クレジットカード現金化【優良店の口コミ】|現金化業者55社を徹底比較

   

WAONの特徴や作り方など!ポイントを現金化する様々な方法を解説!

WAONの特徴や作り方など!ポイントを現金化する様々な方法を解説!

WAONはイオングループの作った電子マネーで、ミニストップで利用すると公共料金の支払いに使えるなど支払い方法の選択肢の豊富さが魅力です。

現金だけでなくクレジットカードでチャージすることもできるようになっていて、利用するほどポイントがたまる仕組みになっています。

たまったポイントはまたWAONに交換して利用することが可能になっているため、還元がお得な電子マネーとして知られているのです。

そのため、うまく生活に取り入れている人が増えているのです。

WAONの特徴・作り方など

WAONの特徴・作り方など

WAONはイオングループの作った電子マネーで、イオン系列のお店やコンビニなどで利用することができます。

チャージ方法が多く、クレジットカードを利用したオートチャージも可能です。

利用でポイントがたまる他、現金感覚で利用できるのも特徴で公共料金の支払いなどにも利用できます。

クレジットカードでWAONをチャージし、支払いはWAONで行うことも可能なのです。また、スマホと連携させてお財布を出さずに会計をすることもできます。

WAONは使えるお店が多いのが魅力

WAONはイングループの電子マネーで、イオンをはじめとする様々なグループ企業で利用することができます。

利用でポイントが貯まるのが特徴で、イオン系列のショッピングに利用することで様々な特典を受け取ることができます。

ポイントがたまるとWAONに交換して再度利用することができるだけでなく、くれじっとカードを利用したチャージでポイントの2重取りを目指せるのも魅力です。

イオン系のコンビニのミニストップであれば公共料金をWAONで支払うことも可能で、ポイント目当てにコンビニ決済に切り替える人もいる程です。

公共料金の支払いはポイント還元などが受けづらく、一部はクレジットカードでの支払いができないものがあります。

そのため、クレジットカードでチャージしてWAONのポイントをためらえるということは大きなメリットになっているのです。

もちろん現金でチャージすることもできるため、くれじっとカードを持っていない人も安心して利用できます。

イオン系のサービスを頻繁に利用するなら持っておいて損がないのです。

WAONはオートチャージなどの機能も充実している

WAONのカードは発行が簡単で、イオングループ各店で入手することができます。

また、クレジットカード一体型のWAONカードも存在し、ネットなどを経由して申し込むことも可能です。アプリをインストールして利用するなど利用法方も豊富なのです。

WAONのチャージはレジでチャージして貰う他、イオン銀行の口座やATMからチャージすることもできます。

クレジットカードを利用してチャージすることも可能で、一定金額以下になった場合にチャージを行うオートチャージの設定をすることができます。

アプリなどを利用して日常的に支払いをしている場合はオートチャージを設定した方がストレスなく買い物ができる場合もあります。

ポイント還元率は0.5%ですが、クレジットチャージなどを利用すればクレジットの還元率も上乗せされるため大きなプラスになります。

特に還元率が高くなるのがWAON一体型のイオンカードです。日常的にWAONでの支払いをしたい場合は候補に入ってきます。

マイルがたまるWAONカードなど種類も豊富

WAONカードは通常のカードやアプリを使った利用だけでなく、利用料金の一部をイオンが地域に寄付する「ご当地WAON」、サッカークラブチームに利用金額の一部が寄付される「サッカー大好きWAON」、55歳から申し込みが可能な「G.GWAON」、JALのマイルがたまる「JMB WAON」などのバリエーションがあります。

デザインなどで選んでしまうのも方法で、自分好みのWAONを利用するのも方法になっています。

WAONポイントよりも航空会社などで利用できるマイルを貯めたいのであればJMB WAONを利用するなど選択肢を広げることができるのです。

JMB WAONはアプリ版もあるため、アプリでダウンロードしてしまえばすぐに使えるようになるのも魅力です。

WAON利用のキャンペーンなども頻繁に開催されているため、イオンの店頭だけでなくWAON公式のページをチェックしながら利用すると更に還元率などが高くなります。

WAONポイントを現金化する様々な方法をご紹介

WAONポイントを現金化する様々な方法をご紹介

WAONを直接現金化することはできませんが、うまく仕組みを利用すれば現金にかえられる商品などを購入できます。

換金率が高い商品を購入して売却することで実質的な現金化が可能になっているのです。ただし、換金率が高いかわりに手間がかかるものなどもあるため、利用の方法には注意が必要です。

場合によっては手間よりもスピーディーな現金化を重視した方が楽な場合もあるからです。

実際に何が購入できるのか、どのように売却すればいいかはしっかり考える必要があります。

Amazonギフト券を購入して売却する方法

Amazonギフト券は換金率が高く、様々なサイト経由で取引がされているのが特徴です。

Amazonの公式サイトでWAONを使ったギフト券の購入はできませんが、ミニストップで販売されているギフトカードであえればWAONで購入することができます。

WAONでAmazonのギフトカードを購入して売却すればWAONの現金化ができるのです。注意したいのはAmazonギフト券は金券ショップなどで取り扱いができないことです。

金券ショップでギフト券のコードが正規のものであり、実際に利用できるかチェックする手段がないためです。

そのため、友人などの身内経由で現金化するか、ネットの取引所などを利用して交換するのが基本になります。

Amazonギフト券の買取を行っているサイトを探し、買取金額や入金スピードなどを比較して自分好みのサイトを探して売却するのがおすすめです。

自分で売値を設定できるサイトもあります。ただし、「額面以上で買い取りします」といった詐欺的なサイトに引っ掛からないように注意が必要です。

ゲーム機などの高額商品を購入して売却する

WAONは専用のリーダーをつけることでインターネットショッピングにも利用できるようになります。

WAONでの支払いで高額商品を販売しているサイトから商品を購入し、オークションや様々な専門買取点に売却するのが現金化の手段の一つになっています。

ネックになってしまうのが換金率の低さです。

ゲーム機などを換金するのが最も手早く確実な方法になりますが、未開封の新品であっても数割は目減りしてしまうからです。

80%~90%程度の換金率が当たり前のAmazonギフト券などと比べると若干見劣りしてしまいます。

ただし、ネットを介さずに、イオン系のショップでゲームなどを購入し、そのままリサイクルショップなどに持ち込むといったことも可能です。

自分で売れるものを探しに行く手間はかかりますが、うまくいけばその日のうちに現金化することも可能になります。

事前に換金率が高いものを調べておくなど下準備が必要なことには注意が必要です。

ミニストップで切手などを購入する方法もある

WAONはミニストップ以外で公共料金の支払いに利用できないなど、ある程度制限があるのが特徴です。

しかし、ミニストップであれば公共料金などの支払いに対応できるほか、プリペイドカードの購入、切手などの郵便関連のアイテムの購入に当てることができます。

切手は換金率が高いアイテムとして知られているのが特徴になるため、WAONで切手などをまとめて購入し、金券ショップなどで買い取って貰うことも可能なのです。

注意したいのはどの程度の金額の切手が扱っているかは実際に問い合わせないとわからないことです。金額が大きいと切手が足りなくなる恐れなどもあるため注意が必要になります。

Amazonギフト券等ネットを通した取引が不安な場合は切手での現金化を目指すのも方法です。

ただし、近くにミニストップ自体がなければ使いづらいという弱点もあります。

イオンの店舗などで購入しようとする場合は現金での支払いを求められることにも理解が必要です。