短く、通りやすくしたいなら『JCB一般カード』『JCB CARD W』を選ぶのがベターです。

『JCBゴールド』は海外利用でポイントが2倍になるので、よく海外へ行く人にメリットが大きいですが、年会費10,000円がかかります。

『JCBプラチナ』はポイント優遇を含め数多くの特典が付きますが、入手するための審査条件が厳しく年会費も2,5000円と高額です。

JCBカードの作り方と年会費

支払いでブラックカードを出している人クレジット機能を持つJCBカードを作るには、申し込みをして審査を受ける必要があります。

種類によっては加盟店の店頭等でも申し込みはできますが、即日発行も可能で審査に時間がかからないのはWEBからのオンライン申し込みです。

『JCB CARD W』はWEBからしか申し込みができないクレジットカードですが、年会費無料や高いポイント還元率が人気になっています。

JCBカードを使用しての現金化を考えるならポイントは大事になるので、『JCB一般カード』よりも選ぶ価値が高いです。

しかし『JCB CARD W』は39歳以下しか作れないという条件が付くので、自身の状況と照らし合わせて考えましょう。

JCBカードの年会費

JCB一般カード1,250円(初年度無料/2年目以降は年間50万円以上のショッピング枠利用で無料)
JCB CARD W無料
JCBゴールド10,000円(オンライン入会の場合のみ初年度無料)
JCBプラチナ25,000円(申し込み条件25歳以上)

WEBからのオンライン申し込みで39歳以下限定と条件は限られますが、『JCB CARD W』の年会費無料は魅力的です。

『JCB一般カード』も条件付きで2年目以降も無料になりますが、ショッピング枠だけで50万円の利用が必須なのは少しハードルが高いです。

『JCBゴールド』の年会費無料はオンライン入会の場合のみになるので、発行を検討している人は気をつけましょう。

ネットでのJCBカード申し込みの流れ

店頭での申し込み時はスタッフの案内に従った方が間違いないので、こちらではネットでの申し込み時の流れを紹介します。

本人確認書類は画像データでの提出でも問題ないので、コピーを用意して郵送するような手間がかかりません。

  1. 「今すぐオンラインで口座設定をする」を選択して設定を済ませる
  2. 本人確認は不要、後日届いたカードを受け取って終了
  1. 運転免許証番号を入力して「カードお届け時に運転免許証を確認」を選択する
  2. カードが届いたら配達員に運転免許証を提示して本人確認終了
  3. 口座振替依頼書で口座の設定をする

この2つの方法が最も手間なく申し込みをすることが出来ます。

運転免許証での確認は保険証など他の身分証明書では利用できないので、免許を持っている人のみが対象になります。

JCBカードの審査基準は?

クレジットカードの審査基準はJCBに限らず公表されていませんが、いくつかの項目を総合して考えられるのが通常です。

基本は人の目と手ではなく審査システムによって判断されるので、数字としてはっきりわかる信用情報が重視されます。

  • 安定した職業に就いていて毎月一定の収入があるか
  • 年齢や雇用形態などの条件に反していないか
  • カード利用で過去に支払いの延滞がないか

JCBカードもこれらの条件を総合して見て、審査の結果を決めます。

同じJCBのカードでも一般とゴールドでは審査基準が異なるので、信用情報に不安があれば一般カードで申し込んだ方がいいでしょう。

JCBカードで現金化はできる?

ゴールドカードを顔の前に持ってきている女性JCBのクレジットカードを使用しての現金化を『できる』、『できない』の2択で考えるなら、できる事は間違いありません。

しかしJCBは他のクレジットカード会社と比較して、厳しく現金化行為を取り締まっていると言われています。

現金化はカード会社の規約違反にあたるので、バレてしまった際には取返しのつかないリスクがある事を覚悟する必要があります。

それでもJCBカードを現金化に利用したい理由がある、もしくはJCBカードしか手元になければ十分によく考えてから実行しましょう。

単純にショッピング枠を利して現金化するよりも、貯まったポイントを利用する事で安全に現金を手に入れられるケースもあります。

特に39歳以下の人はamazonで『JCB CARD W』を利用する事によって、多くのポイントがまとめて手に入ります。

『JCB CARD W』を使いamazonギフト券を購入する

『JCB CARD W』を利用してamazonで買い物をするとポイントが最大で7倍になります。

購入する商品にamazonギフト券を選べば、換金して現金を得ると同時に多くのポイントが貯まるという流れです。

貯まったポイントでamazonギフト券を再度購入して換金すれば、現金化業者を利用するよりも多くの現金が手に入る可能性が高いです。

『JCB CARD W』でamazonギフト券を購入する際の注意点

一般的にamazonギフト券は一度にまとまった金額を買い取りに出した方が、より換金率のパーセンテージが高くなるシステムが取られています。

しかし換金性能の高いamazonギフト券を一度にまとめて購入してしまうと、JCBの現金化チェックにひっかかるリスクを背負う事になります。

少額ならいいですが多くの現金が欲しいと考えている場合は、JCBカードを利用する事は慎重に考えた方がいいでしょう。

JCBカードは現金化の利用には向いていない?

amazonギフト券などの換金性能の高い商品を買い取ってもらう形での現金化には向いているとは言えません。

手元にJCBのクレジットカードしかないのであれば、キャッシュバック方式を採用している業者を利用した方がリスクは少ないです。

一方でポイントのバック率がいいので、使い過ぎに注意していればかなりお得に現金を得られるカードでもあります。

以上、『JCBカードの申し込みの流れ|気になる審査基準や自分で現金化する方法など』というお話でした。