PiTaPaとは?特徴や作り方など!チャージが不要だから現金化しやすい

PiTaPaとは?特徴や作り方など!チャージが不要だから現金化しやすい

PiTaPaとは現在では多くの人に使われている交通系の電子マネーのひとつです。PiTaPaは主に関西で普及していて、私鉄やバスといった交通機関に導入されています。

PiTaPaにはクレジットカードとしての機能も備わっていて、交通機関以外にも様々な場所でのショッピングの支払いに使うことができます。

この記事ではPiTaPaの特徴や作り方について紹介し、どのようなメリットのある電子マネーであるかを解説します。

PiTaPaとは?特徴や作り方など

PiTaPaとは?特徴や作り方など

PiTaPaは交通系の電子マネーの一種です。PiTaPaは全国の交通機関や買い物の支払いに使えるようになっていて、誰でも簡単に使うことができます。

ICカードをタッチするだけで簡単に支払いを済ませることができて手間がかかりません。ここではPiTaPaの特徴や作り方について紹介します。

PiTaPaをどのように使ったらよいかわかりやすく解説するので、PiTaPaに興味がある方や使ってみたい方はぜひ参考にしてください。

PiTaPaの特徴とは

PiTaPaは関西の私鉄やバスといった交通機関から始まった電子マネーです。

現在では50以上の交通機関でPiTaPaを利用することができ、PiTaPaだけで全国の電車に乗車することができます。

PiTaPaの大きな特徴となっているのが、後払い式の電子マネーになっているためクレジットカードとしての使い方もできるということです。

後払い式のメリットとして、あらかじめカードにチャージしておく必要がなくいつでも支払いに使うことができる点があげられます。

他の電子マネーのようにチャージ不足で使えなくなるといったトラブルがありません。また、PiTaPaには割引サービスを始めとした特典が付いてくることも特徴となっています。

PiTaPaを使うことで交通機関の乗車賃が割引されるだけでなく、提携カードも数多くあります。提携カードにもそれぞれに特典が付いてくるため、PiTaPaを利用するにが非常にお得です。

PiTaPaカードの作り方

PiTaPaカードを作るためには、まずは入会申し込みをする必要があります。

PiTaPaの入会申し込みにはオンライン入会と申込書の郵送による入会の2つの方法があります。

オンライン入会する場合はPiTaPaのサイトから個人情報や支払いに使う銀行口座、パスワードといった必要事項を入力することで手続きを完了することができます。

オンライン入会なら必要な情報を送信するだけで手間をかけずに入会できます。

入会手続きからおよそ2週間ほどでPiTaPaカードが手元に届き、その時点から利用を始めることができます。

申込書を郵送して入会する場合は、入会したいカードの問い合わせ先に電話して入会申込書を発送してもらいます。

申込書に必要事項を記入して発送すると、およそ3週間から4週間ほどでPiTaPaカードが届きます。

利用ガイドがカードに付属しているので、ガイドを参考にしながら割引サービスへの登録などを行い、利用を開始してください。

PiTaPaの代金支払い

PiTaPaの特徴としても紹介しましたが、PiTaPaの代金は後払い方式になっています。

カードにあらかじめ代金をチャージしておく必要はなく、カードが手元に届いた時点からすぐに利用することができます。

利用した金額は毎月1日から末日までの分が合計され、翌月25日ごろに利用代金の通知が届きます。

実際に利用代金が引き落とされるのは、翌々月の10日ごろとなっています。利用金額については会員専用のサイトから利用明細を確認することもできます。

支払い方法は一括払いのみとなっていて、分割払いには対応していないので注意してください。銀行口座からの代金引き落としができなかった場合、気づかないうちに利用停止になってしまうおそれがあります。

PiTaPaの利用代金の通知が来たら十分な金額を銀行口座に振り込んでおくようにしてください。

PiTaPaは事前のチャージが不要だから現金化しやすい

PiTaPaは事前のチャージが不要だから現金化しやすい

PiTaPaは後払い方式の電子マネーなので事前のチャージが不要であることを紹介しました。

チャージの必要がないのは、実はカードを現金化する際にもスムーズに現金化ができるメリットになります。

ここではなぜPiTaPaが現金化しやすいカードであるのか解説し、実際にPiTaPaを現金化するためにはどのような手順や方法にすれば良いのかについても取り上げます。

PiTaPaの現金化をしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

PiTaPaが現金化しやすい理由

PiTaPaの大きな特徴となっているのが後払い方式を取っているのでチャージせずに支払いができることです。

そのため現金化するための商品の購入がすぐにでき、手間を省いて現金化を進めることができるのです。

ほとんどの交通系電子マネーは前払い方式になっているため、わざわざチャージしておかなければ現金化することはできません。

PiTaPaカードから直接現金を引き出すことはできませんが、クレジットカードに近い機能を持っているためクレジットカードの現金化と同じような方法によって現金化することができます。

PiTaPaにはクレジットカード同様にショッピング枠があるので、それを利用して現金化することが可能となっているのです。

クレジットカード一体型のPiTaPaカードを選択していれば、支払いと同時にポイントを貯めることができるのでさらにお得に現金化することができます。

PiTaPaを現金化する手順・方法

PiTaPaを現金化する方法としては、ショッピング枠を利用して商品を購入して転売するというものがあげられます。

まずはPiTaPaを利用して換金性に優れた商品を購入し、それを買取店やオークションで売却することで現金化することができます。

換金性の高い商品としては、ギフト券やブランド商品などのような購入価格に近い価格で売却できるものがあります。

PiTaPaは交通機関だけではなく、普通のショッピングストアでも支払いに使えるのでこのような商品を購入することも難しくありません。

現金化を急いでいる場合は、時間のかからない買取店の実店舗を利用することをおすすめします。

PiTaPaの現金化には、現金化を取り扱っている業者に依頼するという方法もあります。

ただし、こちらは手数料がかかってしまい換金率が良くないのでおすすめできません。多少手間がかかっても自分で現金化する方が良いでしょう。

PiTaPaを現金化する際に注意すべきこと

PiTaPaは他の交通系電子マネーと比べると簡単に現金化ができるカードと言えますが、現金化する際には注意するべきことがあります。

注意点のひとつとなるのが、PiTaPaは1月あたりの限度額は20万円となっていますが、ショッピング枠がそのうちの5万円となっていることです。

つまりPiTaPaを利用しての現金化は1月あたり5万円が最大ということです。5万円以上の金額を一気に現金化したいという場合にはPiTaPaの利用は向いていません。

もうひとつの注意点となるのが、PiTaPaの支払い回数は1回と決められていることです。

他のクレジットカードなどとは異なり、分割払いやリボ払いには対応していません。

現金化のためにPiTaPaを利用しすぎてしまい、翌々月の請求の際に支払いができないといったことが起きないよう注意する必要があります。