クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

Paypal(ペイパル)で現金化をする方法・手順・注意点を解説!

Paypal(ペイパル)で現金化をする方法・手順・注意点を解説!

海外の店舗やオンライン決済を行う際に、その補償の手厚さから非常に心強い味方となってくれる決済手段の1つにPaypalがあります。

最近では、日本国内のオンライン店舗でもPaypal決済を採用するところが急増するなど、日本でも徐々に認知度が高まっているほどの、海外ではいまや当たり前のサービスといっても過言ではありませんよね。

この安心感抜群のPaypalを通じて現金化を図る方法はないものでしょうか?

海外の高い利ざやが見込める商材をPayPalを通じて売買できれば利益も自ずと高められるはず。

今回は、PayPalを使って現金化を図れる方法やその手順、そして実際に現金化を行う上で注意しておきたいポイントについて詳しく解説していきます。

Paypal(ペイパル)で現金化する方法・手順

Paypal(ペイパル)で現金化する方法・手順

お持ちのクレジットカードをあらかじめ登録することによって、利用者と商品の販売業者の間に立ってその取引を仲介する業者の1つが今回ご紹介するPayPalです。

このPayPalを介在させることで、取引にまつわる様々なリスクに万全の補償を適用させることができます。

この安心感をそのままに、お持ちのクレジットカードを使って現金化を図ることができれば、これほど心強い現金化の手段はありませんよね。

では、実際にPayPalを通じて現金化をする方法としてどのような方法が考えられるのでしょうか?

具体的な手順について、以下で詳しくご紹介していきましょう。

個人間取引での現金化

実はこのPayPalを使ったクレジットカードの現金化作業は日本だけでなく、欧米諸国を中心に世界中で行われているポピュラーな方法の1つです。

その中でも特に多くのユーザーが現金化の手段として活用しているのが、PayPalで使える個人間取引を使った方法。

PayPalは、個人と商店との商取引に介在するだけでなく、個人同士で商品やサービスを売買する個人間取引にも介在を行っており、基本的な補償サービスを始め決済の代行なども全て担っています。

そのやり方については次の通り。

  • STEP.1
    2つのPayPalアカウントを用意する

    まず、PayPalのアカウントを2つ用意します。

    このとき、2つのアカウントは同一の住所や氏名、連絡先と同じクレジットカードで登録するのではなく、できるだけ異なった個人の情報やカードで登録するのが基本。

    できれば、親しい友人など現金化を理解してくれる存在をパートナーとして選ぶと良いでしょう。

  • STEP.2
    一方のアカウントからもう一方へ、希望額を「送金」する

    次にアカウントを2つ用意できたら、一方のアカウントから毛一方のアカウントに対して希望の金額を入力した上で送金の手続きを行います。

    こうすることで、送金元のアカウントに登録されたクレジットカードより送金先のアカウントに希望額の入金が行われます。

  • STEP.3
    送金されたアカウントで入金手続きを行う

    最後に、送金を受けた側のPayPalアカウントからその金額の受け取りを行います。

    この場合、指定の金融機関口座を登録した上で入金を行う方法が一般的です。以上で、個人間取引を活用したPayPalでの現金化が完了となります。

商品券・ギフトカードの購入

PayPalでの個人間取引を活用した現金化の手段が最もポピュラーながらも、完全別個人でのアカウントの準備がどうしても困難という方にとってはハードルが高く、そういった場合にオススメしたい方法となるのがこちらの手段。

クレジットカードを活用した現金化手段としても既におなじみの商品券やギフトカードなどいわゆる金券と呼ばれる商品を購入・換金する方法ですが、これはPayPalでももちろん有効です。

その手順については以下の通り。

  • STEP.1
    PayPalアカウントを作成し、クレジットカード情報を登録する。
    既にPayPalアカウントを作成している方はそちらを使って構いませんし、まだお持ちでない方はアカウントを作成した後、決済に用いるクレジットカード情報を登録しご準備を。
  • STEP.2
    PayPalが利用可能なショッピングサイトで商品券を購入する

    ショッピング枠の現金化の手段として最もポピュラーなのが、還元率や取引率の高さで突出するAmazonギフト券ですが、Amazon公式サイトではアメリカでも日本でもPayPalは決済手段として採用されておらず、公式サイトを通じた購入は不可能です。

    ただ、ここで諦めることなかれ。

    Amazonギフト券をPayPalを使って購入できるサイトとしてアメリカの大手通販サイト「eBay」や「セカイモン」といったAmazonギフト券を商品として陳列しているPayPal対応のサイトを通じて購入できます。

    これらのサイトを通じてAmazonギフト券をPayPal経由でまずは購入しましょう。

  • STEP.3
    購入したAmazonギフト券を買取してもらう

    PayPalを通じて購入したAmazonギフト券は、そのまま商品券としてAmazonギフト券買取サービスを通じて買い取ってもらうことができます。

    ただし、ここで1つご注意を。

    eBayなどAmazon公式サイト以外の海外通販サイトで販売されているAmazonギフト券はアメリカAmazon公式サイトのギフト券であり、実は日本のAmazon公式サイトではギフト券として登録・使用することができません。

    ですから、日本国内で営業しているAmazonギフト券買取サービスの多くでは日本のAmazonギフト券買取に限定しているところが多く、海外で購入したアメリカAmazonギフト券は買い取ってもらえないケースがほとんど。

    ただし、一部買取サービスではアメリカAmazonギフト券の買取を行っているところもあるので、こういったサービスを使って買い取ってもらうことで現金化を図ることができます。

還元率の高い商品の購入

PayPalを通じた現金化を図る上で最も安全かつリスクの少ない方法となるのがこちら。

当然ながら、金券を使った現金化の手段や個人間送金を使った方法のように、直接現金やそれに類する物を扱う方法と比べると換金までの手間が掛かる点がデメリットとなります。

しかし、ご存じのようにPayPalは元々、個人が商品を購入する際の安全手段として活用するべく誕生したサービスです。

この基本理念を活用することでより安全に低リスクで現金化を図ることができます。

クレジットカードだけを使って換金率や利益率の高い商品を購入した上でそれを売却することで現金化を図る方法と同一ですが、PayPal独自の魅力として、海外で販売されている商品のうち、日本国内で高値が付いている商品の購入も安全に行えるというメリットがあります。

それほど、PayPalは海外店舗では当たり前のサービスとして導入されているのです。

その具体的な手順については次の通り。

  • STEP.1
    PayPalアカウントを作成しクレジットカードを登録する
    始めに行うのはこちらの作業から。PayPalで個人アカウントを作成した後、クレジットカードを登録し決済情報とします。
  • STEP.2
    利益率の高い商品をPayPal経由で購入する
    現状、日本国内の店舗よりも海外店舗のほうが使えるお店の数が多く、海外店舗を含めた全てのPayPal利用可能店舗から利益率の高い商品や売却しやすい商品を中心に狙って購入取引を行いましょう。
  • STEP.3
    届いた商品をネットオークションなどを通じて売却する

    PayPalを通じて購入した商品は、国内店舗であれば翌日以降に、海外店舗であれば1週間以上の日数を通じてお手元に届きます。

    届いた商品はそのままネットオークションやフリマサイト、リサイクルショップや買取店を通じて売却し、現金化が完了となります。

Paypal(ペイパル)で現金化する際の注意点

Paypal(ペイパル)で現金化する際の注意点

海外でも現金化が可能な手段の1つとしてスタンダードとなっているPayPalですが、実はPayPal自身はクレジットカードを使った現金化作業自体を公式に認めておらず、厳密に観れば規約違反と見なされてしまいます。

このため、PayPalを使って登録したクレジットカード経由での現金化を図る際には、あらかじめいくつかの点に細心の注意を払っておく必要があります。

これらの注意点を軽視した上で安易に現金化を図ってしまうと、様々なリスクを被る恐れも。

では、実際にPayPalで現金化する際の注意点としてどのようなものが該当するのでしょうか?詳しく解説しますのでチェックしていきましょう。

現金としての入金は数日要する

2つのPayPalアカウントを使った個人間送金手段による現金化作業を行った場合にまず注意しておきたいのが、送金した金額の引き出しには一定の時間が掛かるという点です。

送金して完了したにも関わらず、送金を受けたアカウント側ですぐにその内容が反映されず焦ってしまったという方も多いという最も注意しておきたいポイントの1つといえます。

実は、PayPalでは個人間取引で行われた送金については厳密な確認作業を徹底して行っており、この確認作業が完了するまでの間、一定期間にわたって送金は相手側に完了せずキープされた状態となります。

おおよそ早いケースで最短1日から、長くとも3日~1週間程度で送金完了となるケースが多いようで、送金したのに受け取り側で受け取れないからといって焦らず安易に運営側に確認や問い合わせを行わないようご注意を。

こうした確認が現金化作業がバレてしまう要因となる恐れもあります。

どうしても即日など迅速な現金化を果たしたいのであれば、個人間送金は活用せず物品購入とその売却を通じた現金化をお勧めします。

手数料が発生する

PayPalは、非常に優れた消費者保護制度を数々導入した安全性の高いサービスとして人気で、特に詐欺被害に対する補償制度の充実度は計り知れず、物品購入でPayPalを使う方にとっては強い味方となってくれる制度です。

一方、この制度を維持すべく、PayPalでは様々な形で手数料の徴収制度を設けており、個人間取引で発生した送金額の出金自体に所定の手数料を課しています。

現金化を図る上で個人間送金を活用する場合、送金したお金を出金する段階で必ず手数料が発生するので、あらかじめこの点にも注意しておいてください。

具体的な手数料については、送金手数料として送金総額の3%が送金時に差し引かれ、また送金されたお金の出金手数料として銀行口座振り込みの場合250円の手数料が必ず発生します。

例えば、10万円を2アカウント間でやりとりした場合、送金を受けた側には送金手数料として300円が発生し、その上で出勤時の手数料として250円が発生し、併せて5.5%となる550円が手数料として徴収されます。

ですから、PayPalを使って現金化を図る場合、100%全て現金化できるわけではないという点にあらかじめご注意の程を。

決済時に支払い上限が設けられている

PayPalを使っている方の中にも意外と周知されていない事実の1つとして、一決済時において支払い上限額が設けられているという点があります。

これは、特に高額な商品をPayPalを通じて購入する方にとっては高めなハードルとなりやすく、現金化を希望する方にとってもしばしば気になる制限となりうるケースです。

PayPalでは、不正利用を防止する目的からこのような一決済時における制限額を設けており、その額は一律10万円です。

ですから、10万円を超える商品を購入することは原則としてPayPalでは行えず、PayPal内で現金化を図る場合もPayPalを通じて商品や金券を購入した上で現金化を図る場合でも、10万円未満の額に抑える必要があるということ。

ここまでいくと、「決済を複数にわければ良いのでは?」と思われがちですが、10万円という上限に近い金額を複数決済に渡って行う事自体がPayPal運営側に現金化を疑われるリスクとなり得るため、決してオススメできません。

ただし、PayPalではより高額な取引でもPayPalを使いたいというユーザーを対象に上限額を最大100万円まで引き上げられる「アカウント認識」という手続きを導入しています。

これは、身分証を提出することでアカウントを使用するユーザーの本人確認を行う作業であり、これを行う事で100万円までの限度額内で現金化を図ることも可能となります。

個人情報を提出する必要があるリスクとのトレードオフとなるため、利用の際にはくれぐれも慎重な検討を重ねるようにしてください。